安全弁

【安全弁】安全弁の呼び径は何で決まる?

更新日:

安全弁を選ぶ際には、型式とは別に呼び径を決めなければいけません。では、安全弁の呼び径は何を基準に決めればいいのでしょうか?

今回は、安全弁の呼び径を選ぶ際の考え方について解説してみたいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

1. 安全弁に求められる機能とは?

安全弁は、設定圧力より装置や配管の内圧が高くなった際に作動する弁です。装置や配管には耐圧(耐えられる最大の圧力)があるので、不測の事態により圧力が上がりすぎると故障のリスクが出てきます。

ですので、安全弁に求められる機能として安全弁が開いたときに内圧の上昇が止まるようにしなければいけません。圧力が上昇するかどうかを決める要素は次のようになります。

  • 安全弁が吐き出す量 > 機器や配管に流入する量(体積流量) ⇒ 圧力低下
  • 安全弁が吐き出す量 < 機器や配管に流入する量(体積流量) ⇒ 圧力上昇

つまり安全弁を選ぶ際には、作動した時に内圧を下げられるようにするということが重要になります。

作動することで安全弁がどの程度の量を吐き出せるかという基準が呼び径になります。

2. 安全弁の呼び径の選び方

安全弁には作動した時に吐き出すことができる量を表す公称吹出し量という数値があります。単位はkg/hです。

公称吹出し量は次の4つの要素で決まります。

  • 型式
  • 呼び径(A)
  • 設定圧力(MPa)
  • 流体(蒸気、空気、水)

安全弁を設置する場合、吐き出し側は大気圧なので、設定圧力と大気圧との圧力差でどの程度の流量が流れるかということが型式ごとに決まっています。

なので、実際に選ぶ場合は次のようなステップで決めていく事になります。

  1. 流したい流体、設定圧力を決める。
  2. 全量式、揚程式、レバー付きなどを決め、型式を選ぶ。
  3. 吐き出したい流量から呼び径を決める。

全量式や揚程式の違い、設定圧力についてはこちらの記事を参照してください。

【安全弁】揚程式と全量式の違いや使い分けについて

安全弁には、揚程式と全量式という2種類あります。 2つとも安全弁なので、設定圧力よりも高くなると作動 ...

【安全弁】安全弁の正しい設定圧力は?

圧力の高い流体を使用する場合には、機器や配管に安全弁を設置します。 この時、安全弁の設定圧力をどう決 ...

当然、呼び径が大きくなれば大きくなるほど吐き出し量が多くなります。蒸気や液化ガスなどの圧縮性流体に使用する場合は、設定圧力になった際に吐き出さないといけない流量を計算してやる必要があります。

特に第一種圧力容器などに使用する場合は法律も関係してくるので注意が必要です。

【圧力容器】第一種と第二種はどう違う?圧力容器の区分について

熱交換器やタンクなどを設計する際に「圧力容器」に該当するかどうかは、メンテナンスなども含めて重要です ...

安全弁は大きいものを選べばいい?

では、安全弁は大きければ大きいほう吐き出せる量が多いので良いのでしょうか?

安全弁を選定するとき、これまでの考え方を適用すると大は小を兼ねるということになります。ただ、実際には過剰に大きいものを選定すると弁部からの漏れ量が多くなったり安全弁そのものの価格が高くなったりするのであまりお勧めできません。

あくまでも、設計値をカバーできるような最適なサイズを選定してやる必要があります。

まとめ

  • 安全弁の呼び径は吐き出したい量によって決まる。
  • 公称吐出し量は型式、呼び径、設定圧力、流体によって決まる。
  • 大は小を兼ねるではなく適切なサイズを選定してやる必要がある。

安全弁の呼び径に関する質問をいただいたので、記事にしておきました。実際の設定型式や使用可否については、安全弁メーカー様のほうにお問い合わせいただければと思います。

2020/2/28

【安全弁】5分で分かる!安全弁の選定方法について

圧力を持つ流体を使用する機器には、安全を確保するために安全弁の設置は必須です。 安全弁は非常時に作業者や設備の安全を確保する非常に重要な機器ですが、選定方法がよく分からないという方も多いのではないでしょうか? 今回は、安全弁の選定方法について書きたいと思います。 目次安全弁の選定方法型式を決める設定圧力を決める呼び径を決めるまとめ 安全弁の選定方法 安全弁を選定するには次のようなステップが必要です。 型式を決める。 設定圧力を決める。 呼び径を決める。 1つずつ見ていきます。 型式を決める まず、安全弁メ ...

ReadMore

2020/5/31

【安全弁】安全弁の呼び径は何で決まる?

安全弁を選ぶ際には、型式とは別に呼び径を決めなければいけません。では、安全弁の呼び径は何を基準に決めればいいのでしょうか? 今回は、安全弁の呼び径を選ぶ際の考え方について解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. 安全弁に求められる機能とは?2. 安全弁の呼び径の選び方安全弁は大きいものを選べばいい?まとめ 1. 安全弁に求められる機能とは? 安全弁は、設定圧力より装置や配管の内圧が高くなった際に作動する弁 ...

ReadMore

2020/6/29

【安全弁】安全弁の正しい設定圧力は?

圧力の高い流体を使用する場合には、機器や配管に安全弁を設置します。 この時、安全弁の設定圧力をどう決めればいいか分からないことってありませんか? この記事では、安全弁の設定圧力を決める基準とどんな時に設置するかを記載しています。 チャンネル登録はこちら 目次1. 安全弁とは?2. 安全弁の設定圧力の基準2-1. 圧力容器にならない値2-3. 機器の耐圧3. 安全弁が必要な場合3-1. 供給するユーティリティーの元圧が高い3-2. 熱膨張が考えられる4. まとめ 1. 安全弁とは? 安全弁は逃し弁とも呼ばれ ...

ReadMore

2020/8/2

【安全弁】揚程式と全量式の違いや使い分けについて

安全弁には、揚程式と全量式という2種類あります。 2つとも安全弁なので、設定圧力よりも高くなると作動して、機器や配管の内部圧力が上昇するのを防ぐという役割は同じです。 揚程式と全量式は少しずつ放出するか、一気に放出するかが違います。この2つについて分かりやすいものがなかったのでここで解説してみたいと思います。 目次1. 揚程式と全量式の定義2. 揚程式と全量式の使い分けは?3. まとめ 1. 揚程式と全量式の定義 安全弁の揚程式と全量式の定義はそれぞれJISで定められています。 (出典:株式会社ベン安全弁 ...

ReadMore



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-安全弁

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.