プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

燃料

【燃料】発熱量の測定方法は?

更新日:

単位質量あたりの化石燃料がどの程度の熱量を持つかという指標に発熱量があります。

そして燃料の発熱量を測定するのに気体燃料、液体燃料、固体燃料それぞれで決められた方法があります。今回は燃料ごとの発熱量の測定方法について解説してみたいと思います。

Sponsored Link

1. 気体燃料

気体燃料とは主に次のものがあります。

  • LNG(液化天然ガス)
  • LPG(液化石油ガス)
  • コークス炉ガス他

気体燃料の発熱量を測定するためには次の2つの方法が用いられます。

1-1. ユーカンス式流水形ガス熱量計

ユーカンス式流水形ガス熱量計は、ガスを燃焼させたときに得られる熱量を流水に吸収させ、温度上昇と流量から燃料ガスの発熱量を求める方法です。

例えば、燃料1kgを燃焼させたときに水の入り口温度20℃、出口温度30℃、100kgの水が流れたとすると

$$発熱量kJ=100×4.19×(30-20)$$

という式で燃料の発熱量を測定することができます。この時、本来は排ガスなどで有効に活用できない水分の潜熱も流水に吸収されるため、測定できる発熱量は高発熱量になります。

1-2. ガスクロマトグラフ法

ガスクロマトグラフ法では燃料を燃焼させずに発熱量を測定します。

まず、ガスをカラムの中に通し、吸着度合い(親和性)の違いによって分離することによって成分を分析します。この時、使用されるキャリアガスはヘリウムや窒素などの不活性ガスです。

成分が分析できれば、それぞれのガスの固定の発熱量をかけ合わせれば混合ガスの発熱量を計算で出すことができます。ガスクロマトグラフの分離メカニズムについてはこちらの動画が分かりやすいので参考にしてください。

2. 液体燃料

液体燃料は主に次のものがあります。

  • 原油
  • ガソリン
  • ナフサ
  • 灯油
  • 軽油
  • 重油

2-1. ボンベ型熱量計

ボンベ型熱量計は内部で高圧酸素によって燃焼させ、水の温度上昇を測定することによって発熱量を測定します。

ユーカンス型と同様に測定できる発熱量は高発熱量になります。

【燃料】高位発熱量と低位発熱量の違いとは

ボイラー効率や燃料単価などを計算する場合には、各燃料が保有するエネルギーの値を使います。このとき、燃 ...

Sponsored Link

3. 固体燃料

固体燃料には主に次のものがあります。

  • 石炭
  • コークス
【燃料】石炭とコークスの違いは?

石炭とコークス、イメージはどちらも同じように思いますがいったい何が違うのでしょうか? 今回は石炭とコ ...

3-1. 燃研式自動熱量計

燃研式自動熱量計は液体燃料で用いたボンベ型熱量計と同様の装置になります。

高圧容器に燃料を入れ、高圧酸素で燃焼させます。内筒水の温度の上昇から熱量を計算することで高発熱量を計算します。

4. まとめ

  • 気体燃料にはユーカンス式とガスクロマトグラフがある
  • 液体燃料、固体燃料はボンベ型熱量計、燃研式自動熱量計

発熱量の測定は水の温度上昇を利用した方法が多いようです。

ガスクロマトグラフを用いて計算で算出する方法だけが特殊なので間違えないように注意しましょう。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

おすすめ通信講座

技術講座専門の『JTEX』

① 効率よく勉強して一発で合格したい。
② 試験勉強の仕方が分からない。
③ 順番に体系的に勉強したい。

という方は通信講座の『JTEX』がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

はじめまして。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。「エネ管.com」は、エネルギー管理士を ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-燃料

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.