ボイラー

【ボイラー】廃熱ボイラーとは?熱源は何を使う?

更新日:

工場や事業所の省エネを考えるとき、熱源の変更はテーマの一つとして上がります。

条件が合えば、廃熱ボイラーを検討に入れるのがよいかもしれません。今回は廃熱ボイラーとは何かについて解説していきます。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

廃熱ボイラーとは

大型プラントでは製鉄、石油化学品精製などで非常に高い温度(例えば製鉄なら炉内の温度が2000℃を超えます)が必要とされます。

燃焼後に出てきたガスは、高温を維持しながらも使うことはできないため、放熱した上で排気します。こうした排気ガスを熱源に、蒸気を作り出すボイラーを廃熱ボイラーと呼びます。

また大型事業所のみならず、ゴミ焼却施設などから出る排気熱も廃熱ボイラーに有効利用することができます。

そのため廃熱ボイラーと一口に言っても、蒸発量が数百キロ(kg/h)のものから数十トンのもの、型式も煙管タイプや貫流タイプと様々です。

余談ですが、「廃熱」と「排熱」に明確な定義はなされてないです。辞書によっては片方しか掲載していないものもありました。

経産省の資料を見ていると、捨てるだけを指す時に「排熱」、回収して管理・再利用する文脈では「廃熱」が使われています。

廃熱ボイラーの熱源

廃熱ボイラーにはどんな熱源が適応できるのでしょうか。いくつかご紹介します。

コークス

石炭を蒸し焼きにした燃料で、製鉄や燃料用などに用いられます。冷却時に出るガスを廃熱ボイラーに供給することで、蒸気を得ます。国内の製鉄所では大部分を蒸気や電力として回収しているそうです。

石油化学製品

石油や天然ガスを精製する際に、残余ガスが発生します。その熱を有効利用するために廃熱ボイラーが用いられています。発生させた蒸気は熱源として事業所内で使われることが多いです。

硫黄

硫黄化合物はゴム製品や医農薬など多くの化学製品に使われており、原料となる硫黄の精製には廃熱ボイラーが使用されています。排ガス中に腐食性物質(硫黄酸化物)に強いタイプの廃熱ボイラーもあります。

ゴミ

街のゴミ焼却施設でも廃熱ボイラーは用いられています。ゴミを高温で焼却することで、匂いの成分を分解することができます。ゴミ処理施設で発生した蒸気を用いて発電し、売電しているところもあります。

バイオマス

木材チップや、製紙工場で生まれる黒液、食品工場で廃棄される油を含んだ廃液などを熱源にすることができます。

ボイラーで扱えるように処理する手間がかかりますが、廃液処理のコストを考えると、燃やして熱を回収する方がメリットがあります。

こちらは上記の3つの例と比べても、検討の余地がある事業所が多いのではないでしょうか。

経産省のwebサイトに参考になるページがありました。こちらも読んでみてください。

参考:資源エネルギー庁 再生可能エネルギー

【ボイラー】バイオマス発電って何?メリット、デメリットや発電効率は?

間伐材や資源ごみなどのバイオマス燃料を使用して発電を行うことをバイオマス発電と言います。 この記事で ...

続きを見る

まとめ

  • 別の用途で使われて捨てられる熱源を利用したものが廃熱ボイラー。
  • コークス、硫黄、ガスなど様々なものが熱源として利用される。
  • バイオマスなど中小規模事業所においては廃熱ボイラーの新規検討の余地がある。

製造工程で大量の廃熱が発生する場合は、多くの事業所で廃熱ボイラーが導入されています。

是非、廃熱ボイラーを見かけた場合は、何を熱源としているのかに注目してみてください。

ボイラーについては他にも記事があるのでこちらもあわせてどうぞ。

2020/2/25

【ボイラー】廃熱ボイラーとは?熱源は何を使う?

工場や事業所の省エネを考えるとき、熱源の変更はテーマの一つとして上がります。 条件が合えば、廃熱ボイラーを検討に入れるのがよいかもしれません。今回は廃熱ボイラーとは何かについて解説していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次廃熱ボイラーとは廃熱ボイラーの熱源コークス石油化学製品硫黄ゴミバイオマスまとめ 廃熱ボイラーとは 大型プラントでは製鉄、石油化学品精製などで非常に高い温度(例えば製鉄なら炉内の温度が2000℃を超えます) ...

ReadMore

2020/2/27

【ボイラー】水管ボイラーについて詳しく解説!小型貫流ボイラーとの関係は?

エネルギー管理士の勉強をしていると、「丸ボイラー」と「水管ボイラー」という言葉が出てきますが、「仕事でいつも聞く名称と違うな?」と思った方はいませんか? 今回は水管ボイラーの特徴と種類について解説します。 目次水管ボイラーとは水管ボイラーの特徴水管ボイラーの種類自然循環ボイラー強制循環ボイラー貫流ボイラーまとめ 水管ボイラーとは 最初にタイトルについてお答えしておくと、多くの現場で使われている小型貫流ボイラーは、水管ボイラーと呼ばれる分類の中の1つです。 ボイラーについては大きく2つの種類に大別されます。 ...

ReadMore

2020/2/29

【ボイラー】電気ボイラーとは?メリット・デメリットについて解説!

ボイラーについて調べていると、「電気ボイラー」なるものが出てきます。 「これ燃料使わないの?」とびっくりされるかもしれませんね。今回は国内でもいくつか取り扱いのある、電気ボイラーについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次電気ボイラーとは電気ボイラーのメリットコンパクト低燃費低騒音工事費削減電気ボイラーのデメリット容量が小さい電気代が高いまとめ 電気ボイラーとは 電気ボイラーとは、燃料を使わず電気による加熱を ...

ReadMore

2020/2/27

【ボイラー】炉筒煙管ボイラーのメリット、デメリットとは?

ボイラーの代表的な種類の一つに「炉筒煙管ボイラー」があります。 最近では、新たに入れることの少なくなったものですが、今回は炉筒煙管ボイラーのメリットやデメリットについて解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次炉筒煙管ボイラーとは炉筒煙管ボイラーのメリット炉筒煙管ボイラーのデメリットまとめ 炉筒煙管ボイラーとは 炉筒煙管ボイラーとは、水を入れた円筒の中に煙管を複数通し、燃焼室のガスを通すことで蒸気を発生させるボ ...

ReadMore

2020/2/27

【ボイラー】温水ボイラーと給湯器の違いって何?

燃料を燃焼させて、水に熱を伝え、温水を作る装置に温水ボイラーや給湯器があります。温水ボイラーと給湯器は用途が同じなので、何が違うのかわからないという方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんな疑問を解消するため、温水ボイラーと給湯器の違いについて解説してみたいと思います。 目次温水ボイラーとは給湯器とは温水ボイラーと給湯器の違いまとめ 温水ボイラーとは 温水ボイラーとは、燃料を燃焼させて温水を作る装置です。 ボイラーの定義は「燃料を燃焼させる燃焼室と熱を伝える熱交換器がある装置」ということになるので、温 ...

ReadMore



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-ボイラー

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.