SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

Youtubeチャンネルを開設しました。
登録よろしくお願いします!

自動制御

【自動制御】自動弁に「スピコン」はなぜ必要?スピコンの役割とは

投稿日:

エア駆動の自動弁を選ぶ際に「スピードコントローラー」を付けるかつけないかというオプションがあると思います。

良く略して「スピコン」などと呼ばれます。

では、スピコンはなぜ必要になってくるのでしょうか?

この記事では、スピコンとは何か?スピコンは何のために利用するのかについて解説していきたいと思います。

Sponsored Link

1. スピコンとは?

スピコンはスピードコントローラーの略で、自動弁の開閉速度を調整することのできる部品です。

名前はかっこいいですが、機器自体はエアの量を調整するだけの簡易な物です。

一般的にエア駆動式の自動弁は、コンプレッサーで作った圧縮エアと電磁弁(空動弁の場合もあります。)を組み合わせて作られています。

また、アクチュエーターの内部にはバネが入っておりエアが入ればバルブが閉まる、エアが抜ければバルブが開く(又はその逆)になってます。

この時、エアを通すか通さないかは電磁弁の開閉によって決まります。ただ、電磁弁にはエアの量を調整する機能はないので、電磁弁が開くと即座にエアが入り、コンマ数秒でバルブが開弁することになります。

このバルブの開閉速度を調整するためにスピコンを利用します。

2. スピコンはなぜ必要?

即座に開け閉めをしても問題がないような自動弁ではスピコンはなくても問題ありません。

ただし、急開閉を繰り返すと問題が発生する次のような場合はスピコンは必須と言えます。

  • 水、油ラインの開け閉め
  • 蒸気の開け閉め

これらのラインでは、急開閉を行うと慣性力で衝撃が発生し配管などにダメージを与えてしまうためスピコンを調整し緩やかな開閉を行うようにしてやらなければいけません。

また、スピコンを付けていたとしても即座に開閉するように調整することは可能なのでエア駆動弁を選ぶ場合は安全も考慮してスピコンの設置は必須と言えます。

Sponsored Link

3. まとめ

  • スピコンはバルブの開閉スピードをコントロールする
  • 急開閉を行うと問題のある個所に設置する
  • スピコンを付けて問題が起きることはないので、基本は付けておく

以上です。

自動弁にはオプション内容がおおく、どれが必要でどれが不要か分かりにくいですが、その中でもスピコンは必須のオプションと言えます。

おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

Youtubeチャンネルを開設しました。
登録よろしくお願いします!

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-自動制御

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.