おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

熱利用設備

【熱利用設備】熱交換器の伝熱面積計算方法

更新日:

プラントや工場などで廃棄されている熱を熱交換器で回収したいときその熱交換器がどの程度のサイズになるのか大まかな値を計算したいという事があります。

今回は、そんな時に使える熱交換器の伝熱面積計算方法について解説したいと思います。

Sponsored Link

1. 熱交換器の伝熱面積計算方法

熱交換器とは、温度の低い物質と温度の高い物体を接触させずに熱のやり取りをさせる機器です。

90℃ 1000kg/hの水を20℃ 2000kg/hで50℃まで冷やすためには何m2の熱交換器が必要になるか計算してみたいと思います。

Step.1 冷却に必要な熱量を計算する

1000kg/h 90℃の水を50℃まで冷却するために必要な熱量は次の式で計算することが出来ます。

$$1000[kg/h]×4.19[kJ/kg℃]×(90[℃]-50[℃])= 167600[kJ/h]$$

この時、4.19kJ/kg℃は水の比熱です。この計算式から、1時間当たり167600kJの熱量を奪わなければいけないと分かります。この熱量は高温水側から冷却水側に受け渡されます。では、冷却水の温度は何℃になるのでしょうか?

Step.2 冷却側の出口温度を計算する

20℃ 2000kg/h冷却側の熱交換器出口温度をTcとすると、熱量の計算は次の式であらわされます。

$$2000[kg/h]×4.19[kJ/kg℃]×(Tc-20[℃])=167600[kJ/h]$$

$$Tc=40[℃]$$

よって、冷却水の出口温度は40℃になるという事が分かります。次にこの熱交換を行うのに必要な熱交換器の伝熱面積を計算します。

Step.3 熱交換器の伝熱面積を計算する

熱交換器で交換される熱量は次の式で表すことが出来ます。

$$Q=AKΔT(LMTD)$$

Q:熱量(kJ)
A:伝熱面積(m2)
K:熱貫流率(kJ/m2h℃)

熱貫流率Kは総括伝熱係数Uとも呼ばれ、熱の伝わりやすさを表します。Kは物質ごとに固有の値が決められています。厳密に計算することも可能ですが、ここでは簡易な値を用います。

例えば水の場合は5000~10000kJ/m2h℃で計算することが出来ます。今回は安全を見て5000kJ/m2h℃を用います。

こちらの資料参照(外部リンク)

この式から、先程の交換熱量を利用してAを計算します。

先程の式を変換すると

$$A=Q/KΔT(LMTD)$$

ΔT(LMTD)は対数平均温度差を表しています。対数平均温度差については次の記事を参考にしてください。

【伝熱】対数平均温度差LMTDの使い方と計算方法

プラントや工場では、発生する熱エネルギーを無駄にしないために様々な工夫がされています。 その1つに熱 ...

今回の場合、向流で計算すると対数平均温度差は39℃になります。

それぞれの値を代入すると

$$A=\frac{167600[kJ/h]}{5000[kJ/m2h℃]×39[℃]}$$

$$A=0.86m2$$

よってこの熱交換を実施する場合は伝熱面積0.86m2以上の熱交換器が必要になります。

2. 伝熱面積が分かっている場合

熱交換器を選定するために計算するときは先程のやり方で問題ありませんが、熱交換器が既に決まっていてどのように熱交換されるのか知りたい場合はどうすればいいのでしょうか?

入口は先程と同じ条件で計算してみたいと思います。まず、熱交換器の伝熱面積を1.5m2だとします。

この時、未知数は高温側の出口温度Thと低温側の出口温度Tcという事になります。高温側と低温側の熱交換の式を立てます。

$$1000[kg/h]×4.19[kJ/kg℃]×(90-Th)=2000[kg/h]×4.19[kJ/kg℃]×(Tc-20)・・・①$$

次に熱交換器の式を立てます。

$$1.5[m2]×5000[kg/h]×ΔT(LMTD)=1000[kg/h]×4.19[kJ/m2h℃]×(90-Th)・・・②$$

未知数が2つで式が2つできたのでThとTcは算出することが可能です。

ただ、対数平均温度差の計算を実施しなければいけないので、実際に計算することはExcelを用いて計算します。今回の場合はTh=38℃ Tc=46℃という計算結果になりました。

伝熱面積が大きくなった分、より多くの熱交換が行われ、高温側の出口温度が低下しており、逆に低温側の出口温度は上昇しています。

Sponsored Link

3. まとめ

  • 熱交換器は熱量を交換する機器
  • 流体側のmcΔTと熱交換機のAUΔT[LMTD]を計算する
  • 両者が等しくなるように方程式を立てる

いかがだったでしょうか?熱交換器の計算は一見複雑に見えますが、基本はこれと同様の式ばかりです。具体的に検討する際にはU値などが熱交換器メーカーによって変化するので条件を伝えて選定してもらいます。

ただ、それぞれの条件の意味を理解しておいた方が業務上スムーズにいくことも多いので是非ともマスターしておきましょう。

熱交換器について学ぶならこちらの本もおすすめです。

おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

はじめまして。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。「エネ管.com」は、エネルギー管理士を ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

4

いざ、資格を取ろうと勉強を始めても、参考書の厚さに嫌気がさしたり、過去問が全然解けず、勉強が無意味に ...

-熱利用設備

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.