燃料

【燃料】引火点、発火点、流動点の違いは?

更新日:

燃料は、その温度に応じて引火点、発火点、流動点が決められています。

この温度が高いか低いかによって保存方法や使用方法が変わってきます。

普段の生活で触れることが多いガソリンや灯油などもこれらの違いによって使い分けがされています。

今回は、燃料の引火点、発火点、流動点の違いについて解説してみたいと思います。

1. 引火点、発火点、流動点の違いは?

引火点、発火点、流動点は燃料の性質を表す指標です。

これら3つの違いはなんでしょうか?

まずはそれぞれ言葉の定義から見てみたいと思います。

1-1. 引火点

引火点(Flash point)は燃料の表面に火花などを発生させたときに燃焼が始まる温度です。

引火点以上の温度だと、燃料の一部が揮発して表面に可燃性の混合物ができることで点火源があれば燃焼が始まります。

また、引火点ギリギリの温度の場合、一度燃焼が始まっても、すぐに火が消えてしまいます。そこで、燃焼を続けるためには引火点よりも数度高い温度が求められ、この温度を燃焼点と呼びます。

引火点以下の温度だと、仮に近くで火花が発生したとしても燃焼が始まることがありません。

引火点が常温より高いか低いかによって、保存方法が変わってきます。例えば、灯油の引火点は40℃以上なので、ポリタンクなどで保存しても問題ないわけですね。

引火点が見てわかる動画がこちらです。気化したジエチルエーテルが右下の点火源によって引火しています。

1-2. 発火点

発火点(Ignition point)は、空気中で可燃性物質を加熱していったときに、点火源なしに燃焼が始まる温度のことを言います。

発火点は自然発火温度のことで、着火温度とも呼ばれます。

良く家庭でてんぷら油を加熱し続けると、自然発火して火事につながるという話を聞きますが、あれが代表的な例ですね。

ちなみに、食用油の発火点は350℃で、何も揚げずに大体15分以上加熱を続けると発火するようです。

実際に実験している動画がこちらになります。

1-3. 流動点

流動点(Pour point)は、液体が凝固する直前の温度を表します。

流動点の定義は、燃料を試験管に入れて横に倒したときに5分間全く動きがなくなる温度です。

流動点が高ければ、高い温度を維持しないと固まってしまうドロドロの液体。

流動点が低ければ、低い温度でも固まらないサラサラの液体をイメージしていただければいいと思います。

同じ燃料でも、流動点が高い重油などを使用する場合は、常に流動点以下の温度にならないように加熱・保温してやる必要が出てきます。

【燃料】たったそれだけ?A重油、B重油、C重油の違いとは?

安くて大量のエネルギーが得られる重油は、昔から工場や発電所などで多く利用されています。今では天然ガス ...

流動点についてはこちらの動画でも分かりやすく解説されています。

2. 代表的な燃料の引火点、発火点、流動点について

代表的な燃料の引火点、発火点、流動点について参考値を見てみます。

 引火点(℃)発火点(℃)流動点(℃)
重油60~90250~380 5~10 
軽油40~70 250 -30~5 
ガソリンー43以下 300ー2.5~-7.5 
灯油40~60255

(引用:各種物質の性質: 引火点・発火点 - 八光電機

これを見ると流動点が0℃以下のものもあるので、濃度の高い蒸留酒などを冷凍庫にいれても凍らない理由がわかりますね。

3. まとめ

この記事のポイント

  • 引火点・・・火花で燃焼が始まる温度
  • 発火点・・・自然発火する温度(着火点)
  • 流動点・・・凝固が始まる温度

引火点と発火点の違いは、試験でも良く問われるのでしっかり覚えておきましょう。

2020/5/16

【燃料】凝固点・流動点の違いについて詳しく解説してみた

軽油や重油など燃料を扱う際に、流動点という言葉を聞いたことはありませんか? 今回は凝固点、流動点の定義や使い分けについて説明します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次凝固点とは流動点とは凝固点や流動点を用いる理由まとめ 凝固点とは 凝固点とは、字の通り液体が固体化するときの温度を指します。 基本的には、固体が液体になる時の温度である融点と一致しています。水であれば約0℃ですね。凝固点は、液体の物質固有の特性に影響される化学的な数 ...

ReadMore

2020/5/16

【燃料】水素を使えば地球温暖化が防げる?水素の製造方法や今後の可能性は?

トヨタ自動車が次世代自動車として他メーカーに先駆けて水素を燃料とする自動車「MIRAI」を発売しました。たまに街を走っているのを見るとつい凝視してしまいます。 「MIRAI」は水素を使った燃料電池でモーターを回して走る電気自動車でエンジンなどの内燃機関を利用するわけではありません。 水素は、燃焼後に水しか出さない燃料として地球温暖化防止策の一つとして重要視されています。 今回は、化石燃料の代わりに水素を利用すれば本当に地球温暖化は防止できるのか?そもそも水素はどうやって作られるのかについてエネルギーの観点 ...

ReadMore

2020/2/29

【燃料】発熱量の測定方法は?

単位質量あたりの化石燃料がどの程度の熱量を持つかという指標に発熱量があります。 そして燃料の発熱量を測定するのに気体燃料、液体燃料、固体燃料それぞれで決められた方法があります。今回は燃料ごとの発熱量の測定方法について解説してみたいと思います。 目次1. 気体燃料1-1. ユーカンス式流水形ガス熱量計1-2. ガスクロマトグラフ法2. 液体燃料2-1. ボンベ型熱量計3. 固体燃料3-1. 燃研式自動熱量計4. まとめ 1. 気体燃料 気体燃料とは主に次のものがあります。 LNG(液化天然ガス) LPG(液 ...

ReadMore

2020/2/29

【燃料】石炭の燃料比、性質とは?

石炭には質を表す指標として燃料比があります。 今回は石炭の質を表す石炭化度やその他の性質について書いてみたいと思います。 目次1. 石炭の燃料比とは?2. 石炭の性質は?2-1. 粉砕性2-3. 粘結性燃焼性まとめ 1. 石炭の燃料比とは? 石炭の燃料比は石炭化度とも言われ、固定炭素と揮発分との割合を示す次の式で表されます。 $$燃料比=\frac{固定炭素}{揮発分}$$ 石炭化度は元となる植物が石炭に変化する過程を表したもので、石炭化度が進むと固定炭素が増加し、揮発分が減少します。これにより燃料比が増 ...

ReadMore

2020/5/13

【燃料】石炭とコークスの違いは?

石炭とコークス、イメージはどちらも同じように思いますがいったい何が違うのでしょうか? 今回は石炭とコークスの違いについて書いてみたいと思います。 石炭とコークスの違い 石炭とコークスの違いは、自然から掘り出された原料が石炭、それを加工してより発熱量を増加させたものがコークスです。燃料のほかに製鉄業での鉄鉱石の還元剤などに利用されます。 コークスは灰分を含んだ多孔質の炭素質で,骸炭ともいいます。 掘り出されてすぐの石炭は、サイズ、水分量、発熱量などがバラバラなため燃料としては優秀ではありません。そこで粉砕、 ...

ReadMore

お勧め専門誌

   

   



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-燃料

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.