発電機

【発電機】AQR制御とは何か。原理や目的を解説します。

発電機の運用において、無効電力の制御は非常に重要です。発電機の無効電力を制御するために使用されるのがAQR(自動無効電力調整装置)です。

本記事では、AQRの基本的な仕組みとその制御原理、導入する目的について解説します。

AQRとは

AQRとは、自動無効電力調整装置のことで発電機の無効電力出力が設定した値(Var)になるように、界磁電流を制御します。

例えば、受電端のAQR制御とは、受電端の無効電力を設定した値に調整することを意味します。

発電機の制御にはAQRの他にもAPFR(自動力率調整装置)やAVR(自動電圧調整器)などがあり、状況に応じて切り替えて運用されます。

AQR制御の原理

AQRによって無効電力が制御できる原理は、同期発電機の特性によるものです。

具体的には、励磁電流を強めると電気子から遅れ電流が流れ、励磁電流を弱めると進み電流が流れるという特性(V特性曲線)を用いて、励磁電流を調整することで無効電力を調整します。

このため、励磁電流により無効電力を制御できる同期発電機は、進相コンデンサや分路リアクトルと同様に、受電端の力率を調整する同期調相機としても利用されます。

【電力】進相コンデンサって何?仕組み、役割は?

続きを見る

AQR制御の目的

AQR制御の目的は、同期発電機の無効電力を制御することで、発電所の送電端の力率を1に近づけることです。

発電所内では、ポンプやファンなどの誘導性負荷により無効電力が消費されます。

これに対して、発電機が生み出す無効電力を釣り合わせることで、送電端の力率を1に近づけることが可能となります。力率が1に近づけば、負荷で消費されない無効電流を減らすことができるため、電力損失を抑えることができます。

まとめ

  • 発電機のAQRとは無効電力を調整する装置
  • 同期発電機の励磁電流を調整することで無効電力を制御できる
  • AQRにより無効電力を調整することで送電端の力率を1にできる

発電機の制御は感覚的に理解しにくいものも多いですが、目的を理解して状況に応じた制御方式を選択しましょう。







  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。「工業技術をどこよりも分かりやすく解説する」をテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。現在、5つのブログを運営中。毎月収益レポートを公開しています。是非、Twitterのフォローお願いします。



効率的に技術系資格取得を目指す方必見!当サイトおすすめの通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが最も重要です。

参考書だけでは分かりにくいという方には、全て解説動画で学べるSATの通信講座がおすすめです。日々の通勤時間など隙間時間を利用して無理なく効率的に学習を進めることが出来ます。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士』

エネルギー管理士の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

他社と比較すると価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

熱分野レビュー 電気分野レビュー 他社との比較

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

電験三種レビュー 他社との比較

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

-発電機

エネ管.comをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

© 2024 エネ管.com Powered by AFFINGER5