自動弁

【自動弁】電動弁カタログの電流値ってどういう意味?

更新日:

現場で使う電動弁のカタログを見て、「50VA」などの記載を見たことはありませんか?

ポンプならともかく、電動弁に電流が流れるって少し不思議な感じがしますよね。

今回は電動弁の仕組みと、電流値について解説したいと思います。

【ポンプ】電流値は何で決まる?高い時と低い時の違いは?

ポンプの異常を検知する際に、制御盤などに設置されている電流計の電流値を利用する場合があります。しかし ...

続きを見る

電動弁とは

電動弁は電動のモーターが回ることにより、開閉を調整するバルブのことを言います。

多くの場合、全開か全閉の2パターンのみを想定していますが、バルブ形状によっては中間開度の調整ができ、制御弁のような役割を持たせたものもあります。

電気で駆動するので、対応する電圧が100V、200V、24V、DC24Vなど様々あります。選定する際には、設置する場所の電源を間違えなく確認しておく必要があります。

電気を使うバルブで他に電磁弁がありますが、こちらはソレノイドに通電することで内部の電磁石を動かす(電磁誘導)仕組みを利用しているので、素早い開閉が可能な反面、力が弱いので大口径や高圧力帯では使えません。

電動弁は電磁弁に比べて動作が遅い反面、大口径・高圧力でも使用可能です。バルブのサイズが大きくなると当然、機器の重さも大きくなり、消費電力は大きくなります。

【制御盤】設備の電圧400V、200V、100V、24Vは何が違う?使い分けは?

電気機器を選定していると、同じ電動弁やポンプでも200V仕様と100V仕様があったりして、どっちを選 ...

続きを見る

電動弁の電流値

モーターを回すのに必要な電流値を指します。基本ですが消費電力は次の式で表されます。

$$W=V×A$$

W:電力、V:電圧、A:電流

電圧は設置場所によって決まりますが、電流は電動弁の開閉に必要な力(トルク)に影響されます。

先ほどは電動弁のサイズによって変わると書きましたが、正確にはバルブの上に接続されるアクチュエーターと呼ばれる機器(中にモーターが入っています)のサイズによって変わります。

サイズの大きなバルブには、大出力のアクチュエーターが設置されます。

あるメーカーのボールバルブ型電動弁だと、サイズ50A以下で65W、100A以下で120W、200A以下で280Wというアクチュータが標準として使用されていました。

なお電力表記にはVAとWの2種類が用いられています。ボルトアンペアVAは皮相電力といい、見かけの電力のことを指します。

ワットWはVAに力率(実際に有効に電気を使った割合)をかけることで計算される数値です。

電動弁選定の際には、選定したバルブの消費電力が、電気配線や制御システムの機器に対応した値か確認しておく必要があります。

あまりないとは思いますが、季節設備の入れ替えで選定バルブの配管口径が数倍になるような場合には、注意してください。

まとめ

  • 電動弁はモーターを回すために電力を消費する。
  • サイズが上がると消費電力も上がる。

電動弁の設置数が多いプラント・工場の場合、省エネルギーの観点からも消費電力を気にされてはいかがでしょうか。

2020/2/29

【自動弁】電動弁カタログの電流値ってどういう意味?

現場で使う電動弁のカタログを見て、「50VA」などの記載を見たことはありませんか? ポンプならともかく、電動弁に電流が流れるって少し不思議な感じがしますよね。 今回は電動弁の仕組みと、電流値について解説したいと思います。 目次電動弁とは電動弁の電流値まとめ 電動弁とは 電動弁は電動のモーターが回ることにより、開閉を調整するバルブのことを言います。 多くの場合、全開か全閉の2パターンのみを想定していますが、バルブ形状によっては中間開度の調整ができ、制御弁のような役割を持たせたものもあります。 電気で駆動する ...

ReadMore

2020/2/29

【自動弁】空動弁に電磁弁が必要な理由、電動弁との使い分けは?

空動弁を電気信号で開閉させるためには、圧縮エアと電磁弁が必要です。 空動弁を選定する際には電磁弁を付けるかどうかがオプションになっている場合がありますが、そもそもなぜ空動弁を動かすのに電磁弁が必要なのでしょうか? 今回は、空動弁の作動に電磁弁が必要な理由について解説してみたいと思います。 目次空動弁とは空動弁に電磁弁が必要な理由空動弁を選ぶ理由まとめ 空動弁とは 空動弁はエア式自動弁とも呼ばれ、圧縮空気の圧力で弁を開閉するバルブです。 自動弁の中では電気の力でモーターを用いて開閉を行う電動弁が一般的ですが ...

ReadMore

2020/3/8

【自動弁】自動弁に「スピコン」はなぜ必要?スピコンの役割とは

エア駆動の自動弁を選ぶ際に「スピードコントローラー」を付けるかつけないかというオプションがあると思います。 良く略して「スピコン」などと呼ばれます。 では、スピコンはなぜ必要になってくるのでしょうか? この記事では、スピコンとは何か?スピコンは何のために利用するのかについて解説していきたいと思います。 目次1. スピコンとは?2. スピコンはなぜ必要?3. まとめ 1. スピコンとは? スピコンはスピードコントローラーの略で、自動弁の開閉速度を調整することのできる部品です。 名前はかっこいいですが、機器自 ...

ReadMore

2020/3/8

【自動弁】リミットスイッチって何?何のために使うの?

自動弁を選ぶときにオプションで「リミットスイッチ」を付けるかどうかを選択できる場合があります。 ただ、初めて選ぶときには、何のためにリミットスイッチを付けないといけないのか分からないという方もいると思います。 この記事では、リミットスイッチとは何か?どんな時に利用するのか?について解説してみたいと思います。 目次1. リミットスイッチとは?2. リミットスイッチの使い方3. まとめ 1. リミットスイッチとは? リミットスイッチは、自動弁などに開閉信号を送った時に、そのバルブが機械的に本当に動いたかどうか ...

ReadMore



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-自動弁

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.