SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

Youtubeチャンネルを開設しました。
登録よろしくお願いします!

ブログ運営

【ブログ】超簡単!「技術ブログ」のはじめ方

更新日:

休日を持て余すエンジニアには、勉強しながらコツコツ取り組める技術ブログという最強の副業があるよ!

という記事をこちらで書きました。

【ブログ】エンジニアの収入が低いのには理由があった

エンジニアの仕事って楽しいこともありますが、結構大変ですよね? やらないといけない仕事も多いのに、勉 ...

今回の記事では、じゃあ実際に技術ブログを書き始めるにはどうしたらいいの?という所を解説していきたいと思います。

 

技術ブログは、勉強にもなって空き時間に取り組めて、給与とは別の収入を生み出す資産にもなり、いいことづくめです。

ただ一つ懸念点があるとすれば、非IT系のエンジニアにとってはハードルが高いと感じる方も多いのではないかということです。

「技術ブログ」というワードで検索しても、基本出てくるのはIT系のエンジニアブログばかりが目立ちます。

やってみると、最初の設定や手続きなんかが少し面倒くさいだけで何も専門的な知識はいりません。

 

完全なる非IT系エンジニアが言うんだから間違いありません!

 

正直、最初は試行錯誤でしながらやっていたのでストレスも感じましたが、1ヵ月もすればすぐに慣れました。

主婦でもやってる人が多いくらいですから、難しいなんてことはあり得ません。

では、早速、新しく技術ブログに挑戦してみようと考えているあなたに、ブログの開設方法を書いていきたいと思います。

Sponsored Link

1. 技術ブログの始め方

まず最初に、無料ブログを利用するか、自分で1から作るかを決めます。

エコおじい
今回解説するのは、自分で1から作り上げる方法です。

有料で始める場合は、初期費用として3000円と、維持費に月々900~1200円がかかります。

無料ブログで始める場合は、FC2ブログやはてなブログ、楽天ブログなど様々なサービスがあるのですぐに記事作成に取り掛かれます。

ただ、無料ブログの場合は収入を生み出すための広告が張り付けられなかったり、独自のルールがあったり、突然アカウントが削除されるリスクがあったりと、あまりお勧めできません

 

完全なる趣味で、1円の収入も期待していないというのなら無料ブログで始めるといいかと思います。ただ、少しでも自分の書いた記事で価値を生み出したいと考えている人は自分で作り上げたほうがいいです。

これは私がいろいろ調べて、実際に自分でもやりながら行き着いた結論です!

悪いことは言いません。せっかくやるなら、無料ブログはやめておきましょう。

エコおじい
維持費はかかりますが、月1000円程度なので少し頑張れば黒字になります。

 

まず、1からブログを始めるためには次の4ステップが必要になります。

ブログ開設ステップ

Step.1 レンタルサーバーを申し込む

Step.2 独自ドメインを取得する

Step.3 WordPressをインストールする

Step.4 WordPressにログインする

いきなり専門用語のオンパレードですが、作業自体は本当に大したことないので安心してください。

Step.1 レンタルサーバーを申し込む

まずは、レンタルサーバーを申し込みます。

サーバーはインターネット上に自分のホームページを表示させるための箱です。この箱の中にホームページや記事や画像を入れることで検索エンジンが勝手に探しに来てくれるようになります。

マニアックな人なら自分でサーバーを立ち上げたりしますが、セキュリティやメンテナンスの関係から、私のようなIT素人はプロにお金を払って一部のスペースを貸してもらうしかありません。

スペースを貸してくれる会社は色々あり、調べるとたくさんの比較サイトが出てきます。

サーバー関係は紹介料が高いので・・・。

正直なところ、速度が!MySQLが!セキュリティが!とか比較されても専門家じゃないのでよくわからないですよね。

いちいち調べるのも少し面倒ですし・・・。

個人的には次の点で見ればいいかなと思って「Xサーバー」(外部リンク)を選びました。

  • 評判が悪くない
  • 使っている人が多い
  • 値段が安すぎない

 

評判が悪くないのは当然ですが、使っている人が多いというのは、調べたときに詳しい解説が出てくることが多いからです。Xサーバーを使ってるブロガーの人かなり多いですしね。

また、値段に関しては個人的に「安いものには理由がある、高すぎるものは趣味の領域」という考え方があるからです。

実際に社会人として働いてみてわかったことですが、安すぎるものにはそれなりに理由がありますよね。

例えばサーバーの場合は、速度が遅かったり、アクセスが集まるとダウンしたり、対応が悪かったり、1つのドメインしか作成できなかったり・・・。

普段接するお客さんでも、必ず値切って安いものにしようとする方がいますが、そういう時に限って後から能力が足りなかったり、手直しが必要だったりして損することが多いです。

ケチらなくていいところはケチらないほうがいいですね。

逆に高すぎるものは、普通の人には必要ないような機能が追加されていることが多いです。コストパフォーマンスと無難さを考えるとXサーバーかなぁといった感じです。

ちなみにプランはスタンダードプランでいいと思います。私もスタンダードプランで、今のところ何の不満もありません。

 

気になる方はいろいろ調べてみればいいと思います。結局同じところに行き着くかもしれませんが・・・。

ちなみにXサーバーなら2018年3月30日までに申し込むと独自ドメイン1つが永年無料になるキャンペーンをやってます。

エコおじい
私が登録するときはありませんでしたが・・・(笑)

サーバー無料体験期間が過ぎると、利用できなくなるのでとりあえず3ヵ月分は料金を支払っておきましょう

Step.2 独自ドメインを取得する

次はドメインを取得します。

ドメインというのは、ホームページのアドレスになる部分で、このブログだと「energy-kanrishi.com」になります。

サーバーはあくまで箱なので、ドメインを追加することで初めてインターネット上にWebページができます。1つのサーバーにドメインは複数登録できるので、レンタルサーバーが1つあれば、ドメイン料金だけでいくつもサイトを運営することができます。

まずは、こちらのXサーバーの「インフォパネル画面」(外部リンク)を開いてください。

左下の「プレゼントドメイン」をクリックすると、無料でもらえるドメインを1つ作ることができます。

特に決まりはありませんが、自分のブログのテーマに寄せた名前にすることが多いです。

また、.com .jp .netはどれがいいという決まりはありませんので好きなものを選んでください。

エコおじい
何にしようか結構迷いますよね・・・。

ドメインが取得出来たら、次にサーバーにドメインを追加していきます。

「サーバーパネル」(外部リンク)を開いてください。

ドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定の追加をクリックします。

先ほど設定したドメインを入力して、ドメインの追加を行います。

エコおじい
これでドメインの設定は完了です。

Step.3 WordPressをインストールする

次にWordpressをインストールします。

WordPressはブログ用に開発されたオープンソース(公開)のソフトウェアです。

先ほどのドメインだけでは、まだ真っ白な状態なので、ここにWordpressをインストールしてブログの型にしていきます。

Xサーバーの場合は、Wordpressのインストールがワンクリックで行えるので設定が非常に簡単です。

「サーバーパネル」(外部リンク)を開いてください。

自動インストールをクリックします。

プログラムのインストールをクリックします。

WordPressのインストール設定をクリックします。

インストールURLのところに文字が入っている場合は、こちらを消してください。

通常であれば、何も入っていないと思うのでそのまま進めていきます。

ブログ名、ユーザー名、パスワード(Wordpressにログインするためのもの)、メールアドレスを入力して「インストール」をクリックします。

エコおじい
これでWordpressのインストールは完了です。

Step.4 WordPressにログインする

ここまでこれば、すでに大枠はできています。

実際に自分の立ち上げたWebサイトの管理画面にログインしてみます。

http://○○(登録したドメイン名)/wp-login.php

このアドレスをバーに打ち込んで開くと次のような画面が出てくると思います。

インストールしてすぐは出てこないかもしれませんが、しばらく待つと出てきます。

ここに、先ほどWordpressをインストールした時に設定したアドレスを入力します。

すると、このような管理画面が出てきたかと思います。

これでWordpressへのログインは完了です。

エコおじい
このページはお気に入り登録しておきましょう!

2. まとめ

これで、ブログを始める準備は整いました。

ただこのままでは、デザインがデフォルトのままなので、細かい設定をしていく必要があります。

一旦休憩して、次のステップに移っていきましょう!



現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-ブログ運営
-

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.