通信講座

【資格】エネルギー管理士の勉強は無意味?取ってみた感想について

エネルギー管理士の資格を取得するための勉強には、多くの時間と費用がかかります。

勉強しているとそのしんどさから「この資格を取っても無意味なんじゃないか」と思うことも多いのではないでしょうか。

この記事では、エネルギー管理士の勉強が無意味と感じる理由と資格を取得する意義について解説します。

エネルギー管理士の勉強が無意味と感じる理由

エネルギー管理士の勉強が無意味と感じる理由には、次のようなものがあります。

実務で使わない範囲がある

エネルギー管理士の試験では、普段の仕事内容にもよりますが実務に直接関係しない知識や範囲も多く含まれています。

このため、試験勉強の際に多くの時間と労力を費やしても、実際の業務でその知識を活用する機会が少ないと感じることがあります。特に現場での実践的なスキルが重要視される職種では、このギャップが大きく感じられることがあります。

試験勉強に時間がかかる

エネルギー管理士に合格するために必要な勉強時間は300~600時間程度と言われており、1日1~2時間、週に数日の勉強で、半年から1年以上かけて準備することが一般的です。

仕事や家庭の事情で時間が限られている中、試験勉強に集中するのは難しく、そのために他の重要な活動や仕事が疎かになることがあります。この負担感が「無意味」と感じる一因となります。

合格しても免状がもらえない

エネルギー管理士試験に合格した後、免状を取得するためには合格証明の他に実務経験の証明が必要です。

実務経験はボイラーや工業炉など、エネルギーを大量に使用する設備の維持や管理に関する業務を指しますが、普段そのような仕事をされていない場合は免状の交付を受けられない場合があります。

試験に合格しても免状がもらえないのであれば受験する意味がないと感じる方もおられるかと思います。

エネルギー管理士免状の交付申請に関するQ&A(外部リンク)

受験の費用が高い

エネルギー管理士の試験を受けるためには、受験料や教材費、さらに講習会の参加費などが必要となります。

これらの費用は決して安くなく、個人や企業にとって経済的な負担となります。特に、受験料が高額であるため、合格できなかった場合のリスクが大きく「無意味」と感じる原因になります。

エネルギー管理士の有用性

一方でエネルギー管理士の資格には、専門的な知識が身につくことや転職活動で有利になることなど多くの有用性があります。

専門的な知識が身に付く

エネルギー管理士の資格取得に向けた勉強を通じて、熱力学、センサーの原理、設備の概要など、工場やプラントに関する幅広い知識を習得することができます。

業務経験が浅いうちは範囲が広く感じるかもしれませんが、実際には全体の浅く広い基礎的な知識が問われていることが多く、試験勉強で得た知識を全く使わないということはありません。

エコおじい
私の場合は、同じ職場で取得している人が非常に多く、持っていることが前提条件のようになっています。

転職活動で役に立つ

エネルギー管理士の資格は、エネルギー管理に関する専門知識を有している証として、転職市場で高く評価されます。

特に、エネルギー効率の改善やコスト削減が求められる企業では、この資格を持つ人材が非常に重宝されます。そのため、転職活動においては他の応募者と差別化を図る強力な武器となり得ます。

【業界研究】プラント業界とは?詳しく徹底解説します

続きを見る

エネルギー管理士の勉強を効率良く進める方法

エネルギー管理士の資格取得を目指すためには、効率的な学習方法を取り入れることが重要です。理解しやすい参考書の利用や過去問を中心にした学習、内容の濃い参考書での補完、通信教育の活用など、様々な方法があります。

勉強を効率的に進めるためには次のような流れがおすすめです。

理解しやすい参考書を読む

エネルギー管理士の試験範囲は広いため、理解しやすい参考書を選ぶことが重要です。

分かりやすい解説や具体例が豊富な参考書を使うことで、効率的に知識を身につけることができます。特に初心者にとっては、難解な内容を噛み砕いて説明してくれる参考書が役立ちます。

過去問を中心に学習を進める

過去問を解くことで、試験の出題傾向や重要なポイントを把握することができます。

また、実際の試験形式に慣れることができ、時間配分や解答のコツを掴むことができます。過去問を繰り返し解くことで、効率的に合格を目指すことが可能です。

内容の濃い参考書で補完する

基礎的な参考書だけではカバーしきれない部分を補完するために、内容の濃い専門書を併用することが有効です。

これにより、深い理解が必要な分野や最新の技術についてもしっかりと学ぶことができます。複数の参考書を使い分けることで、学習の幅を広げることができます。

通信教育を活用する

通信教育を利用することで、自宅や通勤中に効率的に勉強を進めることができます。動画講義やテキスト教材、模擬試験などを活用することで、自分のペースで学習を進めることができます。

また、プロの講師から直接指導を受けることで、疑問点を迅速に解決することができます。

【エネルギー管理士】失敗から学んだおすすめ勉強法と参考書

続きを見る

まとめ

エネルギー管理士の資格取得に向けた勉強には多くの時間と労力が必要ですが、専門的な知識の習得や転職での優位性など、多くのメリットがあります。

効率的な学習方法を取り入れることで、効果的に資格を取得することができます。

エネルギー管理士の勉強が無意味だと感じたら、資格を取得した後の未来を想像しながら、学習計画を見直してみてはいかがでしょうか。

【資格】エネルギー管理士が難しすぎると感じる原因とおすすめ勉強法

続きを見る







  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。「工業技術をどこよりも分かりやすく解説する」をテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。現在、5つのブログを運営中。毎月収益レポートを公開しています。是非、Twitterのフォローお願いします。



効率的に技術系資格取得を目指す方必見!当サイトおすすめの通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが最も重要です。

参考書だけでは分かりにくいという方には、全て解説動画で学べるSATの通信講座がおすすめです。日々の通勤時間など隙間時間を利用して無理なく効率的に学習を進めることが出来ます。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士』

エネルギー管理士の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

他社と比較すると価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

熱分野レビュー 電気分野レビュー 他社との比較

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

電験三種レビュー 他社との比較

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

-通信講座

エネ管.comをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

© 2024 エネ管.com Powered by AFFINGER5