プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

電気機器

【電気機器】NFBとELBの違い、使い分けは?

更新日:

制御機器に電源から電気を供給する際には、安全機能としてブレーカーが必要です。ブレーカーを選ぶ際には配線用遮断器や漏電遮断器がありますが、両者の違いは何でしょうか?

今回はブレーカーとしてよく採用されるNFBとELBの違いについて解説してみたいと思います。

1. NFB(No Fuse Breaker)

NFBはNo Fuse Breakerの略で配線用遮断器を表します。ただ、実はこれは三菱電機の商品名から来ていて一般的には「MCCB(Molded Case Circuit Breaker)」と呼ばれています。

家庭でも電気機器を使いすぎると「ブレーカーが落ちる」ということがありますが、NFBもこれと同じで短絡等によって異常な過電流が流れた際に、機器を保護するために設置されます。過電流を検知する仕組みとしては、バイメタルを用いた熱動式電磁石の原理を利用した電磁式の2種類があります。

メーカーによって異なりますが、過電流が発生してブレーカーが落ちた時には、ONとOFFの中間の位置で止まるものが多いです。

こちらの動画ではブレーカーのバイメタル方式の原理を解説してあります。

2. ELB(Earth Leakage Breaker)

ELB(ELCB)はEarth Leakage Circuit Breakerの略で漏電遮断器を表します。漏電遮断器は、漏電を検出して回路を自動的に遮断する遮断器です。NFBやMCCBが過電流防止による機器や回路の保護を目的としているのに対して、ELBは漏電を検出した際に遮断して、感電を防止する目的で設置されます。

ほとんどの場合は、ELBにも配線用遮断器の機能を持たせているため両方を設置する必要はありません。

漏電遮断器は、行きと帰りの電流の差を見ることで漏電を検知しています。行きの電流に対し、帰りの電流が一定値以上少なくなればどこかで漏電が発生しているとみなして電源を遮断します。

こちらの動画でも詳しく解説されています。

3. まとめ

  • NFBは過電流を防止して機器や回路を保護する
  • ELBは漏電を検知して感電事故を防止する
  • ELBには配線遮断器の機能が含まれているものが多い

NFBとELBでは大体1000円~2000円程度ELBのほうが高くなります。どちらも見た目が似ているので勘違いしそうですが、役割が違うということをしっかり理解しておきましょう。

【電気機器】サーキットプロテクタって何?ブレーカーとの違いは?

機器を過電流から保護するものとして「サーキットプロテクタ」があります。 ただ、過電流から保護するもの ...

制御盤の設計などに関してもっと知りたいという方はこちらの本もおすすめです。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

おすすめ通信講座

技術講座専門の『JTEX』

① 効率よく勉強して一発で合格したい。
② 試験勉強の仕方が分からない。
③ 順番に体系的に勉強したい。

という方は通信講座の『JTEX』がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-電気機器

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.