計測機器

【計測機器】pH計の原理、注意点について詳しく解説!

更新日:

水質管理のために使用されるpHセンサー。

産業分野の現場でも、ラボスケールの研究所でも使用されますよね。ありふれた機器だからこそ原理をしっかりと理解しておきましょう。

今回はpH計の原理や注意点について解説したいと思います。

pHとは

pHは日本語だと水素イオン指数と呼ばれ、水素イオンH+が溶液1Lに対し何モル存在しているかを表しています。

pH0から14まで分類され、7より小さい数字が酸性、7より大きい数字はアルカリ性を意味します。数字は10の累乗の数字を表していて、例えばpH7ならば水素イオン濃度は10-7mol/Lです。

pH計の原理

現場で使用されるpH計は、ハンディタイプのものや据え置きタイプのもの、または単機能のものや複数の水質因子を分析できるものなどあり、様々な商品が市販されています。

pH計のメジャーな測定原理としては、ガラス電極法が用いられています。

用いられる特殊な薄いガラスには、水素イオンを通す性質があります。2つの電極が用いられ、一つはガラス電極、もう一つは比較電極と呼ばれます。

ガラス電極は、ガラス膜の容器の中に既知のpH濃度の溶液が入っており、その中に電極が浮いている(ガラス壁面につかないように設置されている)構造をしています。

ガラス膜の内液と外液(つまりpHを測りたい溶液)の水素イオン濃度に差があると、水素イオンがどちらか低い方に移動し、その際に起電力が生じます

この起電力とpHは比例関係にあり、25℃の水の場合、起電力が59mV生じるとpHが1変化します。

発生した電位を正確に測るためには、比較対象が必要であり、電位の変化がない比較電極が用いられます。比較電極は、測定対象と接液させたり、セラミックで覆ったりして起電力が生じないようにしてあります。

わかりやすい動画がありましたので、こちらもご覧ください。

pH計の注意点

現場でモニタリングしていても、正しく使っていないと誤った情報を記録してしまいます。以下の注意点に心当たりがないか、確認してみてください。

温度補正ができているか

起電力とpHの関係は温度によって変化します。温度計による補正が機能しているか、温度計とpH計が同じ場所を測定しているか確認してください。

比較電極が接液しているか

製品によっては計測する棒の中の、ガラス電極と比較電極の高さが異なります。先端しか接液しておらず比較電極が溶液に接していないということがないようにしてください。

キャリブレーションしているか

標準液としてpH4とpH9の溶液がよく使われますが、メーカー基準の標準液を用いて2点調整もしくは3点調整(pH4、pH7、pH9での校正)を、メーカー指定の頻度で行ってください。

静電気が起きてないか

電極の水を拭き取る際に、擦ってしまうと静電気が発生し、測定エラーに繋がることがあります。

電極に異常がないか

表面が汚れている、電極内に気泡がある、ガラスが割れているなどの異常がないか、外観を確認してください。

導電率が低くないか

測定する溶液の導電率が低い場合には、低電気伝導率用の電極を用いることで改善できます。

強いアルカリ性ではないか

強アルカリ性の液体を計測するとき、比例関係が崩れ、起電力に対してpHが高く出る傾向があります(アルカリ誤差)。

まとめ

  • pHは水素イオンH+が溶液1Lに対し何モル存在しているか。
  • pH計の測定原理はガラス電極法。
  • 汚れや静電気に弱い、定期的な校正が必要。

注意点を理解した上で、pH計を有効に活用しましょう。

2020/8/2

【計測機器】シリカって何?シリカ測定器の原理と注意点

ボイラー水管理において計測項目の一つにシリカがあります。水の硬度が高い地域でボイラーを使用する場合は、シリカは注意すべきポイントの一つになります。 今回はシリカ計測器の原理について解説します。 チャンネル登録はこちら 目次シリカとはシリカ測定器の原理シリカ測定器の注意点計測時間がかかるセルやチューブの洗浄が必要まとめ シリカとは シリカとは二酸化ケイ素やケイ酸とも呼ばれる物質のことで、自然界には石英という鉱物として多く存在します。また乾燥剤でお馴染みのシリカゲルは、文字通りシリカをゲル化したものです。 欧 ...

ReadMore

2020/8/2

【計測機器】溶存酸素って何?溶存酸素計の原理や注意点は?

ボイラーの水処理を考えるときに「溶存酸素」という言葉を聞いたことはありませんか? ものづくりの現場において、連続監視が必要とされるユーティリティや製品は、その計測器の仕組みについてもよく理解しておくほうが良いでしょう。 今回はボイラー水質基準の一つである溶存酸素について、測定器の原理と注意点を解説します。 チャンネル登録はこちら 目次溶存酸素とは溶存酸素計の原理ポーラログラフ式ガルバニックセル式溶存酸素計の注意点校正が必要流速が必要気泡に注意温度補正まとめ 溶存酸素とは 溶存酸素とは水に溶け込んでいる酸素 ...

ReadMore

2020/2/29

【計測機器】導電率とは?導電率計の原理や注意点について

ボイラーの水質管理をはじめ、産業分野でも水質はよく見られる指標の一つです。 今回は含まれる金属イオン濃度の指標としても使われる導電率やそれを測定する導電率計の原理と注意点について解説します。 目次導電率とは導電率計の原理電極式電磁式導電率計の注意点温度が一定か電極に異常がないか校正しているかまとめ 導電率とは 導電率は、電気伝導度や伝導率などとも呼ばれる、溶液中の電気の流れやすさを表す度合いです。 単位はS/m(ジーメンス毎メートル)を使います、なおSは電気抵抗Ωの逆数です。 名称は19世紀のドイツ人電気 ...

ReadMore

2020/2/29

【計測機器】pH計の原理、注意点について詳しく解説!

水質管理のために使用されるpHセンサー。 産業分野の現場でも、ラボスケールの研究所でも使用されますよね。ありふれた機器だからこそ原理をしっかりと理解しておきましょう。 今回はpH計の原理や注意点について解説したいと思います。 目次pHとはpH計の原理pH計の注意点温度補正ができているか比較電極が接液しているかキャリブレーションしているか静電気が起きてないか電極に異常がないか導電率が低くないか強いアルカリ性ではないかまとめ pHとは pHは日本語だと水素イオン指数と呼ばれ、水素イオンH+が溶液1Lに対し何モ ...

ReadMore

2020/5/14

【温度センサー】ダブルエレメントとは?メリットデメリットについて

温度センサーを選ぼうとするときに「ダブルエレメント」という言葉を聞いたことがありますか? ダブルエレメントタイプはセンサーから取得した値を複数の信号として入出力する場合には非常に便利です。 今回はダブルエレメントの特徴とメリットについて解説します。 目次ダブルエレメントとはダブルエレメントのメリットとデメリットまとめ ダブルエレメントとは エレメントとは光学素子のことを意味しますが、温度センサーにおいては感温部の部品を指します。 通常のセンサーは1機器で1箇所の温度を測定します(シングルエレメントと呼ばれ ...

ReadMore



工業技術の資格を取るなら!通信講座の『SAT』

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。工業技術系の資格取得を目指すならコストパフォーマンスの高いSATの通信講座がおすすめです。 全ての講座一覧はコチラ

シンプルで分かりやすいテキスト『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

100時間の講義動画付き『第三種電気主任技術者講座』

電気の基礎を本質的なところから徹底的に解説してもらえます。分厚いテキストを開かなくても見るだけで勉強になるのでモチベーションの維持がしやすいです。

特に電気に苦手意識があるという方におすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-計測機器

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.