プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

伝熱工学

【熱計算】冷却水量を簡単に計算する方法は?

更新日:

工場やプラントでは排水処理の関係で、高温排水にわざわざ水を投入して冷却しないといけないことってありますよね。

今回は、高温水に水を混ぜて冷やすときに必要な冷却水量の計算方法について解説したいと思います。

Sponsored Link

1. 冷却水量の計算方法

例えば80℃の水1000kgを40℃に冷やすために20℃の水がどの程度必要か考えてみましょう。20℃の水の量をXとすると40℃に冷却されるときには次のような式が成り立ちます。

$$\frac{80℃×1000kg+20℃×xkg}{1000kg+xkg}=40℃$$

この式を解けばXを計算することが出来ます。今回の場合ではX=2000kgだとわかります。つまり、80℃の水を40℃まで冷却するためには2000kgもの水が必要です。冷却水代が勿体ないですね。

2. 冷却水量を比で計算する

冷却水量を計算するのにもっと簡単な計算方法があります。

それは目的の温度と高温水、冷水との温度差を計算して比にしたものを活用する方法です。例えば、高温水80℃と目標温度40℃との差は40℃。冷水20℃と目標温度40℃との差は20℃になります。

これを比に表すと40:20=2:1になります。冷却水量はこの逆比になるので冷却水量は高温水量のちょうど二倍ということになります。

当然、上の方程式の答えと同じものになります。

Sponsored Link

3. まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は冷却水を直接投入して高温水を冷ますために必要な量を計算しました。お互い水同士あれば非常にシンプルな計算なので、ぜひ比を用いた方法をマスターして一瞬で計算できるようにしましょう!

おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-伝熱工学

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.