省エネ法

【省エネ法】世界のエネルギーと日本のエネルギー情勢について

更新日:

日本で省エネを進めていこうという流れは、元をたどれば日本のエネルギー自給率の低さにあります。なので、これだけ地球温暖化が騒がれている中でも、エネルギー自給率の高い国では省エネに対する意識は低いという現実があります。

今回は、世界のエネルギー需要の推移や日本のエネルギー情勢はどうなっているのか見ていきたいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

1. 世界のエネルギー使用量の推移

世界の人口が1950年には約25億人だったのに対し、2017年では約73億人にまで増加しています。さらに2050年までには約97億人、2100年には約112億人にまで増加すると言われています。

人口とエネルギー需要は密接に関係しており、人口の増加に伴って、今後エネルギー需要もますます増加していくと考えられます。経済産業省のHPに掲載されている「世界のエネルギー需要の実績と予測」というグラフを載せてみます。

(出典:経済産業省「資源エネルギー庁」HP

1990年に対し、2012年には約1.5倍増加しています。国別でみると、やはり中国のエネルギー需要の増加が圧倒的に大きいことがわかります。

ちなみに、世界で最も石油の消費量が多い国はアメリカで7.86億トン、次いで中国4.42億トン、そして日本2.06億トンとなっています。エネルギー全体でみると、日本の消費量は世界5位という結果になっています。

ただ、皆さんもご存知のように、日本のエネルギーはそのほとんどを輸入に頼っており、かねてからの日本の課題という事になります。

(出典:経済産業省「資源エネルギー庁」HP

上のグラフを見ると、先進国の中でも飛びぬけて自給率が低いという事がわかります。

よって日本は他国に比べ、エネルギーに対して輸入コストがかかり、非常に値段の高いエネルギーを使用していることになります。

グローバル経済で戦っていこうと思うと、エネルギーコストが大きなネックになるというのはこちらを見てもよく分かりますね。

2. 日本のエネルギー情勢

では、日本のエネルギー情勢はどうなっているのでしょうか?

日本の部門別エネルギー消費量のグラフを載せてみます。

出典:経済産業省「資源エネルギー庁」HP

第一次オイルショックが発生した1973年に比べ、GDP(国内総生産)は2.4倍に増加しています。

部門別にみると、業務、家庭、運輸などは増加していますが、産業部門は若干低下傾向にあります。これは産業部門の先人たちが省エネルギーに真剣に取り組んできた成果といえます。

このような現状から、最近の省エネ法の改正では、元々は産業部門だけであったものが運輸や業務部門にも拡大しているということが分かります。

3. 日本の電力エネルギー供給源

出典:経済産業省「資源エネルギー庁」HP

電力という観点から見ると、東日本大震災の事故によって、原子力発電所が停止したため、化石燃料への依存度は増加しています。

現在の発電に使用するエネルギーではLNG(液化天然ガス)>石炭>石油というバランスになっています。

再生エネルギーについては、普及が進んでいるイメージですが、発電できる量も少なく現在では3%程度にとどまっています。

再生エネルギーについては「鷹の爪団」が詳しく解説してくれているので、動画を載せておきます。

4. もしも石油がなくなったら?

エネルギーを海外に依存しているという事は、他国の政情不安などによって、いきなり明日石油の輸入がストップするという事もあり得るわけです。

中東依存を脱却すべく色々と策を講じているようですが、まだまだ中東への依存度が高いという現実があります。

こちらの動画では、最後はハッピーエンド的な終わり方をしていますが、実際にはどうなるのでしょうか?

複雑すぎて読めませんね・・・。

藻類の燃料についてはこちらの企業のHPが面白いのでよろしければどうぞ。

株式会社ユーグレナHP「日本初のバイオジェット燃料製造プラントを建設せよ。」

5. まとめ

この記事のポイント

人口の増加に伴い世界のエネルギー需要は増え続けている

日本のエネルギー自給率は先進国の中で最低レベルに低い

部門別エネルギーでは、運輸、家庭、業務が増えている

東日本大震災によって電力エネルギーはほぼ火力発電に依存している

このような背景から、今後ますます日本での省エネルギーというのは重要になっていくという事がわかります。

エネルギー情勢の話は、もっと深く入り込んでいけば色々わかって面白いですね。

これまでの人類の歴史や戦争の歴史にもエネルギーが密接しているので興味のある方は調べてみたらいかがでしょうか?

2020/5/14

【省エネ法】スーパーやショッピングセンターにも広がりを見せる省エネ法

今朝の日経新聞の3面にこんな記事が上がっていました。 [blogcard url="https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25291180T00C18A1NN1000/"] 具体的な目標は上がっていないものの、2018年4月から食品スーパーやショッピングセンターにも省エネ法が適用される形になりそうです。 補助金も出るみたいなので、事業者にとってはありがたい話ですね。 さて、新しく対象になった業種で、対象になるとどうなるか簡単に解説したいと思います。 目次1. 省エネ法と ...

ReadMore

2020/2/27

【省エネ法】特定事業者が設置するエネルギー管理者は何人?

毎年、科目Ⅰで出題される問題でエネルギー管理者の設置人数が問われる問題があります。 事業所や事務所で使う様々な種類のエネルギーを「GJ/年」で与えられる。 省エネ法で「エネルギー」にカウントされるものだけを足し合わせる。 原油換算係数「0.0258kL/GJ」をかけて年間使用量を算出する。 特定事業者かどうか判別する。 各事業所に設置しなければいけないエネルギー管理者の人数を答える。 これは、必須問題なので確実に理解しておく必要があるわけですが、5番の「エネルギー管理者」の人数を答えるところだけが難しいと ...

ReadMore

2020/7/28

【省エネ法】ベンチマーク制度って何だろう

省エネ法について調べていくと、ベンチマーク制度という言葉が出てきます。 「ベンチマーク」とは、他の同様のものと比べたときに差がわかるという意味ですが、省エネ法のベンチマーク制度とは何を表すのでしょうか? 今回はベンチマーク制度とは何かについて解説していきたいと思います。 目次ベンチマーク制度とは?ベンチマーク制度の対象事業者ベンチマーク制度の対象になるとどうなる?事業者クラス分け評価制度への活用省エネ補助金制度まとめ ベンチマーク制度とは? ベンチマーク制度は事業者の省エネ状況を業種共通の指標を用いて評価 ...

ReadMore

2020/5/16

【省エネ法】家電でよく見る省エネ大賞、トップランナー制度って何?

メーカーのカタログに「トップランナー機器」と書かれているのを見たことありませんか? トップランナー制度は約20年前に導入され、省エネルギーの促進に貢献してきました。今回の記事ではトップランナー制度とはどのような制度なのか解説していきたいと思います。 エネルギー管理士試験でも、トップランナー制度の対象機器を選ぶという問題が出ますので、しっかり理解しておきましょう。 目次1. トップランナー制度とは?2. トップランナー制度の対象機器3. 建築材料に係る措置4. トップランナー制度の対象になるとどうなるのか? ...

ReadMore

2020/5/16

【省エネ法】規制対象になる4つの分野は?

省エネ法では、規制対象としてエネルギーを多く使用する4つの分野を上げています。 これら4つの分野は、大量にエネルギーを消費するものと年々エネルギー使用量が増加しているものとに分かれます。エネルギーの意容量は年々増加傾向にあるため、規制される分野はますます増えていくと考えられます。 目次1. 省エネ法で規制している4つの分野2. 規制対象になるとどうなるのか3. まとめ 1. 省エネ法で規制している4つの分野 省エネ法で規制している分野は次の4つです。 工場等 輸送 住宅・建築物 機械器具等 それぞれの分野 ...

ReadMore



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-省エネ法
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.