計測機器

おすすめ記事

1

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

2

あなたエネルギー管理士の通信教育の中ではSATが一番よさそうだけど、実際のところどうなの?高い買い物 ...

【計測機器】光高温計の原理、メリット、放射温度計との違いは?

2020/10/17  

計測機器の原理について知ることは、生産・運転状況の正しい理解や、トラブル時の対応に生かされると思いま ...

【計測機器】水晶温度計の原理、メリット・デメリットは?

2020/8/26  

温度の計測機器について、今回は水晶温度計をとりあげます。 水晶と聞くと宝石の一種というイメージですが ...

【計測機器】シリカって何?シリカ測定器の原理と注意点

2020/8/2  

ボイラー水管理において計測項目の一つにシリカがあります。水の硬度が高い地域でボイラーを使用する場合は ...

【計測機器】溶存酸素って何?溶存酸素計の原理や注意点は?

2020/8/2  

ボイラーの水処理を考えるときに「溶存酸素」という言葉を聞いたことはありませんか? ものづくりの現場に ...

【計測機器】導電率とは?導電率計の原理や注意点について

2020/2/29  

ボイラーの水質管理をはじめ、産業分野でも水質はよく見られる指標の一つです。 今回は含まれる金属イオン ...

【計測機器】pH計の原理、注意点について詳しく解説!

2020/9/1  

水質管理のために使用されるpHセンサー。 産業分野の現場でも、ラボスケールの研究所でも使用されますよ ...

【温度センサー】ダブルエレメントとは?メリットデメリットについて

2020/8/15  

温度センサーを選ぼうとするときに「ダブルエレメント」という言葉を聞いたことがありますか? ダブルエレ ...

【温度計測】放射温度計の原理、メリットデメリットは?

2020/5/31    

 「製品の温度を測りたい」というときに温度センサーを検討しますが、「非接触なら放射温度計」となんとな ...

【温度センサー】測温抵抗体、2線式と3線式の使い分けは?

2020/10/5  

配管の中のユーティリティや、タンクの中の製品温度を知りたいとき、温度計が用いられます。 その中でも温 ...

【温度センサー】サーモウェルは必要?保護管が必要な条件とは?

2020/9/15    

配管などに温度計を設置する際、ほとんどの場合で保護管が必要です。 この記事では、温度計に保護管の設置 ...

【圧力計】サイフォン管は何のためについている?

2020/8/2  

蒸気などの高温の流体の圧力を測定する場合、圧力計や圧力センサーにはサイフォン管が必須です。 今回は、 ...

【温度センサー】接点付き温度計を利用するメリットと注意点は?

2020/5/14  

現場支持型の温度計の中には、接点付き温度計というものがあります。 接点付きとは、設定温度より高いか低 ...

【圧力センサー】4-20mA信号を1-5Vで入力する方法

2020/5/14  

工場の保全の仕事をしていると、ある場所に圧力センサーを設置して1ヵ月のトレンドグラフを作りたい何てこ ...

【温度センサー】原理は同じ!サーミスタと白金測温抵抗体Pt100の違い、使い分けは?

2020/7/5  

温度によって抵抗が変化する素子を用いて温度を測定する機器を抵抗温度計と言います。 今回はその中でも良 ...

【圧力計】グリセリンを入れるのはなぜ?どんなところに使うの?

2020/9/27  

お客さんポンプにつける圧力計は良く壊れるのでグリセリン封入型にしてください。 あなたグリセリン・・・ ...

【温度センサー】温度計の種類、測定原理、誤差を比較してみた

2020/5/14  

工場などで配管などによく取り付けられている温度計や温度センサー。 普段あまり気にしませんが、温度計や ...

【圧力センサー】圧力センサーの測定原理とは?

2020/7/5    

水、油、蒸気、ガスなど装置内、配管内の圧力を制御したい時に使用するのが圧力センサーです。 今回は圧力 ...

【圧力計】連成計って何?圧力計との違い、使い分けについて

2020/9/27    

配管や機器内の圧力を機械的に測定する計測器には圧力計、連成計、真空計という3つの種類があります。この ...

【圧力計】原理に秘密あり!なぜマノメーターで圧力が分かるのか?

2020/8/2    

接続した2点の圧力差を測定する装置にマノメーターというものがあります。 実際に現場で使われているマノ ...

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。

電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.