制御弁

【制御弁】制御弁が動く仕組みとは?

更新日:

生産ラインの自動化には欠かすことの出来ない制御弁。今も多くの工場で、温度や圧力を一定にするために動いています。

工場の自動化が進む昨今では、手動でバルブを切り替えていたものに制御弁を導入して自動化するという事も多いのではないでしょうか?

今回は、制御弁がどのようにして動くのか。制御弁の仕組みについて解説してみたいと思います。

【制御弁】ポジショナーって何?原理は?

空気動式の制御弁を選ぶときには、必ずポジショナーのタイプも選ばなければいけません。 しかし、制御弁に ...

1. 制御弁とは?

制御弁は空気や電気の力でバルブの弁開度を調整することが出来る自動弁です。電動バルブを利用したオンオフ制御とは違い、微妙な開度調整を行うことができます。

温度センサー、圧力センサー、流量計と組み合わせて、それらを設定値通りに制御することができます。ほとんどの場合は、調整するスピードをP、I、Dの3つのパラメータで調整するPID制御が行われます。

空動式、電動式のそれぞれが動く仕組みについてみてみましょう。

【自動制御】PID制御とは?P、I、Dの意味と調整方法

流量、温度、圧力などの調整を行うために、いろいろな自動制御パターンがありますが、その中で最もよく使わ ...

2. 空動式の制御弁が動く仕組み

空動式はコンプレッサーで作り出した圧縮空気の力を借りて動かします。空気が入ると開き始めるものを逆動作、閉まるものを正動作と呼びます。

空動式の制御弁の頭には、ダイアフラムと呼ばれる金属の薄い板が入っており、ダイアフラムが圧縮空気によって湾曲する事で弁の位置を調整します。

供給する圧縮空気の量は、調節計から送られてくる電流信号によって調整します。この時、電流によって空気量を調整する機器をポジショナーといいます。

【制御弁】正動作と逆動作の違い、使い分けは?

制御弁を選定する際には、正動作か逆動作かを決めなければいけません。では、正動作と逆動作は一体何が違う ...

3. 電動式の制御弁が動く仕組み

電動式の場合は、電気の力を利用してモーターを回転させることで弁の位置を調整します。この時、どの程度まで開けるかというのは空動式と同様に調節計からの電流値によって決まります。

電気の力を回転トルクに変えて弁を動かす箇所をアクチュエータと言います。空動式が圧縮空気の力で上下に動くのに対し、電動式は回転して上下に動かすため、電動式の方が動きが緩慢になるという特徴があります。

【制御弁】電動式と空動式はどちらがいいの?

比例制御弁やオンオフ弁を選ぶとき、電動式と空動式のどちらがいいのかわからないことってありますよね? ...

続きを見る

4. まとめ

  • 空動式は圧縮空気の力でうごく
  • 電動式は電気とモーターでうごく
  • どちらも調節計からの電流信号で位置を決める

全てがこのような動きになるわけではありませんが、代表的な2種類の制御弁が動く仕組みについて解説しました。

皆さんも機会があれば、どんな原理で動いているのかじっくり見てみてはいかがでしょうか?



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-制御弁

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.