省エネ法

【省エネ法】家電でよく見る省エネ大賞、トップランナー制度って何?

メーカーのカタログに「トップランナー機器」という文言が書かれている場合があります。

トップランナー制度は約20年前に導入され、省エネルギーの促進に貢献してきました。こ記事ではトップランナー制度とは何かについて解説します。

トップランナー制度とは?

トップランナー制度とは、対象となった機器でエネルギー消費効率が最も優れているものをトップランナーとして、その性能に技術開発の見通しを考慮して目標となる省エネ基準を定める制度です。

この基準をトップランナー基準といい、対象機器のエネルギー消費効率のさらなる改善の推進を行います。また、対象機器の製造事業者、輸入事業者はトップランナー基準の達成の他、表示などの義務が課せられます。1997年に開催されたCOP3(気候変動枠組条約第3回締約国会議)で京都議定書が採択されたのを機に導入されています。

トップランナー制度は省エネ法の「第6章 機械器具等に係る措置」に規定されています。

トップランナー制度についての詳しい資料はこちら

トップランナー制度の対象機器

トップランナー制度の対象となる条件は次の3つです。

  1. 大量に使用されている
  2. 使用すると相当量のエネルギーを消費する
  3. 効果改善余地等がある機器

元々11品目でしたが、2002年に7品目、2006年に3品目、2009年に2品目、2013年に5品目が追加され現在31機器が対象になっています。具体的には以下の機器です。

  1. 乗用自動車
  2. エアコンディショナー
  3. 照明機器(蛍光灯器具・電球形蛍光ランプ)
  4. テレビジョン受信機
  5. 複写機
  6. 電子計算機
  7. 時期ディスク装置
  8. 貨物自動車
  9. ビデオテープレコーダー
  10. 電気冷蔵庫
  11. 電気冷凍庫
  12. ストーブ
  13. ガス調理機器
  14. ガス温水機器
  15. 石油温水機器
  16. 電気便座
  17. 自動販売機
  18. 変圧器
  19. ジャー炊飯器
  20. 電子レンジ
  21. DVDレコーダー
  22. ルーティング機器
  23. スイッチング機器
  24. 複合機
  25. プリンター
  26. ヒートポンプ給湯器
  27. 三相導入電動機
  28. 電球型LEDランプ
  29. 断熱材(平成25年より)
  30. サッシ(平成25年より)
  31. 複層ガラス(平成25年より)

今後も対象機器は拡大していくと思われます。それぞれの機器に対する詳細な基準値はこちらの資料の33Pから細かく記載されています。

建築材料に係る措置

平成25年(2013年)の省エネ法改正により、機械器具だけでなく、断熱材などの建築材料がトップランナー制度の対象となりました。

トップランナー制度の導入により、対象建材の製造、加工、輸入を行う事業者はトップランナー基準の達成の他、表示などの義務が課せられます。

トップランナー制度の対象になるとどうなるのか?

トップランナー制度の対象になると次のような義務が課せられます。

  • エネルギー消費効率の表示
  • カタログ及び製品にシンボルマーク、省エネ基準の達成率、消費効率、目標年度を表示させる(省エネラベリング制度)

こうしてみると、即販売中止とかそういった措置ではなく、省エネ基準に対する評価を消費者に理解してもらい、買い換えるだけで省エネルギー活動が進んでいくという事を目的にしていることがわかります。

ちなみにこんなラベルのようです。家電量販店のエアコンのコーナーでよく見ます。

まとめ

  • トップランナー制度は省エネ法で決められた制度である。
  • エネルギーを多く使用する機器や材料として31品目が対象とされており今後も拡大していく。
  • 対象になると消費者に分かるように性能を表示する義務が課せられる。

実際にトップランナー制度が導入されてから、各機器の省エネ性能はかなり向上しているようです。性能がわかっていれば、わざわざエネルギー効率の悪い機器を買わないという消費者心理を生かした制度で面白いですね。

省エネ法

2021/9/4

【省エネ法】特定事業者が設置するエネルギー管理者は何人?

毎年、科目Ⅰで出題される問題でエネルギー管理者の設置人数が問われる問題があります。 事業所や事務所で使う様々な種類のエネルギーを「GJ/年」で与えられる。 省エネ法で「エネルギー」にカウントされるものだけを足し合わせる。 原油換算係数「0.0258kL/GJ」をかけて年間使用量を算出する。 特定事業者かどうか判別する。 各事業所に設置しなければいけないエネルギー管理者の人数を答える。 これは、必須問題なので確実に理解しておく必要があるわけですが、5番の「エネルギー管理者」の人数を答えるところだけが難しいと ...

ReadMore

省エネ法

2022/4/12

【省エネ法】ベンチマーク制度って何だろう

省エネ法について調べていくと、ベンチマーク制度という言葉が出てきます。 「ベンチマーク」とは、他の同様のものと比べたときに差がわかるという意味ですが、省エネ法のベンチマーク制度とは何を表すのでしょうか? 今回はベンチマーク制度とは何かについて解説していきたいと思います。 目次ベンチマーク制度とは?ベンチマーク制度の対象事業者ベンチマーク制度の対象になるとどうなる?事業者クラス分け評価制度への活用省エネ補助金制度まとめ ベンチマーク制度とは? ベンチマーク制度は事業者の省エネ状況を業種共通の指標を用いて評価 ...

ReadMore

省エネ法

2022/4/11

【省エネ法】家電でよく見る省エネ大賞、トップランナー制度って何?

メーカーのカタログに「トップランナー機器」という文言が書かれている場合があります。 トップランナー制度は約20年前に導入され、省エネルギーの促進に貢献してきました。こ記事ではトップランナー制度とは何かについて解説します。 目次トップランナー制度とは?トップランナー制度の対象機器建築材料に係る措置トップランナー制度の対象になるとどうなるのか?まとめ トップランナー制度とは? トップランナー制度とは、対象となった機器でエネルギー消費効率が最も優れているものをトップランナーとして、その性能に技術開発の見通しを考 ...

ReadMore

省エネ法

2022/4/13

【省エネ法】規制対象になる4つの分野は?

省エネ法では、規制対象としてエネルギーを多く使用する4つの分野を上げています。 これら4つの分野は、大量にエネルギーを消費するものと年々エネルギー使用量が増加しているものとに分かれます。エネルギーの意容量は年々増加傾向にあるため、規制される分野はますます増えていくと考えられます。 目次省エネ法で規制している4つの分野規制対象になるとどうなるのかまとめ 省エネ法で規制している4つの分野 省エネ法で規制している分野は次の4つです。 工場等 輸送 住宅・建築物 機械器具等 それぞれの分野が規制されている背景につ ...

ReadMore

省エネ法

2022/4/12

【省エネ法】設備の管理に必要な判断基準って何?

省エネ法について考えるときには「判断基準」という項目が重要になってきます。 省エネルギーに取り組むときに、各機器の目安としての数値を国が決めてくれています。今回は、この「判断基準」に対して解説していきたいと思います。 目次省エネ法の「判断基準」とは?省エネ法で判断基準が決められている項目まとめ 省エネ法の「判断基準」とは? 判断基準は、エネルギーの使用の合理化の適切かつ有効な実施を図るための計画に関し、判断の基準となる具体的な事項を国が定めたものです。 法律では判断基準に対して次のような取り決めを行ってい ...

ReadMore







公式スポンサー

生産工程の見える化なら

【Proceedクラウド】

・現場の写真が整理出来ていない
・外注先の状況が分からない
・技能伝承を効率的に行いたい

そんな悩みを全て解消できます!


詳しくはこちら

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。工業系エンジニアの副業に関してnoteも書いています。是非、Twitterのフォローお願いします。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

近年、人手不足や国際競争力維持のためにクラウドやAI技術などのIT技術を製造業などのレガシー産業に導 ...

2

エンジニアとして働くなら専門分野に関する日々の勉強は必須です。 ただ、通常の業務が忙しく勉強の時間が ...

3

プラント業界で働いている自分が転職するとしたらどんな転職先があるのか気になることはないでしょうか。 ...

-省エネ法
-,

© 2022 エネ管.com Powered by AFFINGER5