熱力学

【熱力学】ワットとカロリーの変換方法

以前にこちらの記事でワットとジュールの変換について書きました。

【熱力学】ワットとジュールの変換方法

目次1. ワットとジュールの違いとは?1-1. ワット1-2. ジュール2. ワットとジュールの変換 ...

熱をあつかうときに厄介なのが、エネルギーを表す単位です。カロリー、ワット、ジュール、キロワット、キロカロリー・・・。これらの単位をしっかり理解できれば、エネルギーの考え方を理解できたも同然です。

今回は、ワットとカロリーの変換方法について解説したいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

1. ワット

まずはおさらいでワットについて考えてみましょう。

ワットは熱機関の祖であるジェームスワットにちなんでつけられた単位で、1秒当たりに1ジュール生じさせる仕事率です。単位で表すとJ/sになり、単位時間あたりにどれぐらいの仕事をするのかを測るときに便利です。

ポンプの出力、家電製品、発電機、熱交換器の交換熱量など様々なところで使用されます。ワットが分かれば、時間の概念とエネルギーの概念を同時に表すことが出来るので、能力を見るときには非常に便利です。

ワットをSI単位で表すと次のようになります。

 $$W=\frac{J}{s}=\frac{m^2・kg}{s^3}$$

ジュールは「標準重力加速度の下でおよそ102グラムの物体を1メートル持ち上げるときの仕事」と定義されています。SI単位で表すと次のようになります。

 $$W=\frac{J}{s}=\frac{m^2・kg}{s^2}$$

現在は熱量を表すときはジュールやワットが使われるのが一般的です。1948年に熱量を表す際はできるだけジュールを用いることが国際的にも決められています。

2. カロリー

カロリーは1グラムの水の温度を1℃上げるのに必要な熱量です。厳密には温度によって水の密度が変わるので温度を1℃上げるのに必要なエネルギーも変化します。

計量法によるカロリーの定義は1cal=4.184Jになります。食品などの熱量を計算する場合には一般的にカロリーが用いられます。

最近ではカロリーを使用して熱量計算をする人も減りましたが、年配の方にとってはカロリーを使用する事に慣れているためカロリーを用いて計算する人もいます。

【熱力学】意外と知らない知識、食品のカロリーの計算方法

目次1. 物理的な計算方法1-1. 食品を実際に燃やす1-2. 分析装置で成分を分析する2. 実用的 ...

3. ワットとカロリーの変換は?

ワットとカロリーの変換の式について考えてみます。ワットとカロリーはそれぞれ次の式で表すことが出来ます。

$$W=J/s$$

$$1cal=4.184J$$

この2つの式からワットとカロリーを変換する式は次のようになります。

$$W=\frac{1}{4.184s}cal$$

4. 実際に計算してみよう

実際にカロリーとワットを使用して計算をしてみましょう。

 20℃、300kgの水を10分で50℃にしたい場合、最低何kWの電気ヒーターが必要か?

まず、300kgの水を20℃から50℃に昇温するのに必要な熱量は

$$300×(50-20)=9000[kcal]$$

これをジュールに変換すると

$$9000×4.184=37656[kJ]$$

10分(600秒)で昇温させたいので、電気ヒーターに必要な能力は

$$37656÷600=62.76[kJ/s]$$

よって62.76kWになります。

ワットに変換するにはジュールにする必要があるので、カロリーをジュールに変換しなければいけません。カロリー単体で考えると非常に便利ですがワットが絡んでくると途端に使いにくいものになります。

5. まとめ

  • $$W=\frac{1}{4.184s}cal$$
  • カロリーは食品の熱量以外ではあまり使われない
  • ワットから変換するにはジュールに変換する

カロリーからワットに変換する方法について書きました。いまではカロリーが使われることはあまりないかと思いますが、たまに目にすることもあるのでジュールとの関係性を十分に理解しておきましょう。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

目次1. エネルギー管理士試験の合格体験談1-1. ほぼ無勉強で受験~1年目~1-2. 過去問を中心 ...

2

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

3

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

-熱力学

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5