制御弁

【制御弁】タービンバイパス弁とは何か、役割、作動する状況とは

プラントの安定稼働を実現させる弁の1つにタービンバイパス弁があります。

この記事ではタービンバイパス弁とは何か、その役割や作動する状況について解説します。

タービンバイパス弁とは

タービンバイパス弁とは主蒸気から蒸気タービンをバイパスさせて直接復水器へ接続するラインに設置する制御弁のことを言います。タービンバイパス弁から主蒸気をバイパスさせ、復水器へ送ることを「蒸気を復水器へダンプする」といいます。

一般的にはタービンが何らかの事情によりトリップした場合に開弁させ、主蒸気配管の急激な圧力変動を抑えることを目的に利用されます。

簡易な図で表すと次のようになります。

バイパスされた主蒸気は復水器で冷却され、復水に戻された後、ボイラー給水として再利用されます。冷却された熱は冷却塔で冷やされ、大気に廃棄されます。

【制御弁】放蒸弁とは何か、役割、作動する状況とは

プラントを安定的に稼働させるために設置される制御弁の1つとして放蒸弁があります。 この記事では放蒸弁 ...

続きを見る

タービンバイパス弁を設けるメリット

タービンバイパス弁を設けることで次のようなメリットが得られます。

一次側の圧力が安定する

タービンバイパス弁を設け、一次側の圧力の変動を抑えることでボイラーの圧力を安定化させることが出来ます。

主な制御としては、一次側の圧力が設定圧力以上になると開弁するというのが一般的です。なお、放蒸弁も同様の役割を果たしますが、放蒸弁よりも先に作動させることで、大気に放蒸する量を減らします。

水を再利用できる

タービンがトリップした時、タービンバイパス弁を設けずに放蒸弁で蒸気を大気放出することでボイラーの圧力上昇を抑えることは出来ますが、その場合、放蒸した分の給水が必要になります。

ボイラーに給水できる水の量は上流側の水処理設備の能力により決まるため、これらの能力が不足する場合は放蒸できる蒸気の量を制限しなければいけません。

タービンバイパス弁を設ければ、バイパスさせた蒸気を復水として再利用できるので上流側の設備に負荷をかけることがなく運転を継続できます。

【流量計】瞬時流量と積算流量の違い、使い分けは?

流量計には様々な型式がありますが、その中でも大きく分けて瞬時流量を示すものと積算流量を示すものの2通 ...

続きを見る

タービンバイパス弁を設けるデメリット

一方、タービンバイパス弁を設けることで次のようなデメリットが出てきます。

復水器の負荷が上がる

本来、復水器はタービンで仕事をした蒸気を凝縮させるために利用するため、タービンバイパス弁を設けることで仕事をしていない主蒸気が流入することになり復水器の負荷が上がります。

これにより、復水器の必要な伝熱面積が大きくなる場合があります。

冷却塔の負荷が上がる

復水器で冷却された熱量は全て冷却塔で廃棄されるため、冷却塔の能力が不足すると冷却用の循環水温度が上昇していくこととなります。

これらを防止するために十分な能力を持った冷却塔を選定する必要があります。

設備のコストが上がる

上記のように、タービンバイパス弁を設置すると、弁が作動した場合を想定した機器選定が必要となるため、設備のコストが上がる可能性があります。

まとめ

  • タービンバイパス弁は主蒸気から蒸気タービンをバイパスさせて直接復水器へ接続するラインに設置する制御弁。
  • タービンバイパス弁の役割は一次側の圧力を安定させ、水を再利用すること。
  • タービンバイパス弁を設置することで、設備の負荷が上がり、イニシャルコストが上がる場合がある。

燃料を使って発生させた主蒸気に仕事をさせずに復水器で冷却すると考えると非常に無駄に思える設備ですが、タービンバイパス弁はプラントの安定稼働のためには必須となる場合がある弁の1つです。

制御弁

2022/12/2

【制御弁】タービンバイパス弁とは何か、役割、作動する状況とは

プラントの安定稼働を実現させる弁の1つにタービンバイパス弁があります。 この記事ではタービンバイパス弁とは何か、その役割や作動する状況について解説します。 目次タービンバイパス弁とはタービンバイパス弁を設けるメリット一次側の圧力が安定する水を再利用できるタービンバイパス弁を設けるデメリット復水器の負荷が上がる冷却塔の負荷が上がる設備のコストが上がるまとめ タービンバイパス弁とは タービンバイパス弁とは主蒸気から蒸気タービンをバイパスさせて直接復水器へ接続するラインに設置する制御弁のことを言います。タービン ...

ReadMore

制御弁

2022/11/27

【制御弁】放蒸弁とは何か、役割、作動する状況とは

プラントを安定的に稼働させるために設置される制御弁の1つとして放蒸弁があります。 この記事では放蒸弁とは何か、その役割や作動する状況について解説します。 目次放蒸弁とは放蒸弁の役割放蒸弁が作動する時負荷変動が大きいタービンのトリップが発生したボイラーの制御範囲を下回るまとめ 放蒸弁とは 放蒸弁とは蒸気を放出することで一次側配管の蒸気圧力を下げるために設置される制御弁です。 放蒸弁の一次側に圧力センサーを設置し、設定圧力以上になると放蒸弁が開度を調整しながら放出させる蒸気量を制御し、圧力を一定に保ちます。 ...

ReadMore

制御弁

2021/8/29

【制御弁】並列に設置する理由は?

大型の生産ラインなどを見ていると、制御弁が並列に数台設置されているのを見たことがないでしょうか? 制御弁は流量を自動で制御してくれるので、大きいものを1台つけておけば問題なさそうですが、あえて並列設置をしているのには理由があります。 今回は制御弁を並列設置する理由について解説します。こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 制御弁を並列設置する目的 制御弁を並列に設置するのは次のような理由からです。 制御性を上げる 立ち上げ速度を緩やかにする 制御弁を並列に設置する ...

ReadMore

制御弁

2021/8/31

【制御弁】Cv値の選定方法は?基準をまとめてみた

現場で制御弁の選定を行うとき、必ず出てくるCv値。詳しい原理はよく分からなくても、仕事で使っていると慣れてくるものだと思います。ですが、Cv値の選び方はいつも迷ってしまう方が多いのではないでしょうか? 今回はCv値の選定基準と、選定間違いをしてしまった際に生じる問題をまとめました。 目次Cv値とはCv値の選定方法流量・圧力差を確認するバルブCv値を選定するCv値の選定を間違えた場合選定したCv値が小さすぎた場合選定したCv値が大きすぎた場合まとめ Cv値とは バルブは配管サイズによって内径が当然変化します ...

ReadMore

制御弁

2021/9/2

【制御弁】イコールパーセント特性とリニア特性の使い分けは?

制御弁には、バルブの固有特性としてイコールパーセント特性とリニア特性、クイックオープン特性があります。 一般的には、イコールパーセント特性が使用されることが多いですが、流量特性のグラフを見るとリニアの方が分かりやすくていいように見えます。では、なぜイコールパーセント特性が使用されるのでしょうか? 今回は、イコールパーセント特性とリニア特性の違いや使い分けについて解説したいと思います。 目次イコールパーセント特性とリニア特性とは?イコールパーセント特性が利用される理由イコールパーセント特性とリニア特性の使い ...

ReadMore







  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。現在、5つのブログを運営中。毎月収益レポートを公開しています。是非、Twitterのフォローお願いします。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ講座

1

エネルギー管理士資格はもちろん独学でも取得できますが、ある程度の前知識がないと分厚い参考書を前に挫折 ...

2

2022年8月にSATのエネルギー管理士電気分野が公開されました。 早速教材内容や講義内容についてレ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-制御弁

© 2023 エネ管.com Powered by AFFINGER5