電力

【電力】太陽光発電の原理を徹底解説します

最近よく目にするようになった太陽光発電ですが、太陽電池が太陽の光から電気を取り出す原理は結構複雑です。

今回は、太陽光発電の原理について解説したいと思います。

太陽光発電とは

太陽光発電は太陽の光を半導体で出来た太陽電池モジュールに当てることにより、発電を行う方式です。

2012年より始まった固定価格買取制度(FIT制度)で電力の買取価格が一定になったことから一気に普及が広がっています。

太陽光パネルと設置するだけで電気を取り出せるので非常に簡易ですが、気候条件により発電出力が左右されるなどのデメリットもあります。

太陽光発電の原理

太陽光発電は次のような原理により発電を行います。

  1. p型半導体とn型半導体を接合する
  2. 正孔と自由電子が移動し空乏層が出来る
  3. 空乏層に太陽光を当てると電子が伝導帯に移動(内部光電効果)
  4. 内蔵電界によって自由電子と正孔が移動
  5. 半導体間に起電力が生まれる(光起電力効果)

それぞれを詳しく見ていきます。

p型半導体とn型半導体を接合する

半導体の原料となるSi(ケイ素)は価電子が4つで次のように共有結合をしており、自由に動ける電子がないので電気伝導性はほとんどありません。

 

ここに、価電子を3つ持つB(ホウ素)を少量添加(ドープ)すると、共有結合の一つがはずれ空席が現れます。この空席をホールといい、ホールが移動することで電気を通すことが出来るようになります。

このような半導体をp型半導体と言います。

 

一方、添加(ドープ)するものを価電子を5つ持つP(リン)にすると、電子が1つ余ることになり、自由電子として動くことが出来るので、同様に電気を通すことが出来るようになります。

このような半導体をn型半導体と言います。

このp型半導体とn型半導体を接合したものが太陽電池となります。

正孔と自由電子が移動し空乏層ができる

p型半導体とn型半導体を接合すると、拡散現象により正孔はn型半導体側へ、自由電子はp型半導体側へ移動します。

これにより、境界面でそれぞれが結合し、接合面付近に正孔や自由電子などのキャリヤが存在しない空乏層(くうぼうそう)という領域が生まれます。

自由電子が移動してきたp型半導体側の空乏層は自由電子が過剰になることで負に帯電し、正孔が移動してきたn型半導体側の空乏層は正孔が過剰になることで正に帯電します。これにより内蔵電界が発生します。

半導体に太陽光を当てると電子が伝導帯に移動(内部光電効果)

ここで、半導体に太陽光を当てると光エネルギーにより価電子帯に存在していた電子が伝導帯へ移動します。もともと価電子帯の電子がいたところは空席になるので正孔に変わります。

これは、電子には価電子帯、禁制帯、伝導帯というエネルギー帯があり、禁制帯を飛び越えるだけのエネルギーを与えられると、エネルギーの高い領域に移動するというバンド構造の考え方です。

通常の半導体であればエネルギーを与えて電子が伝導帯に移動しても、一定時間が経てばエネルギー的に安定な価電子帯に戻ります。

エコおじい
この戻るときに発光する現象を利用したものがLEDですね。

内蔵電界によって自由電子と正孔が移動

pn接合をした半導体に太陽光を当てると、先程の理屈で自由電子と正孔が多数現れます。これが空乏層に発生した内蔵電界によって自由電子はn型半導体側に正孔はp型半導体側に振り分けられます。

エネルギーは低い方が安定しますが、p型半導体とn型半導体のエネルギー帯は空乏層でスロープ構造になっており、p型半導体の方が電子のエネルギーが高くなっています。ここで、下の図は電子のエネルギーを上向きに書いているので、正孔としては電子とは反対に上に行くほどエネルギーが低くなることに注意が必要です。

要は、通常の半導体結晶であれば太陽の光を当てたところで発電は出来ませんが、p型半導体とn型半導体を接合することにより特殊な性質を持ち、太陽の光から電気を取り出せるようになるというわけです。

ちなみに、フェルミ準位は電子が50%の確率で存在するエネルギー帯を表しており、p型半導体では自由電子は少ないので価電子帯に近いところにありn型半導体側では伝導帯に近いところにあります。

半導体間に起電力が生まれる(光起電力効果)

自由電子と正子が振り分けられることでp型半導体とn型半導体の間に電位差が生まれるので、これに負荷を繋げば電子が流れ電力を得ることが出来ます。

これにより太陽の光が当たり続ける限りは電気をうみだせる仕組みが出来ます。

まとめ

太陽光発電の原理は次のような流れになります。

  • p型半導体とn型半導体を接合する
  • 正孔と自由電子が移動し空乏層が出来る
  • 空乏層に太陽光を当てると電子が伝導帯に移動(内部光電効果)
  • 内蔵電界によって自由電子と正孔が移動
  • 半導体間に起電力が生まれる(光起電力効果)

太陽電池に関わらず、ダイオードなど半導体を利用したものにはこのpn接合が多く使われています。

最初は難しく感じますが、理屈が分かればどれも同じような仕組みで動くので理解しやすいかと思います。是非、一つ一つ丁寧に理解していきましょう。

電力

2021/8/26

【電力】発電端効率と送電端効率の違いとは?

発電所の熱効率を表す値として発電端効率と送電端効率があります。 それぞれ言葉が似ているので勘違いすることも多いですが、どちらを表しているのかによって数字が大きく変わってきます。今回は発電端効率と送電端効率の違いについて解説したいと思います。 目次発電端と送電端の違いとは発電端効率と送電端効率の違いまとめ 発電端と送電端の違いとは 発電端と送電端の違いは次のようになります。 発電端:発電機直近のこと。 送電端:発電機から所内負荷を経て送電を行う箇所のこと。 言葉では分かりにくいので図に表すと次のようになりま ...

ReadMore

電力

2021/8/15

【電力】太陽光発電の原理を徹底解説します

最近よく目にするようになった太陽光発電ですが、太陽電池が太陽の光から電気を取り出す原理は結構複雑です。 今回は、太陽光発電の原理について解説したいと思います。 目次太陽光発電とは太陽光発電の原理p型半導体とn型半導体を接合する正孔と自由電子が移動し空乏層ができる半導体に太陽光を当てると電子が伝導帯に移動(内部光電効果)内蔵電界によって自由電子と正孔が移動半導体間に起電力が生まれる(光起電力効果)まとめ 太陽光発電とは 太陽光発電は太陽の光を半導体で出来た太陽電池モジュールに当てることにより、発電を行う方式 ...

ReadMore

電力

2021/8/29

【電力】フェランチ効果って何?原理と対策について

交流送電を行う際、発生する問題の1つとしてフェランチ効果があります。 エネルギー管理士や電験3種などでもよく問われる現象の1つなので、発生要因や弊害、また防止するためのための対策についてイラストを用いて詳しく解説したいと思います。 目次フェランチ効果とはフェランチ効果の要因負荷の電流が小さいとき送電線路の静電容量が大きい場合フェランチ効果の弊害フェランチ効果の対策電力用コンデンサの開放分路リアクトルの接続まとめ フェランチ効果とは フェランチ効果とはある特定の条件下で受電端電圧が送電端電圧よりも高くなる現 ...

ReadMore

電力

2021/9/8

【電気】今さら聞けない!VAとWの違い、使い分けは?

電気設備の選定をしないといけない時や、現場設備の点検などの際「VAとWってどっちも同じ単位じゃないの?」と思われた方も少なくないはず。 今回は、VAとWの違いについて解説したいと思います。 目次VA(ボルトアンペア)とはW(ワット)とはVAとWの使い分けは?まとめ VA(ボルトアンペア)とは VAとは、交流回路において皮相電力Sのことを表す単位です。表記の通り、電圧(V)と電流(A)の積を表しています。 電源から供給される電圧と電流を掛け合わせることで計算できます。英語ではapparent power、つ ...

ReadMore

電力

2021/8/29

【電気】進相コンデンサって何?仕組み、役割は?

電気の省エネについて考えた時によく出てくる力率改善。ポンプなどの誘導電動機によって発生する遅れ力率を改善することで電気料金を安く抑えることが出来ます。 今回はコスト削減のテーマで出てくる進相コンデンサとは何か?また、力率改善について解説したいと思います。 目次進相コンデンサとは?進相コンデンサの役割まとめ 進相コンデンサとは? まずコンデンサの説明からしたいと思います。 コンデンサとはキャパシタとも呼ばれる、電気を蓄える特徴を持つ電子機器のことで、絶縁体を挟んだ2枚の電気伝導体から構成されます。 電荷を蓄 ...

ReadMore

\Youtubeチャンネルやってます!/

ブログ記事を元にした見るだけで1つ賢くなれる動画が300本以上!
月に5本程度のペースでアップしていくのでチャンネル登録お願いします!

チャンネル登録はコチラ

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士資格はもちろん独学でも取得できますが、ある程度の前知識がないと分厚い参考書を前に挫折 ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-電力

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5