熱機関

おすすめ記事

1

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

2

あなたエネルギー管理士の通信教育の中ではSATが一番よさそうだけど、実際のところどうなの?高い買い物 ...

【電池】岩石が電池に?岩石を使って蓄電をする技術とは

2020/7/28  

日経新聞にこんな記事が出ていました。 ⇒ 岩石蓄電22年にも商用化 シーメンス、10社以上と覚書 コ ...

【熱機関】コージェネレーションとコンバインドサイクルの違いは?

2020/8/15  

大規模な工場では、自家発電設備を保有し、燃料から電気と蒸気を取り出すコージェネレーションシステムが構 ...

【スターリングサイクル】スターリングエンジンの熱サイクル

2020/10/17  

スターリングサイクルはスターリングエンジンに利用される熱サイクルでシリンダ内に封入されたガスを加熱・ ...

【ブレイトンサイクル】ガスタービンやジェットエンジンの理論サイクル

2020/8/2  

ブレイトンサイクルは、ガスタービンやジェットエンジンで利用される熱サイクルです。燃料を燃やして発生す ...

【熱機関】ディーゼルサイクルとは?効率やサバテサイクルとの違いを解説

2020/8/2  

ディーゼルサイクルはディーゼルエンジンなどに利用される熱サイクルでオットーサイクルと同様に燃料の熱エ ...

【熱機関】オットーサイクルとは?線図や効率の計算方法を解説

2020/8/2  

オットーサイクルは、ガソリンエンジンやガスエンジンなどで利用される火花点火の熱サイクルで、ガソリンな ...

【熱機関】外燃機関と内燃機関の違いとは?

2020/8/2  

燃料を燃焼させて熱を取り出し、動力として利用するものを熱機関といいます。 熱機関には様々な種類があり ...

【熱機関】カルノーサイクルとは?線図や効率の計算方法を解説

2020/9/27    

カルノーサイクルは温度の異なる2つの熱源で動作する熱サイクルの1種です。熱機関について学ぶ時に最初に ...

【熱機関】コージェネレーションを導入するメリット、検討条件は?

2020/8/15    

大型の工場では、事業継続性などの観点でコージェネレーションを導入する事業者も増えています。 コージェ ...

【わかりやすい】ランキンサイクルとは?pv、hs線図や効率を解説

2020/9/26    

ランキンサイクルはクラウジウスサイクルとも呼ばれ、発電所などで蒸気を使用し、燃料エネルギーから電気を ...

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。

電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.