自動制御

【自動制御】現場の自動制御の基本!DCSのメリットとは?

更新日:

製造業に身を置いている方は「DCS」という言葉に聞き馴染みがあるのではないでしょうか。

なんとなく「パソコンみたいなものでしょう」「大きな画面で見るやつね」と思っている方のために、今回はDCSとは何のために使われているのか解説したいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

DCSとは

検索エンジンでDCSと調べると、「Distributed Control System/分散制御システム」という答えが出てきます。

コントローラーと制御対象が1対1であったり、1つのコンピューターで複数の制御系統をコントロールしたりするのではなく、複数の制御用コンピュータをネットワークでつないでいるシステムをDCSと呼びます。

ですので制御室で見かけるコンピュータや大きな画面は中央装置ではありますが、制御の主体は各々の現場にあるコンピュータというわけです。

なぜこんな形を取るのかと疑問を持たれると思いますが、パソコン上でプログラムを走らせるのと違い、ものづくりの現場では常にハードとソフトの制御が入り混じることになります。

そんな状況において、

  • 製品が連続的に作られ、複数の装置が同時に動く現場で最適な制御をしたい。
  • トラブルがあった時にも全システム停止ではなく柔軟に対応をしたい。

といった目的を達成するためには、全体を一度に監視しながらも、機器故障リスクが分散するDCSが用いられるというわけです。

開発の歴史の中で、DCSはマイクロソフト社のOS、Windowsを用いてソフトの書き換えが容易で、かつビジュアル的にもわかりやすいものになっていきました。

DCSのメーカーも製造現場に特化した制御ツール、管理ツールを作っています。

DCSを扱う国内の大手としては、横河電機株式会社やアズビル株式会社が挙げられます。また会社によって独自の通信プロトコル(コンピューター間の連携の方式)を取ることが多いようです。

DCSのメリット

DCSのメリットとしては以下の点が挙げられます。

視覚的にわかりやすい

DCSに限ったメリットではない(後述)のですが、装置や製品プロセスをイラストにして表示することができるため、現場が今どんな状態なのか一目でわかります。

複数の装置情報を同時に表示することも可能です。

表示したい情報も自由に決められるため、オペレータが欲しい情報を操作室から把握することができます。またトラブル時に迅速な対応をするのにも、現状把握が早い分有利と言えます。

切り替え、修正など操作が用意

操作室での操作が容易という点です。PCディスプレイとキーボード・マウスで操作できるので、新入社員でもすぐに使い方を覚えられます。

また制御プログラムの修正が必要な場合にも、工事の必要なく修正することができます。メーカーの製作したソフト上でビジュアル的にプログラムを書き換えることができます。

大規模なシステムを構築できる

より多くの装置・プロセスを使用する石油精製や製薬業界の現場においてよく用いられる所以です。

リレー制御やPLCでは対応できない(やろうとすると煩雑化する)大規模なシステムを、制御装置をネットワークでつなげることで組み上げることができます。

ちなみにリレー制御とPLCについては以前の記事にまとめています。

【制御盤】リレーシーケンスとPLCの違い、使い分けは?

制御盤を使って工場の設備を運転する場合の制御方式として、大きく分けてリレーシーケンスとPLC制御があ ...

続きを見る

DCSのデメリット

一般的には以下のことがデメリットとして考えられます。

初期費用、メンテナンス費が高い

1点目はコストに関する点です。DCSの制御システムは一点ものの特注品であるため、新規導入する費用は、もちろんケースによりますがハードも含めて数千万円という金額になります。

また10年20年と長期間使用することになるので、機器メンテナンスが必要になりますが、汎用品でないため自社で行うことは難しく外注する必要があります。

プログラム修正が難しい場合がある

2点目はプログラム修正についてです。

ビジュアルでわかりやすいとは言え、高度で複雑なプログラムを組むことになるため、現場のプロセスを熟知し、かつDCS・プログラム修正について見識のある人材を育成する必要があります。

 

以上2点、デメリットと書きましたが、悪い点という意味ではなく汎用システムであるリレー制御やPLCの利便性を考慮しどちらを選ぶかということだと思います。

PLCは昔より性能が上がっており、複数制御が可能なため化学業界・食品業界などでは多く使われています。

こうした制御システムには汎用品が使われるため、突発的な故障時の対応も安心です。またビジュアルという面では、タッチパネル式のディスプレイが普及していますので、DCSでなくとも視覚的にわかりやすいものも作ることができます。

まとめ

  • DCSとは複数のコンピュータを連携させる制御システムを指す
  • DCSは大規模かつ高精度な制御が求められる現場で用いられる
  • 中小規模の現場ではDCS導入は検討されない

様々な制御機器のタイプを知ることで、制御性やメンテナンス性の向上につながります。ぜひ参考にしてみてください。

2020/8/2

【自動弁】電動弁のリレー付きはどんなときに選ぶの?

電動弁を選定・購入する際、「リレー有・無」の項目があるのをご覧になったことはないでしょうか。 制御盤の中では見たことあるけど、という方も多いかと思います。今回は、電動弁になぜリレーを使うのかについて解説します。 目次リレーとはリレーの目的電動弁にリレーは必要?まとめ リレーとは リレーとは、電気信号を他の電気信号につなげる役割を持つ装置のことで、継電器とも呼ばれています。 手元のスイッチと装置との配線の間にリレーを入れることで、安全対策、そして配線のコストダウンを行うことができます。 リレーには、有接点と ...

ReadMore

2020/7/3

【自動制御】見ればわかる!リレーシーケンスの動きをアニメーションで分かりやすく解説

自動制御の一連の流れを理解するにはシーケンス図を読み解く必要があります。 今回は、その中でも比較的よく使われるリレーシーケンスの流れをアニメーションで解説したいと思います。シーケンス図の見方は何となくわかったけど、感覚的につかみづらいという方は、アニメーションを見ることで理解が一気に進むと思います。 シーケンス図の記号の読み方やシーケンス図とは何かという点については他のサイトで詳しく解説されているのでそちらを参照してください。 チャンネル登録はこちら 目次a接点、b接点AND回路OR回路NOT回路NAND ...

ReadMore

2020/5/17

【自動制御】インバータ制御って何?メリットデメリットは?

製造業の世界では、「インバータ制御で省エネ」なんて言葉をよく聞くのではないでしょうか。ところが電気分野が専門の方以外は、省エネどころか「インバータって何?」と思われる方も多いと思います。 今回は実際の導入検討も考慮してインバーターとは何か?について解説したいと思います。 動画でも解説しているので、動画のほうがいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次インバータとはインバータ制御のメリット・デメリットインバータのメリットインバータのデメリットまとめ インバータとは インバータとは、元の交流 ...

ReadMore

2020/5/14

【自動弁】電動弁カタログの電流値ってどういう意味?

現場で使う電動弁のカタログを見て、「50VA」などの記載を見たことはありませんか? ポンプならともかく、電動弁に電流が流れるって少し不思議な感じがしますよね。 今回は電動弁の仕組みと、電流値について解説したいと思います。 目次電動弁とは電動弁の電流値まとめ 電動弁とは 電動弁は電動のモーターが回ることにより、開閉を調整するバルブのことを言います。 多くの場合、全開か全閉の2パターンのみを想定していますが、バルブ形状によっては中間開度の調整ができ、制御弁のような役割を持たせたものもあります。 電気で駆動する ...

ReadMore

2020/5/6

【自動制御】HART通信って何?メリットデメリットを詳しく解説してみた

制御機器などを現場で扱っていると「ハート通信」という言葉に出会うことがないでしょうか。 センサーと制御システムをつなげるネットワークの一つなのですが、扱わないと馴染みがない言葉です。今回はHART通信のメリットについて説明します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次HART通信はフィールドバスのひとつHART通信とはHART通信のメリットHART通信のデメリットまとめ HART通信はフィールドバスのひとつ 産業分野において現場と制 ...

ReadMore

プラント業界に転職するなら

\プロフィールを登録すると企業からオファーが届きます!/

■ プラント業界に特化した転職サイト。
■ プラントエンジニア600名、企業300社が登録。
■ 企業担当者とチャットでやり取り。

という全く新しいサービスです。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。

電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-自動制御
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.