空気

【空気】空気の比熱、温度を上げるのに必要な熱量は?

更新日:

ガスや電気、蒸気などの熱源を使って、空気を温めるエアヒーターなどではユーティリティの消費量がわからず、エネルギー消費量が把握できない場合があります。

今回は、空気の比熱から熱容量を計算し、消費エネルギーを計算する方法を考えてみたいと思います。

1. 空気の比熱とは?

空気の比熱は「空気の温度を1℃上昇させるのに必要なエネルギー」で温度や圧力によって変わってきます。ここでは、簡単のため大気圧下での空気の比熱を見てみます。

温度
[℃]

密度
[kg/m3]

比熱Cp
[kJ/kg℃]

01.2511.005
201.1661.006
401.0911.008
601.0261.009
800.9681.01
1000.9161.012
1200.8691.014

各種物質の性質: 気体の性質

空気の密度や比熱は温度によって変わってきます。気体の比熱には定圧比熱と定容比熱の二つがありますが、ここでは圧力一定のため定圧比熱Cpの値を載せています。

空気の温度が上昇すると、比体積が大きくなるので密度も小さくなっていくことは感覚的にも理解できるかと思います。

【熱力学】定圧比熱と定積比熱、気体の比熱が2種類あるのはなぜ?

気体の比熱には、圧力一定で加熱を行った時の「定圧比熱(Cp)」と容積一定の状態で加熱を行った時の「定 ...

続きを見る

2. 空気の温度を上げるのに必要な熱量は?

実際に上の値を用いて、エアヒーターで空気の温度を上げるのに必要な熱量を計算してみたいと思います。

100m3/minのブロワー(送風機)とヒーターをで空気の温度を20℃から80℃まで上昇させるのに必要な熱量は?

まず、20℃の空気100m3/minを質量に換算します。20℃での空気の密度は1.166kg/m3なので

$$100×1.166=116.6kg/min$$

1時間あたりに直すと

$$116.6×60min=6996kg/h$$

よって20℃から80℃まで上昇させるのに必要な熱量は入口と出口の熱容量の差で表すことができます。

$$必要熱量=mcp(80℃)×80-mcp(20℃)×20$$
$$6996×1.01×80-6996×1.006×20=424517kJ/h$$

このように必要な熱量は概算で424517kJだとわかります。

あとはこれを蒸気であれば潜熱、燃料であれば低位発熱量などで割れば必要なユーティリティの量を算出することができます。

3. まとめ

空気の温度を上昇させるのに必要な熱量は、空気の比熱と密度がわかれば計算することができ、空気以外の気体も同様のことが言えます。

実際に現場で熱量を計算する場合では、このような方法で問題なくカバーできるのではないかと思います。

2020/2/29

【空気】絶対湿度と相対湿度の違いとは

紅葉の季節になり、気温が下がることで空気が乾燥してきました。 空気が乾燥してくると、粘膜の力が弱まるため、風邪をひきやすくなります。 皆さんは乾燥対策をしっかりされているでしょうか?   さて、今回は湿度について考えていきたいと思います。 空気中の水分量を表す「湿度」。 普段何気なく使っている指標ですが、ちゃんとした定義を説明できますか?   今回は、「湿度」の中でも「絶対湿度」と「相対湿度」の違いについて記載してみたいと思います。 目次1. 湿度とは?2. 絶対湿度と相対湿度2-1. ...

ReadMore

2020/2/29

【空気】洗濯物を早く乾かすには?原理と対策を科学的に解説

洗濯物ってどうして乾くの? そう思ったことってありませんか? 水が沸騰して水蒸気に変わるのは何となくイメージできますが、天日干しや乾燥機で乾かす場合は100℃にして沸騰させているわけではありません。 今回は、何となく分かっているようで聞かれるとうまく説明できない洗濯物の乾燥の原理を科学的な観点で解説してみたいと思います。 目次1. 洗濯物は乾いた空気に触れることで水分が気化する2. 洗濯物が乾く原理2-1. 蒸気圧とは2-2. 分圧の法則とは2-3. 気化の原理3. 洗濯物をより早く乾かすためには?3-1 ...

ReadMore

2020/3/15

【空気】空気の比熱、温度を上げるのに必要な熱量は?

ガスや電気、蒸気などの熱源を使って、空気を温めるエアヒーターなどではユーティリティの消費量がわからず、エネルギー消費量が把握できない場合があります。 今回は、空気の比熱から熱容量を計算し、消費エネルギーを計算する方法を考えてみたいと思います。 目次1. 空気の比熱とは?2. 空気の温度を上げるのに必要な熱量は?3. まとめ 1. 空気の比熱とは? 空気の比熱は「空気の温度を1℃上昇させるのに必要なエネルギー」で温度や圧力によって変わってきます。ここでは、簡単のため大気圧下での空気の比熱を見てみます。 温度 ...

ReadMore

↓ 関連書籍



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-空気
-,

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.