流体工学

【流体工学】ニュートン流体と非ニュートン流体は何が違う?

更新日:

流体は大きく分けてニュートン流体と非ニュートン流体に分けることができます。

では、ニュートン流体と非ニュートン流体の違いは何でしょうか?

1. ニュートン流体と非ニュートン流体の違い

ニュートン流体と非ニュートン流体の違いは、次の式が成り立つか成り立たないかです。

$$τ=μ\frac{dv}{dy}[Pa]$$

τ:せん断応力 μ:粘性係数 v:速度 y:管壁からの距離

成り立つ流体をニュートン流体、成り立たないものを非ニュートン流体と言います。非ニュートン流体の代表例としては不規則ならせん構造を描く高分子物質などが挙げられます。

せん断応力は流体の進む方向に対して垂直にかかる力で、せん断応力が大きいほど流体と管壁との摩擦は大きくなります。

この式を見ると、粘性係数が高くy方向の速度勾配が大きいときにせん断応力が大きくなることが分かります。

また、一般的に粘性係数μは温度が上昇すると液体では小さく(サラサラ)なり気体では大きく(ねばっこく)なることが分かっています。

粘性係数は粘度とも呼ばれ、SI単位では【kg/ms】で表されます。

【流体工学】流体の粘度を表す単位と比較について

流体のねばり度合いを表す指標に粘度があります。工場などで新たな設備を導入するときには、そこで扱う流体 ...

2. 粘度と動粘度との違い

また、粘度と動粘度は名前は似ていますが少し定義が変わります。

動粘度は粘度を流体の密度で割ったものを表します。動粘度はν(ニュー)という記号で表されます。

$$ν=\frac{μ}{ρ}$$

ν:動粘度 ρ:流体の密度 μ:粘度

動粘度はレイノルズ数を計算する際に利用され、層流か乱流かを計算で求めるために必要になります。

$$Re=v\frac{d}{ν}$$

Re:レイノルズ数 d:管の内径

【流体工学】層流と乱流、見分けるためのレイノルズ数とは?

配管の圧力損失を計算する際には、まず、流体が層流なのか乱流なのかを見分ける必要があります。それを見分 ...

3. まとめ

  • ニュートン流体の非ニュートン流体の違いはせん断応力の式が当てはまるかどうか。
  • 動粘度は粘度を流体の密度で割ったもの。
  • レイノルズ数を計算するときは動粘度を利用する。

暗記問題で出題されることがあるので、ニュートン流体と非ニュートン流体の違い、粘度と動粘度の違いはしっかりと理解しておきましょう。

2020/6/8

【流体工学】「絞り膨張」って何?なぜ絞りだけで膨張するの?

気体がオリフィスや減圧弁を通過するときは、絞り膨張という現象が発生します。 この記事では、気体特有の現象である「絞り膨張」について解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. 絞り膨張とは?2. 実際の絞り膨張3. まとめ 1. 絞り膨張とは? 絞り膨張とは、気体がオリフィス(穴の開いた金属板や筒)や開度を絞ったバルブなどの断面積の小さい流路を通る際に、一時的に圧力が下がる現象のことを言います。 絞り膨張は次のよ ...

ReadMore

2020/2/28

【流体工学】ニュートン流体と非ニュートン流体は何が違う?

流体は大きく分けてニュートン流体と非ニュートン流体に分けることができます。 では、ニュートン流体と非ニュートン流体の違いは何でしょうか? 目次1. ニュートン流体と非ニュートン流体の違い2. 粘度と動粘度との違い3. まとめ 1. ニュートン流体と非ニュートン流体の違い ニュートン流体と非ニュートン流体の違いは、次の式が成り立つか成り立たないかです。 $$τ=μ\frac{dv}{dy}[Pa]$$ τ:せん断応力 μ:粘性係数 v:速度 y:管壁からの距離 成り立つ流体をニュートン流体、成り立たないもの ...

ReadMore

2020/5/17

【流体工学】流体の粘度を表す単位と比較について

流体のねばり度合いを表す指標に粘度があります。工場などで新たな設備を導入するときには、そこで扱う流体の粘度が記されている場合が多いです。 粘度が高ければ、粘り気が大きくなるというのは感覚的に分かりますが、記載されている粘度が一体どれぐらいなのか感覚的に分かりにくいことはありませんか? 今回は、粘度を表す単位や数値ごとにどれぐらいの粘り気なのか感覚的に分かるように一般的な製品と比較してみたいと思います。 目次1. 粘度の単位2. 粘度の比較3. まとめ 1. 粘度の単位 粘度は物質のねばり度合いを表す指標で ...

ReadMore

2020/5/14

【流体工学】ベルヌーイの定理で圧力と流速の関係がわかる

配管設計について学んでいくと、圧力と流速の関係を表すベルヌーイの定理が出てきます。 今回はエネルギー保存則のベルヌーイの定理について解説していきたいと思います。 ベルヌーイの定理とは? ベルヌーイの定理は物理学者ベルヌーイによって発表された法則です。 非圧縮性・非粘性(完全)流体には圧力と流速の関係はベルヌーイの定理で表すことが出来ます。ベルヌーイの定理は物理で言うところのエネルギー保存則になります。 実際の流体は完全流体ではありませんが、現象を理解するのにベルヌーイの定理は使えます。ベルヌーイの定理は次 ...

ReadMore

2020/8/2

【流体工学】層流と乱流、見分けるためのレイノルズ数とは?

配管の圧力損失を計算する際には、まず、流体が層流なのか乱流なのかを見分ける必要があります。それを見分けるために指標となるのがレイノルズ数という無次元の値です。 今回は、層流・乱流とは何か、レイノルズ数はどんな式で求めることができるのかについて解説していきたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次層流・乱流とは?層流乱流レイノルズ数とは?まとめ 層流・乱流とは? まず、物体の流れには層流と乱流と呼ばれるものがあります。この ...

ReadMore



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-流体工学

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.