配管

【配管】ステンレスと鉄のどっちがいいの?それぞれの特徴を比較してみた

配管を選ぶとき、鉄でいいのかステンレスがいいのか迷うことってありますよね?

錆対策ということで何も考えず、すべてステンレスで施工できればいいですが、コストが大幅に上がるので現実的には難しいです。今回は、鉄とステンレスの使い分けについて比較してみたいと思います。

どちらの材質が良いのか迷っている方の参考にしていただければと思います。

1. ステンレス配管と鉄配管の特徴は?

まず、ステンレスと鉄で何が違うのか、それぞれの特徴について見てみたいと思います。

1-1. ステンレスのコストは鉄の3倍

もっとも大きな違いは配管そのもののコストです。

ステンレスは鉄とクロムの合金なので、鉄配管よりもコストが大幅に上がります。数mの距離ならあまり大きな差にはなりませんが、工場全体となると数百mにもなるので大幅なイニシャルコストの増加につながります。

コストが大幅に上がっても問題がないか確認が必要です。

【配管】ステンレス配管にデメリットはないのか?

最近の工場では、新設の段階からステンレスの配管を採用することが多いように思います。 以前は、配管の材 ...

1-2. ステンレスは熱膨張しやすく施工が難しい

ステンレスは鉄よりも熱膨張率が大きいため、U字配管を設けるなど膨張を吸収させるための工夫が必要です。

また、ステンレスは、鉄に比べて粘性が大きく、ボルトで締め付ける際に無理な力を加えると焼き付いて外れなくなることがよく発生します。

そのため、ステンレス配管で工事を行う場合には、経験のある業者に依頼しなければいけません。

1-3. 鉄配管はさびやすく、フィルターなどを詰まらせるリスクがある

鉄配管を選ぶ場合は、錆の問題は必ず発生します。特に、水配管などは顕著です。

錆が発生すると、フィルターやストレーナを詰まらせたり、バルブの固着を早めるリスクが上がります。そのため、定期的なストレーナーの交換など保全作業が必須になります。

数十年も使用した鉄配管の場合は、中が腐食でボロボロになり配管ごとやり替える必要がある場合もあります。また、直接製品に加水する場合などは。異物混入の原因になるので注意が必要です。

1-4. 鉄配管の種類にも注意が必要

鉄配管の場合は、種類にも注意が必要です 。

例えば、さびにくくメッキされている白ガス管やメッキされていない黒ガス管などがあり、使い方が変わって来ます。低温の水やガス場合は白ガス管、高温の流体の場合は黒ガス管になります 。

種類を間違えると、 最悪配管のやり直しが必要となるため、 検討が必要です。

1-5. ステンレスと鉄を接続する際には注意が必要

ステンレスと鉄を接続する場合、二つの金属のイオン化傾向の違いから、局部電池が形成され鉄配管の腐食が進む場合があります。

これを異種金属接触腐食といい、防止策としては絶縁パッキンを利用するなどがあります。ちなみにステンレスは銅と同じくらいのイオン化傾向のになり、鉄よりは 貴な金属になります。

2. ステンレス配管の方がいい場合

これらを考慮すると、ステンレスを利用した方がいい場合は次のような場合といえます。

  • 水の配管
  • 食品工場
  • 流体を製品に直接利用する場合
  • 見た目が重要になる設備

見た目が重要になる設備は、見学通路などが設けられている設備です。錆のないほうが見た目が美しくなるのでステンレスが利用されます。

また、食品工場の場合はただのステンレスではなく、 取り外して洗浄ができるサニタリー 配管などを利用する場合もあります。

【配管】サニタリーで使うヘルールって何?メリットデメリットは?

食品や医薬などの工場でよく利用される配管の接続様式にヘルール接続というものがあります。一般的には利用 ...

3. 鉄配管でも問題ない場合

逆に、鉄配管でも問題ないのは次のような場合といえます。

  • 多少錆が発生しても問題ない
  • イニシャルコストを抑えたい
  • ストレーナなどのごみ対策を行う

鉄配管はイニシャルコストが抑えられる分、保全しやすいように機器を選定してやる必要があります。

イニシャルコストをとるか、ランニングコストをとるかといったイメージですね。

4. まとめ

  • 鉄とステンレスの違いはコスト、施工方法
  • 鉄配管の場合は錆の対策が必要
  • 鉄配管の場合は種類に注意する

以上です。

最近は、 すべてステンレス化させる工場もありますが、やはりコストの問題から鉄配管も多く利用されます。

それぞれの違いをよく理解して、 選定間違いのないようにしましょう!

配管

2021/4/11

【配管】電縫管とシームレス管の違い、使い分けは?

配管の選定をしていると、サイズだけではなく材質や強度、接続方式、保温、塗装など考えないといけないものがたくさんあって迷いますよね。 今回は、その中でも迷いやすい「電縫管とシームレス管の違い」について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次電縫管(溶接管)とはシームレス管とは電縫管とシームレス管の違いまとめ 電縫管(溶接管)とは 電縫管は板状の鋼を円形に成形し、接続部を電気抵抗溶接によって接合したものです。炭素鋼鋼管、ステンレス鋼管。低合金鋼管など様々な材質の配管が製造できます。 8A程度の小径 ...

ReadMore

配管

2021/4/11

【配管】配管接続の区別は?ねじ込み、フランジ、溶接の違い・使い分け

配管設計の際に、接続はどれを選べばいいのか迷うことはないでしょうか? 実は、配管接続をどの方式で行うかによって施工しやすさ、コスト、メンテナンス性に大きく影響が出てきてしまいます。 今回は、それぞれの違いが分からないという方向けに、ねじ込み・フランジ・溶接の用途や使い分けについて解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次ねじ込み接続とはフランジ接続とは溶接とは3つの使い分けは?まとめ ねじ込み接続とは ねじ込み接続は配管末端におねじ、もしくはめねじの切り込みのあるものを使用し、片方を回して接続す ...

ReadMore

配管

2021/4/11

【配管】伸縮継手とフレキシブルチューブの違い、使い分けは?

配管の設計を行う際、配管膨張について検討するかと思います。 フレキシブルチューブと伸縮継手って似た用途だけどどう使い分けるの?という疑問をお持ちの方も多いと思いますので、今回は伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けについて解説してきたいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次フレキシブルチューブとは伸縮継手とは伸縮継手とフレキシブルチューブの使い分けは?まとめ フレキシブルチューブとは フレキシブルチューブとは、その名の通り柔軟性のある配管のことで、各種のステンレスで製作されているものが多いです。 配 ...

ReadMore

配管

2021/4/11

【配管】ねじの規格、Rc(PT)とNPTの違いは?

プロセスやユーティリティ用の配管部材を選ぶ際、ねじの規格を目にしますよね。 職種によってはあまり気にしてこなかった方もいるかと思いますので、今回は改めて、配管に用いられるテーパねじの2種類の規格について解説します。 チャンネル登録はこちら 目次Rc(PT)とはNPTとはRc(PT)とNPTの違いはまとめ Rc(PT)とは Rc(PT)とは、管用(くだよう)テーパねじと呼ばれる日本で使用される製品によく用いられているISO規格です。 テーパ(taper)とは、先細りになる・徐々に減るという意味で、足元に向か ...

ReadMore

配管

2021/4/11

【配管】レデューサーの種類・使い分けは?

今回はどんな現場にも用いられている、配管用レデューサーについてです。 シンプルな構造ですが、選定時の注意点がありますので、詳しく解説します。 ※ こちらの記事は動画でも解説しています。 チャンネル登録はこちら 目次レデューサーとはレデューサーの種類・使い分けレデューサーの注意点まとめ レデューサーとは レデューサーとは、英語のreduceが由来の言葉で、異なる呼び径の配管同士を接続するためのものです。産業分野だと、金属配管や塩ビ配管、ダクト用、電線管のレデューサーも見かけるかと思います。 配管用にレデュー ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-配管

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5