流量計

【流量計】流量計を設置する5つのメリットとは?

更新日:

熱交換器などの設備を新設するときに、流量計を設置するかどうか迷うことってありますよね?

流量計は価格もそれなりにするので、イニシャルコストを下げるために省かれることも多いです。また、設置をしてもすぐに効果が表れるわけではないというのも事実です。

そこで、今回は設備に流量計を設置するメリットについて解説してみたいと思います。今後の省エネルギーのために是非、流量計の設備への設置を検討してみてください。

流量計を設置するメリット

流量計を設置することによるメリットは次の5つです。

機器の異常が分かる

流量計を設置し。日々流量を管理していれば機器の異常が分かります。

例えば。普段使用しているユーティリティに比べ、ある日の使用量が1.5倍になったという場合は、本来閉めているはずのバルブが開いてたり、製品の温度が異常に低下していたりという事態が考えられます。

流量計の設置がなければ、これらの推測を立てることが出来ず、誰かが気づくまで放置されることになります。

設備にトラブルが発生した場合に流量計が設置してあると、いつから不良になったのかということが分かるので保全の観点から非常に便利です。

改善効果が分かる

流量を記録することで、省エネ策などを実施した場合に改善効果を定量化することが出来ます。

何かしら改善策を実施する場合には、設備の導入などに費用が掛かることが多いので、改善効果を定量化することで採算性などを確認することが出来ます。

採算性を確認できれば、同様の対策を他の設備に展開することもできるのでとても重要です。

無駄が見えるようになる

流量計で日々の流量を監視していると、生産していない時間にも消費しているエネルギーがあるなど、エネルギーの無駄が見えるようになります。

無駄が見えれば、無駄の原因を特定し、改善することが出来るので省エネ策として有効です。

生産条件を一定にできる

流量を監視せず、手動弁で流量調整を行っている場合、人によって調整度合いが変わり、生産条件が変わってしまうことがあります。

工場では常に同じ品質の製品を連続的に生産することが求められるので、生産条件を一定にすることが重要です。

改善目標が立てられる

現状の使用エネルギーが見えるようになると、現在どれだけのエネルギーを使用している分を何%改善するという改善目標が立てられるようになります。

流量計が設置されていないと、目標も立てられないため、改善策を考えることが出来ません。

まとめ

流量計を設置するメリットは

  • 機器の異常が分かる
  • 改善効果がわかる
  • 無駄が見えるようになる
  • 生産条件を一定にできる
  • 改善目標が立てられる

いかがだったでしょうか?

流量計を各設備に設置することで、どこでどれだけのエネルギーが使用されているかが分かるようになります。

機器の初期費用はかさみますが、多くのエネルギーを使用する設備などには流量計の設置を検討してみてはいかがでしょうか?

2020/3/5

【流量計】蒸気流量計の使い方、補正はなぜ必要?

流量計の種類や測定原理によっては、他のデータによる補正が必要なケースがあります。 今回は蒸気流量計の補正の必要有無について、解説します。 目次蒸気流量計の補正とは?補正機能がないとどうなる?まとめ 蒸気流量計の補正とは? 蒸気の計測を行う流量計にはいくつかの原理があります。 差圧式、渦式、電磁式などがメジャーな型式と言えます。ここの原理については過去の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。 どのタイプも体積を測定するタイプの流量計です。質量を測定するコリオリ式流量計は蒸気には対応していません。 さて ...

ReadMore

2020/2/3

【流量計】静電容量式流量計ってどんな原理?電磁流量計との違いは?

今回は流量計の中でも、静電容量式というタイプの仕組みと用途について解説します。 目次静電容量式流量計とは?静電容量式流量計のメリットは?静電容量式流量計のデメリットは?まとめ 静電容量式流量計とは? 静電容量式流量計を検索してみると「電磁流量計」のサイトがよく出てきました。 実は静電容量式流量計は、電磁流量計の1種です。何が違うのかというと静電容量式は、計測部の電極が配管の外にあるため液体と電極が直接触れない非接触型という点です。詳しくご説明します。 まず、静電容量とは何を指す言葉なのでしょうか。これは電 ...

ReadMore

2020/3/6

【流量計】質量流量計?コリオリ流量計について解説!

流量計解説シリーズをいくつか続けてきましたが、今回はコリオリ流量計です。 業界によってはあまり見かけることはないかもしれませんが、面白い仕組みをしていますのでコリオリ流量計について解説していきたいと思います。 目次コリオリ流量計とは?コリオリの力とは?コリオリ流量計のメリットコリオリ流量計のデメリットまとめ コリオリ流量計とは? 構造としては、流体が二股で平行に並んだ細いU字配管(フローチューブ)を通り、再び1本の配管に戻るという形状をしています。(1本の構造のものもあります) 2つのU字管内を流体が流れ ...

ReadMore

2020/1/31

【流量計】容積式流量計って何?どんな仕組みか詳しく解説してみた

流量計について調べたときに、歯車が2つ回る構造のものを見たことがありませんか? 今回はいくつかある流量計の型式の中の一つ、容積式流量計について詳しく解説します。 目次容積式流量計とは?容積式流量計のメリット容積式流量計のデメリットまとめ 容積式流量計とは? 容積式流量計には、流量検出部に楕円状の歯車が2つ設置されています。 図で言うと、左から右に流体が流れることで歯車が回り、歯車上部分と下部分を流体が交互に流れていきます。 なぜ容積式と呼ぶかですが、升(ます)がよく例えに用いられます。水やお米を図るイメー ...

ReadMore

2020/1/19

【流量計】差圧式流量計って何?どんな仕組みか詳しく解説してみた

再び流量計の型式・原理解説シリーズです。 今回は現場で一番見かける?と言っても過言ではないほど普及している、差圧式流量計について詳しく解説したいと思います。 なぜよく使われるのか、どんな利点があるのか、皆さんの理解の助けになると嬉しいです。 目次差圧式流量計とは?差圧式流量計のメリットは?差圧式流量計のデメリットは?まとめ 差圧式流量計とは? 差圧式流量計はその名の通り、流体の圧力差を利用した測定原理をしており、オリフィス式やダイヤフラム式などとも呼ばれます。 配管内部を流れる気体や液体などの流体をイメー ...

ReadMore



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-流量計

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.