自動制御

【自動制御】スプリット制御とは?どんな時に使うの?

プラントで良く利用される制御の1つにスプリット制御というものがあります。

今回はスプリット制御について解説していきたいと思います。

1. スプリット制御とは?

スプリット制御とは1つの制御信号で2つ以上の異なる要素を制御することを言います。具体的には、調節計1つで2つ以上のコントロールバルブ(制御弁)の動きを制御する方法になります。スプリット制御を行うための調節器のことをスプリット演算器などと呼びます。

スプリット制御の内容を表すために、下のような図が用いられます。

例えばこのような図の場合は、1つ目のコントロールバルブの開度が100%になると2つ目のコントロールバルブが開弁し始めるという意味になります。

2. スプリット制御はどんな時に使う?

では、スプリット制御はどのようなときに利用するのでしょうか?

次の図のように、2本の蒸気のラインが合流しており、それぞれ2つのコントロールバルブが2次側の圧力を調整していたとします。

この時、どちらかのラインを優先的に利用して、足りなくなった時のみ補助のラインを利用するようにしたい場合はスプリット制御が有効です。スプリット制御を利用することで、1つの調節計で2つのコントロールバルブを制御して圧力を一定に保つことが可能です。

この時の制御特性を平行特性といいます。

また、温水プールの温度を一定に保つために温水と冷水を混合する等といった制御にも有効です。この場合はプールが冷めると温水が供給され、外気温などで温度が上昇すると冷水が供給されるという制御になります。

この場合、制御特性は次の図のようになり、この特性をV字特性といいます。

3. スプリット制御の信号のやり取り

スプリット制御で調節計とコントロールバルブが電流信号でやり取りする場合、次のような信号のやり取りがあります。

  • 入力信号:4~20mA
  • 出力信号:4~20mA(2つのコントロールバルブ)

入力信号を横軸、出力信号を縦軸にとったものがこれまで出てきていた図になります。

4. まとめ

  • スプリット制御は1つの信号で2つのコントロールバルブを動かす
  • 平行特性とV字特性がある
  • 横軸:入力信号、縦軸:出力信号の図で表す

スプリット制御に関して理解してただけたでしょうか?自動制御には様々な種類があり、その使い方によって区別する必要があります。

自動制御についてはこちらの記事もおすすめです。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

目次1. エネルギー管理士試験の合格体験談1-1. ほぼ無勉強で受験~1年目~1-2. 過去問を中心 ...

2

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

3

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

-自動制御

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5