計測機器

【温度センサー】サーモウェルは必要?保護管が必要な条件とは?

更新日:

配管などに温度計を設置する際、ほとんどの場合で保護管が必要です。

この記事では、温度計に保護管の設置が必要になる条件についてまとめてみたいと思います。

保護管(サーモウェル)とは?

保護管とは、温度センサーや温度計、サーミスタなどの感温部を圧力、腐食、流速による損傷から保護するものです。溶接チューブから成るものを保護管、金属棒材を加工したものをサーモウェルと呼びます。

保護管を使用することで、センサーの長寿命化やプロセスを中断することなく交換が出来るので、不純物の混入リスクを低減することができます。

保護管の材質は銅とステンレスが代表的ですが、腐食性のある流体を使用する場合はステンレスを使用します。

保護管を使用すると、感温部に熱が伝わるまでの測定遅れの原因になるため、シビアな制御の場合は保護管内に液体を封入するなどの対策が必要です。

【温度センサー】原理は同じ!サーミスタと白金測温抵抗体Pt100の違い、使い分けは?

温度によって抵抗が変化する素子を用いて温度を測定する機器を抵抗温度計と言います。 今回はその中でも良 ...

続きを見る

【温度センサー】温度計の種類、測定原理、誤差を比較してみた

工場などで配管などによく取り付けられている温度計や温度センサー。 普段あまり気にしませんが、温度計や ...

続きを見る

保護管が必要になる条件

保護管の設置が必要になるのは次のような条件です。

保護管が必要になる条件

  • 被測定物が外に漏れだすと危険な場合
  • 被測定物が感温部を腐食させる場合
  • 感温部に圧力がかかる場合
  • 被測定物が流速2m/s以上の場合
  • 食品、医薬品などサニタリー分野

並べてみると、ほとんどの使用状況で保護管が必要になるということが分かります。

温度センサーを使用する場合は、基本的には保護管が必要と考えていて良さそうです。

【配管】サニタリーで使うヘルールって何?メリットデメリットは?

食品や医薬などの工場でよく利用される配管の接続様式にヘルール接続というものがあります。一般的には利用 ...

続きを見る

保護管の選定

保護管の選定には、次のような条件が必要です。

  • 材質
  • 長さ
  • 接続仕様

保護管の長さについては、長すぎると折損の原因となり、短すぎると測定誤差の原因になります。

理想的な長さは感温部の突き出しが50~100mm程度になるところです。

詳しくはこちらの資料を参照してください。

【PDF】金属温度計用保護管(サーモウェル)

まとめ

  • 保護管は温度センサーの長寿命化、故障リスク低減のために設置する。
  • 温度センサーを使用するほとんどの場合に保護管が必要。
  • 測定遅れを防止するために液体を封入する場合もある。

圧力センサーの場合は保護管を付けると圧力が検知できなくなりますが、温度センサーは保護管がないと故障リスクが上がります。

勘違いをしないように注意しましょう。



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-計測機器
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.