プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

電気機器

【電気機器】設備の電圧400V、200V、100V、24Vは何が違う?使い分けは?

更新日:

電気機器を選定していると、同じ電動弁やポンプでも200V仕様と100V仕様があったりして、どっちを選べばいいのかわからないことってありますよね?

今回は、電気機器の電圧の考え方についての記事を書きたいと思います。

1. 電力と電圧、電流の関係

まず、電気が行う仕事は次の式で表すことができます。

$$P[kW]=V[V]×I[A]$$

P:電力、V:電圧、I:電流

つまり、同じ仕事を行う場合、電圧が高ければ高いほど流れる電流を小さくすることができます。電流を小さくできれば次のようなメリットが得られます。

  • ケーブルを捕捉できる
  • 電圧降下、熱損失を小さくできる

ただ、電圧が大きくなると感電した際に人の生命にかかわるリスクが出てきます。人は体内に0.1Aの電流が流れると死亡すると言われていますが、オームの法則V=RIを考えると電圧が高ければ高いほど、電流が流れやすくなるということが分かると思います。

ポンプの電流値なども上の式で計算することができます。

【電気機器】ポンプの電流値は何で決まる?高い時と低い時の違いは?

ポンプの異常を検知する際に、制御盤などに設置されている電流計の電流値を利用する場合があります。 しか ...

2. 400V、200V、100V、24Vの使い分けは?

実際のところ、使い分けの方法は特に決められたものはありません。

同じ機器で200Vや100Vがあった場合は、どちらでも同じ動きが出来るので好きな方を選ぶという事になります。

例えば、機器を設置したい場所の近くに200Vの電源取り出しがあったとします。そこに100Vの電動弁を設置しようと思うと、制御盤の中で200Vから100Vへ降圧させるための変圧器(トランス)が必要になります。

そのため、コスト削減を考えると、元電圧と同じ機器を選定したほうが良いし、安全面を考えると100Vにしたほうが良いという事になります。

大型の機器になればなるほど、必要な仕事量が大きくなるので高圧の電源が求められます。逆に小型のセンサーや家庭で利用する家電などは部品の耐圧なども考慮して24Vなどの低圧電源で設計されていることが多いです。

家庭で利用する機器でも冷蔵庫やエアコンなどの大型の機器は100Vや200Vの電源を利用しますが、パソコンなどは内部に変圧器が入っており、降圧して利用しています。

計装の電圧は工場ごとに、ある決められた値がある場合があるので一度決まりがないか確認してみましょう。

【電気機器】パワーサプライとは?原理や方式、使用例は?

制御盤などでよく利用されている機器の1つに「パワーサプライ」があります。 交流200Vや100Vの電 ...

3. まとめ

  • 電圧は高いほうが電流を小さくできるが感電リスクが上がる
  • 同じ機器で複数のラインナップがある場合は元電源を基準に選ぶ
  • 工場ごとに決まりがある場合があるので確認が必要

こう考えると、電気も蒸気も水も考え方が同じなので理解しやすいですね。

電圧の選定に迷った際は是非参考にしていただければと思います。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

おすすめ通信講座

技術講座専門の『JTEX』

① 効率よく勉強して一発で合格したい。
② 試験勉強の仕方が分からない。
③ 順番に体系的に勉強したい。

という方は通信講座の『JTEX』がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-電気機器

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.