プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

流体工学

【流体工学】ベルヌーイの定理で圧力と流速の関係がわかる

更新日:

配管設計について学んでいくと、圧力と流速の関係を表すベルヌーイの定理が出てきます。

今回はエネルギー保存則のベルヌーイの定理について解説していきたいと思います。

Sponsored Link

ベルヌーイの定理とは?

ベルヌーイの定理は物理学者ベルヌーイによって発表された法則です。

非圧縮性・非粘性(完全)流体には圧力と流速の関係はベルヌーイの定理で表すことが出来ます。ベルヌーイの定理は物理で言うところのエネルギー保存則になります。

実際の流体は完全流体ではありませんが、現象を理解するのにベルヌーイの定理は使えます。ベルヌーイの定理は次の式で表すことが出来ます。

$$\frac{v^2}{2}+\frac{p}{ρ}+gz=Constant$$

v:配管内流速[m/s] p:圧力[Pa] ρ:密度[kg/m3] g:重力加速度[m/s2] z:鉛直方向の座標

前半が運動エネルギーと位置エネルギーを足し合わせたものが一定という意味になります。

この式でρzを一定とすると、流速が上がると圧力は低下するということがわかります。逆に言えば流速が下がると圧力が上がるということになります。

ここで、配管内の流速は体積流量と配管径によって決まります。つまり、同じ流量を流していても配管径が細くなれば流速が早くなり、圧力が低下するということになります。

ベンチュリー管とU字管マノメータを利用するとこの現象が目で見えるようになります。

【計測機器】原理に秘密あり!なぜマノメーターで圧力が分かるのか?

接続した2点の圧力差を測定する装置にマノメーターというものがあります。 実際に現場で使われているマノ ...

ベルヌーイの定理は飛行機の羽の形状や流量計の測定原理にも利用されます。また、ポンプの有効吸い込みヘッドNPSHaを稼ぐために利用することもあります。

例えばオリフィスを用いた差圧式流量計はオリフィスという穴の開いた筒で絞りを設け、その前後の差圧によって体積流量を計算することが出来ます。この時の計算にベルヌーイの定理が利用されています。

 



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

おすすめ通信講座

技術講座専門の『JTEX』

① 効率よく勉強して一発で合格したい。
② 試験勉強の仕方が分からない。
③ 順番に体系的に勉強したい。

という方は通信講座の『JTEX』がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

はじめまして。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。「エネ管.com」は、エネルギー管理士を ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-流体工学

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.