プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

流体工学

【気体輸送】ファンとブロアとコンプレッサーの違い

更新日:

気体にエネルギーを与えて輸送する送風機にはファン、ブロワ、コンプレッサーという3つの呼び方があります。

ファンとブロアとコンプレッサーの違いは何でしょうか?

Sponsored Link

1. ファン、ブロワ、コンプレッサーの違いとは?

この3つの呼び方の違いは、与える圧力の差によって決められています。

1-1. ファン

ファンは圧力比が1.1未満の送風機のことを言います。

圧力比とは送風機の入口と出口の圧力の比率のことです。

例えば、入口が大気圧の場合だと、101.3kPaなので、ファンの最大出口圧力は111.4kPaということになります。

$$101.3×1.1=111.43[kPa]$$

ファンは日常生活の様々なところで使われています。扇風機や換気扇、室外機などもファンに分類されます。

ファンは原理からターボ型に分類され、そこからさらに軸流式、遠心式に分けることができます。

1-2. ブロワ

ブロワは圧力比が1.1以上、2.0未満の送風機のことを言います。

上と同様に入口が大気圧の場合は、ブロワの最大出口圧力は202.6kPaということになります。

$$101.3×2.0=202.6[kPa]$$

ブロワは工場などで乾燥機などに利用されています。大量の空気を送り込みたい用途で使用します。

ブロワはターボ型と容積型に分けることができます。

1-3. コンプレッサー

コンプレッサーは圧力比が2.0以上の圧縮機のことを言います。

コンプレッサーの出口圧力は202.6kPaということになります。

コンプレッサーは工場などで計装機器の動力などに利用されます。

身近な設備では、冷蔵庫などのヒートポンプサイクルでもコンプレッサーは利用されています。

1-4. 真空ポンプ

ちなみに、大気圧以下で引きたい場合は真空ポンプが利用されます。

真空ポンプにはドライ式、水封式、エゼクター式などがあります。

主に実験設備などで酸化反応を防ぐためなどに利用されます。

2. まとめ

それぞれ気体を輸送するという目的は同じですが、加圧能力によって呼び方が変わります。

詳しい分類などが知りたい方はこちらの参考書をどうぞ。

 



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

おすすめ通信講座

技術講座専門の『JTEX』

① 効率よく勉強して一発で合格したい。
② 試験勉強の仕方が分からない。
③ 順番に体系的に勉強したい。

という方は通信講座の『JTEX』がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

はじめまして。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。「エネ管.com」は、エネルギー管理士を ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-流体工学

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.