転職

【転職】同業界、異職種転職のメリットデメリットについて

新卒で会社に入社して3~5年以上経ち、仕事もある程度出来るようになってくると、転職を意識し始めるという方も多いのではないでしょうか?

実際に転職は自身の仕事の幅を広げたり、収入を上げるのにとても有効な手段ですが、メリットが大きい反面、しんどいことも多くあります。今回は、実際に同業界異職種の転職を経験した自分が転職をして感じたメリットデメリットについてまとめてみたいと思います。

これから転職を考えているという方に是非、参考にしていただければ嬉しいです。

自分の転職の目的

私自身の転職の目的は主に次の3つでした。

  • 業務領域を広げたい
  • 規模の大きい仕事がしたい
  • 給料を上げたい

仕事で求められる業務領域や案件の規模は所属する会社の規模で決まってしまうので、業務領域や案件規模を拡大させるためには転職によって会社を変える必要がありました。

実際に転職してみるとこれは明らかで、同じ業界と言えども求められる能力や知識はかなり変わり、案件規模も何十倍にもなっているので当初の目的は達成されています。

最後の「給料を上げたい」については、残業代で大きく上がりましたが基本給が上がったわけではないので何とも言えない感じです。それでも額面で言えば100万円ほどは上がりそうです。

転職して感じた転職のメリット

まず、実際に転職して感じたメリットは次の3つです。

急成長できる

転職することで新たな分野の知見が日々入ってくるので急成長できます。

イメージとしては「その国の言葉が何も分からない状態で異国に放り込まれて、なんとしてでも理解しないと生きていけない」という状態に近いです。ストレスはかかりますが、これまでと違う分野の知識を吸収するには最高の環境だと言えます。

同じ会社にいる状態で別分野の勉強をしようと思うと休日を使うことになりますが、会社そのものを変えてしまえば業務時間中もその分野の知識が求められるので習得効率は圧倒的に上がります。

どこでも働けるという自信が付く

一度でも転職をしたことがある方なら共感してもらえると思いますが、日々の仕事にはその会社特有で他社では使えないスキルとどこに行っても通用するスキルの2種類あります。

一度転職を経験すると、前職の経験で活きたこととそうでなかったことが明確に分かるので、何を意識して働けば他社でも通用する人材になれるのかが体感的に分かるようになります。

一度転職したことで、同業界であればまた転職してもある程度のパフォーマンスは出せるという自信が付きました。

別の角度から物事が見れる

二社経験したことで、物事の見方が会社によって全く変わることが分かりました。

例えばメーカー時代は売る側にいたので「どうすれば信頼されるか、どうすればいい提案ができるか」を考えながら働いていましたが、買う側に回ると色々なメーカーが日々提案に来ることになるので逆の立場から物事を見ることができます。

企業が変われば関わる人との関係性も全く変わるので、別の角度から世の中を見ることが出来るようになります。

転職して感じた転職のデメリット

転職してしんどいと感じたポイントについてまとめます。

社内の立場が低くなる

転職することでこれまでの仕事の実績や信頼がなくなるので、社内の立場は一気に低くなります。

例えば、前職では自分の意見が通った場面でも同じ意見でも聞いてもらえなかったりします。また、異職種の場合は新卒で入社した同年代に比べ経験も劣るので比較対象が数年下の世代と同等になることもあります。

エコおじい
年功序列色の強い会社では少しでも早く入社して経験年数を伸ばすのが一番いいですね。

出世は遅くなる

上と同じ理由ですが、新卒者の多い企業の場合は年次が重要視されるので中途で入社すると出世は明らかに遅れます。ただ、これは中途で入った人が役職付に多い企業もあるので一概には言えません。

その会社で出世したい場合は中途入社者がどのぐらい役職付きにいるのかなどを確認しておいたほうがいいですね。

人間関係がリセットされる

良くも悪くも人間関係がリセットされるので、また働いている人の顔と名前を覚えるところからスタートすることになります。

転職して感じましたが、同じ組織の人同士が食事の時にする会話ってほとんど社内事情ですよね。それも最初は全くついていけないので中々しんどく感じます。人間関係がリセットされるのも転職してしんどいと感じたことの一つです。

転職を考えている人に伝えたいこと

ここからはこれから転職をしようかどうか迷っている人に伝えたいことです。

収入だけが目的の転職はしんどい

転職は同業界同職種であればそこまでかもしれませんが、異業種や異職種の場合は結構しんどいことも多いです。

自分の場合は、転職することで情報発信のネタが増えるので、収入アップはおまけのような感じでしたが、収入のみを目的に転職するとしんどさの方が勝るかもしれません。収入以外でも達成したいことがどれぐらいあるかをよく考えたうえで転職先を選ぶのがいいかなと思います。

得るものも大きいが失うものも大きい

転職して思うのですが、会社が違えばできる仕事の内容は全く変わります。自分の場合は案件の規模が大きくなったので以前の会社で「こんな仕事ができるのが理想」とされていたことが当たり前のように行われていて驚きました。

企業は事業の規模や得意分野によって仕事が限定されますが、労働者は転職すれば企業を移ることが出来るので実質できない仕事はありません。ただ、転職は決してキラキラしたものではなく、仕事内容や肩書が変わるだけでやるべきことをきっちりこなすという労働自体は同じです。

得るものが大きい分、失うものも大きいのでそれらを天秤にかけて決めるのがいいかなと思います。

年齢は本当に重要

これも転職して感じたことですが、同業界でも異職種の場合は年齢を意識したほうがいいです。というのも入社してしまえば、どうしても同年代と比較されることになるので年齢が上がれば上がるほど経験の差が大きくなります。

異職種の場合は同業界といえども本当の即戦力にもなれないのである程度猶予期間が必要です。なので年齢的に20代後半から30代前半が限界に感じます。やりたいことがあるのなら自分の年齢も視野に入れて動くのが良さそうです。

達成したいことがあるなら動くべき

転職はデメリットも大きいですが何かしら達成したいことがある場合は動くべきだと思います。

今の時代、普通に生きてたら何十年も働くことになるので、やりたいことがあるなら少しでも早めに動くのがいいですね。動くだけ動いてだめでも特に失うものがないのも転職のいいところです。

まとめ

転職のメリット

  • 急成長できる
  • どこでも働けるという自信が付く
  • 別の角度から物事が見れる

転職のデメリット

  • 社内の立場が低くなる
  • 出世は遅くなる
  • 人間関係がリセットされる

転職のメリット、デメリットについてまとめてみました。

もちろんこれら以外にも人によっては勤務地が限定出来たり、休日を増やせたり人間関係を改善出来たりと別の目的があると思うので、転職の目的をよく考えた上で実際にするかどうかを決めるのが重要ですね。

転職

2021/8/11

【転職】同業界、異職種転職のメリットデメリットについて

新卒で会社に入社して3~5年以上経ち、仕事もある程度出来るようになってくると、転職を意識し始めるという方も多いのではないでしょうか? 実際に転職は自身の仕事の幅を広げたり、収入を上げるのにとても有効な手段ですが、メリットが大きい反面、しんどいことも多くあります。今回は、実際に同業界異職種の転職を経験した自分が転職をして感じたメリットデメリットについてまとめてみたいと思います。 これから転職を考えているという方に是非、参考にしていただければ嬉しいです。 目次自分の転職の目的転職して感じた転職のメリット急成長 ...

ReadMore

転職

2021/8/30

【業界研究】プラントエンジニアのデメリット7選

これからプラント業界への就職や転職を考える方にとって、本当に自分がプラントエンジニアとしてやっていけるのかは気になるポイントかと思います。 今回は、実際に私がプラントエンジニアとして働いて感じた7つのデメリットについて解説したいと思います。メリットについても解説しているので、両方読んだうえで今後の参考にしていただければと思います。 目次プラントエンジニアの7つのデメリット現場に行く機会が少ない時期によると激務になる長期出張がある外注が多い独立しにくい一人前までの期間が長い調整業務が多いまとめ プラントエン ...

ReadMore

転職

2021/8/29

【業界研究】プラントエンジニアとして働く7つのメリット

これからプラント業界への就職や転職を考える方にとって、プラントエンジニアとして働けばどんなメリットがあるのかはとても気になるポイントではないでしょうか? 今回は、プラント機器メーカーからプラントエンジニアに転職した私が実際に働いてみて感じるプラントエンジニアとして働く7つのメリットについて解説したいと思います。 そもそもプラント業界って何?という方はこちらの記事をご覧ください。 デメリットについてはこちらの記事にまとめています。 目次プラントエンジニアとして働く7つのメリット幅広い製品知識が得られる都会で ...

ReadMore

転職

2021/7/26

【徹底解説】プラント業界が激務と言われる7つの理由

「プラント業界は激務」と言われることがありますが、プラント業界へ就職や転職を考えている方にとって「本当に激務なのか」は気になるテーマだと思います。 そこで今回は実際にプラント業界で働く私が「プラント業界は激務なのか?また、なぜ激務と言われるのか?」について解説したいと思います。 エコおじいプラント業界といっても色々な会社があるので、今回はプラントを建設する会社(EPC)のことをプラント業界としています。 そもそもプラント業界とは何かについてはこちらの記事をご覧ください。 目次プラント業界は激務なのか?プラ ...

ReadMore

転職

2021/8/30

【業界研究】プラント業界とは?詳しく徹底解説します

「プラント業界」と聞くとどんな企業を思い浮かべますか? ほとんどの方は、プラントを建設する企業というイメージかもしれませんが、実はそれ以外にも様々な職種が含まれます。 この記事では、実際にプラント業界で長年働いている私がプラント業界への就職や転職を考えている方に向けて、プラント業界とは何かについて詳しく解説したいと思います。 こんな方におすすめ プラント業界のことを詳しく知りたい。 プラント業界に就職、転職したい。 プラント業界への適正を知りたい。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいと ...

ReadMore

\Youtubeチャンネルやってます!/

ブログ記事を元にした見るだけで1つ賢くなれる動画が300本以上!
月に5本程度のペースでアップしていくのでチャンネル登録お願いします!

チャンネル登録はコチラ

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士資格はもちろん独学でも取得できますが、ある程度の前知識がないと分厚い参考書を前に挫折 ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-転職

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5