電気

【電気】シリコンドロッパとは何か?設置する目的について

UPSなどの非常用の蓄電池を設置する制御盤の中には良くシリコンドロッパという機器が設置されています。

この記事ではシリコンドロッパとは何か、設置する目的について解説します。

シリコンドロッパとは

シリコンドロッパは直流電圧を降下させる機器で、蓄電池などを設置する場合などに利用されます。シリコンダイオードの電圧降下が電流に関わらず一定であるという特性を利用しています。

一般的にプラントの電気設備では、停電時などに設備を停止させないように制御用電源としてUPS(無停電電源装置)等が設けられています。ただ、UPSのみでは充電量によって供給する電源電圧が負荷の許容電圧を超える場合があるため、シリコンドロッパを設けて電圧を調整する必要があります。

【制御盤】UPSって何?無停電電源装置の役割とは?

生産用の制御システムを考えるときに、「停電が起きたらどうしよう?」という懸念がある装置があります。 ...

続きを見る

シリコンドロッパを設置する目的

シリコンドロッパを設置する目的は、蓄電池などの放電電圧を負荷の許容範囲内に調整するためです。

例として、100V用の蓄電池が120Vまで充電されている場合を考えます。

この場合、蓄電池の放電電圧は120Vとなり負荷の許容電圧を逸脱するため、シリコンドロッパを通過させ、許容電圧内に収まるように調整します。シリコンドロッパの電圧降下は約0.6~1V程度なので、蓄電池の電圧を測定しながらリレー(VR)により通過させるシリコンドロッパの数を調整します。

仮にシリコンドロッパを設置せずに過電圧の電気を供給した場合は、負荷側のコイルの焼損などにつながります。

次に時間が経過して蓄電池の放電電圧が低下して負荷の許容範囲内に収まる場合は、リレー(VR)を随時投入することでシリコンドロッパを短絡させ、電源を供給します。

シリコンドロッパを利用することで、状態によって変化する蓄電池の電圧を調整し、負荷の異常を防止することが出来ます。

まとめ

  • シリコンドロッパはシリコンダイオードで直流電圧を降下させることが出来る。
  • 蓄電池の二次側に設置し、負荷への電圧を調整する。
  • シリコンドロッパがなければ、負荷側の機器を故障させる要因となる。

シリコンドロッパは、制御機器の周りなどで良く使われていますが、設置している目的は非常にシンプルです。

是非、制御盤等に蓄電池が設置されている場合は周囲にシリコンドロッパが設置されていないか確認されてはいかがでしょうか。

電気

2022/5/24

【電気】シリコンドロッパとは何か?設置する目的について

UPSなどの非常用の蓄電池を設置する制御盤の中には良くシリコンドロッパという機器が設置されています。 この記事ではシリコンドロッパとは何か、設置する目的について解説します。 目次シリコンドロッパとはシリコンドロッパを設置する目的まとめ シリコンドロッパとは シリコンドロッパは直流電圧を降下させる機器で、蓄電池などを設置する場合などに利用されます。シリコンダイオードの電圧降下が電流に関わらず一定であるという特性を利用しています。 一般的にプラントの電気設備では、停電時などに設備を停止させないように制御用電源 ...

ReadMore

電気

2022/6/3

【電気】相電圧と線間電圧、相電流と線間電流の違いを徹底解説

三相交流回路の特徴の一つとして相電圧、線間電圧、相電流、線電流というものがあります。これらは結線方法によってそれぞれ特性が変わりますが、ただ単に特性を暗記するだけではそれぞれの特性を混同してしまします。 この記事では、相電圧と線間電圧の違い、相電流と線電流の違いについて解説します。 目次相電圧・線間電圧、相電流・線電流の違いY結線の場合相電圧と線間電圧相電流と線電流Δ結線の場合相電圧と線間電圧相電流と線電流まとめ 相電圧・線間電圧、相電流・線電流の違い 相電圧・線間電圧、相電流・線電流の違いを一言で表すと ...

ReadMore

電気

2021/12/19

【電気】磁力線と磁束の違いとは?

電気の勉強をしていると電気、磁気で似ているような言葉が多く出てくるので分かりにくいですよね。 今回は、磁気の中でも概念が似ている磁力線と磁束の違いについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 目次磁力とは磁力線とは磁束とは磁力線と磁束の違いまとめ 磁力とは まず、磁力とは磁界の間に働く力のことを言います。磁極が異なる場合は吸引力が働き、磁極が同じであれば反発力が働きます。 上の図のように磁荷m1[Wb](ウェーバー)とm2[Wb]の物体が ...

ReadMore

電気

2021/8/29

【電気】コンデンサと電界の関係を解説します

コンデンサに電荷がたまると極板間には電界が発生します。 電界は極板間の距離と電圧によって決まってくるのですが、コンデンサの電気容量も距離が関係してくるなど複数の要素が絡みあっているので分かりにくいと感じる方も多いのではないかと思います。 今回は、コンデンサの電界の強さについて解説したいと思います。こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 目次電界とはコンデンサと電界の関係コンデンサに絶縁体を入れたときの大きさまとめ 電界とは 電界とは静電力が働く空間のことです。電荷 ...

ReadMore

電気

2022/3/3

【電気】マイクロ波加熱ってなに?原理と特徴を解説!

以前、電気加熱の種類について概要をまとめ、いくつか詳細に解説しました。産業分野では古くから使われている方法が多く採用されることが多いですが、近年新しい方法が実用化し、化学プラントで使われ始めています。 今回は、産業分野では新顔のマイクロ波による加熱方法について解説していきます。電気加熱の種類についてはこちらをご覧ください。 マイクロ波については会話形式でも解説しています。 目次マイクロ波とはマイクロ波加熱とはマイクロ波加熱のメリットは?なぜ最近産業分野で注目されているかまとめ マイクロ波とは マイクロ波は ...

ReadMore







公式スポンサー

生産工程の見える化なら

【Proceedクラウド】

・現場の写真が整理出来ていない
・外注先の状況が分からない
・技能伝承を効率的に行いたい

そんな悩みを全て解消できます!


詳しくはこちら

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。工業系エンジニアの副業に関してnoteも書いています。是非、Twitterのフォローお願いします。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

近年、人手不足や国際競争力維持のためにクラウドやAI技術などのIT技術を製造業などのレガシー産業に導 ...

2

エンジニアとして働くなら専門分野に関する日々の勉強は必須です。 ただ、通常の業務が忙しく勉強の時間が ...

3

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

4

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

5

電験三種は毎年受験者が4万人以上いる資格で出題範囲が広く、合格率も10%以下と低いので色々な会社が通 ...

6

プラント業界で働いている自分が転職するとしたらどんな転職先があるのか気になることはないでしょうか。 ...

7

プラントエンジニアは機械、電気、建築、工事と仕事で扱う専門分野が広く日々の勉強が欠かせません。 この ...

-電気

© 2022 エネ管.com Powered by AFFINGER5