流量計

【流量計】超音波式と電磁式の違いって何?

更新日:

流量計を設置しようと検討する際、流量計にはいくつかの計測原理があることに気づかれると思います。

そして「結局どれが良いのだろう?」という疑問を持たれますよね?

配管内の流路を邪魔しないタイプの流量計を調べると、超音波流量計と電磁流量計が主に出てきます。この2つ、どんな違いがあるのでしょうか。

今回は、流量計の超音波式と電磁式の違いについて解説してみたいと思います。

超音波流量計とは

超音波とは2万Hz以上の人には聞こえない周波数の音のことを指します。実際にこれより低い周波数も流量計には使われているようです。超音波は機体や液体を通して振動を伝えます。

超音波流量計は伝播時間の差を測ることで流量に換算します。

配管内のある地点AからB(流体の流れ方向の上流にA、下流にB)にかけて超音波を出し、Bに当たった音の波がAに戻る速度を測ります。

送る側と帰ってくる側の音波のわずかな時間差を計算するという原理です。実際に、流量計の一次側と二次側にセンサーがついています。

流体の速度Vは、次の式で表すことが出来ます。

$$V=D×\frac{ΔT}{{sin2θ×(T0 – t)^2}}$$

Dは配管内径、ΔTはAからBまでの到達時間差、θは超音波の入射角、T0は流量0の時の時間、tは配管壁面を流れるのに必要な時間です。V×断面積Aの計算で体積流量が計算できます。

流量計を配管の外から設置して流量を測定することが可能です。

国内ではキーエンスやオーバルなど、産業分野向けの多くのメーカーが取り扱っています。

動画がありましたのでご紹介します、こちらも学習に役立つかと思います。

このほかにもドップラー式という測定原理の超音波流量計もありますが、一般に伝播時間差の方が精度が高いとされています。

電磁流量計とは

コイル内で磁石を動かすと起電力が生まれることはご存知ですよね。

配管にコイルを巻き通電しておいた状態で、配管内に導電性のある流体が流れると、起電力が発生します

この時の電圧は、流体の流速に比例することが知られています。配管内径はわかっているので、流速を含めて逆算すれば、流体の流量がわかるという原理です。

起電力Eの計算式は、次の式で表されます。

$$E=4×B×\frac{Q}{π×D^2}$$

Bは磁束密度、Qは流量、Dは配管内径です。

技術の歴史は古く、60年前近く利用されてきた原理です。アズビルや横川電気などを含めた多くのメーカーが製造販売している型式です。

超音波式と電磁式の使い分け

どちらの流量計も配管内に異物がないので、流路を邪魔する構造ではない、つまり圧力損失が非常に小さい構造をしています。

また稼働部がなくメンテナンスが容易、密度や粘度の影響を受けないという点も同じです。

利点のうち異なる点を挙げていくと、

超音波式

  • レンジアビリティが大きい、精度が高い
  • 配管を切らずに外付けできる型式がある

電磁式

  • 気泡の影響を受けにくい
  • 超音波式に比べてコストが安い

といった違いがあります。

まとめ

  • 超音波式も電磁式も配管経路を狭めない構造
  • 両者には利便性やコストに違いがある

時に見た目も類似している流量計なので、今回はこの2種に特化して記事を作成しました。

実際の導入時には単品のコストだけでなく、配管工事費やメーカーの対応頻度なども考慮に入れて、どの型式が良いか検討してみてください。

2020/3/5

【流量計】蒸気流量計の使い方、補正はなぜ必要?

流量計の種類や測定原理によっては、他のデータによる補正が必要なケースがあります。 今回は蒸気流量計の補正の必要有無について、解説します。 目次蒸気流量計の補正とは?補正機能がないとどうなる?まとめ 蒸気流量計の補正とは? 蒸気の計測を行う流量計にはいくつかの原理があります。 差圧式、渦式、電磁式などがメジャーな型式と言えます。ここの原理については過去の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。 どのタイプも体積を測定するタイプの流量計です。質量を測定するコリオリ式流量計は蒸気には対応していません。 さて ...

ReadMore

2020/2/3

【流量計】静電容量式流量計ってどんな原理?電磁流量計との違いは?

今回は流量計の中でも、静電容量式というタイプの仕組みと用途について解説します。 目次静電容量式流量計とは?静電容量式流量計のメリットは?静電容量式流量計のデメリットは?まとめ 静電容量式流量計とは? 静電容量式流量計を検索してみると「電磁流量計」のサイトがよく出てきました。 実は静電容量式流量計は、電磁流量計の1種です。何が違うのかというと静電容量式は、計測部の電極が配管の外にあるため液体と電極が直接触れない非接触型という点です。詳しくご説明します。 まず、静電容量とは何を指す言葉なのでしょうか。これは電 ...

ReadMore

2020/3/6

【流量計】質量流量計?コリオリ流量計について解説!

流量計解説シリーズをいくつか続けてきましたが、今回はコリオリ流量計です。 業界によってはあまり見かけることはないかもしれませんが、面白い仕組みをしていますのでコリオリ流量計について解説していきたいと思います。 目次コリオリ流量計とは?コリオリの力とは?コリオリ流量計のメリットコリオリ流量計のデメリットまとめ コリオリ流量計とは? 構造としては、流体が二股で平行に並んだ細いU字配管(フローチューブ)を通り、再び1本の配管に戻るという形状をしています。(1本の構造のものもあります) 2つのU字管内を流体が流れ ...

ReadMore

2020/1/31

【流量計】容積式流量計って何?どんな仕組みか詳しく解説してみた

流量計について調べたときに、歯車が2つ回る構造のものを見たことがありませんか? 今回はいくつかある流量計の型式の中の一つ、容積式流量計について詳しく解説します。 目次容積式流量計とは?容積式流量計のメリット容積式流量計のデメリットまとめ 容積式流量計とは? 容積式流量計には、流量検出部に楕円状の歯車が2つ設置されています。 図で言うと、左から右に流体が流れることで歯車が回り、歯車上部分と下部分を流体が交互に流れていきます。 なぜ容積式と呼ぶかですが、升(ます)がよく例えに用いられます。水やお米を図るイメー ...

ReadMore

2020/1/19

【流量計】差圧式流量計って何?どんな仕組みか詳しく解説してみた

再び流量計の型式・原理解説シリーズです。 今回は現場で一番見かける?と言っても過言ではないほど普及している、差圧式流量計について詳しく解説したいと思います。 なぜよく使われるのか、どんな利点があるのか、皆さんの理解の助けになると嬉しいです。 目次差圧式流量計とは?差圧式流量計のメリットは?差圧式流量計のデメリットは?まとめ 差圧式流量計とは? 差圧式流量計はその名の通り、流体の圧力差を利用した測定原理をしており、オリフィス式やダイヤフラム式などとも呼ばれます。 配管内部を流れる気体や液体などの流体をイメー ...

ReadMore



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-流量計

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.