ポンプ

【ポンプ】ミニマムフローはなぜ必要?無いとどうなる?

更新日:

ポンプをワンパスで使用する場合には、締め切り運転にならないようにミニマムフロー配管を設けてやる場合があります。

ミニマムフロー配管は配管図面だけを見ていると、ついつい忘れがちですがミニマムフロー配管がないと、一時的にポンプが締め切り運転になりポンプの寿命を縮めてしまいます。

今回は、ポンプのミニマムフローの必要性について解説してみたいと思います。

1. ミニマムフローとは?

ミニマムフローとは、ポンプの過熱、騒音、振動などを生じることなく連続運転できる最小の吐出し量のことです。

また、ミニマムフローを維持するために、流体を二次側から一次側に戻す配管を引くことを「ミニマムフロー配管」を設けるといいます。

ミニマムフローを設けることで、ポンプの空回り、発停、過熱などを防止出来、ポンプの寿命を延ばすことができます。

特に、LNGなどの比熱の小さい(熱容量の小さい)液体に使用するときは、短時間で内部の温度が上昇するため特に注意が必要です。

【伝熱工学】熱容量って何?大きいものと小さいものの違いは?

ある物体の温度を1℃(K)上げるのに必要なエネルギーを熱容量といいます。単位はkJ/Kで表されます。 ...

2. ミニマムフローがないとどうなる?

ミニマムフローがある場合とない場合の配管を見比べてみます。

ミニマムフローがある場合、ポンプ吐出側での使用量が仮に0になったとしても一部がポンプの一次側に流れ込むのでポンプの最低吐出量は保たれます。

ミニマムフロー配管に流れる量は、流量調整バルブで調整します。

ミニマムフローがなく、ワンパスでポンプを使用する場合、使用先でバルブが閉まると一時的に締め切り運転になります。

締め切り運転になると、運動エネルギーが熱エネルギーに変わり、ポンプ内部の温度が上昇していきます。これが、ポンプの過加熱やキャビテーションに繋がり、ポンプの突発故障につながるリスクが上がります。

送風機でも、風量が少なすぎるとサージングによる振動が発生するので、ミニマムフローが必要になります。

【ポンプ】ポンプやエンジン、送風機の「サージング」って何?

ポンプや送風機の異常運転状態の1つに「サージング」という現象があります。 キャビテーションと並べられ ...

3. ミニマムフローの配管サイズは?

ミニマムフローの配管サイズは最低吐出量の流速に合わせて設計します。

まずは、選んだポンプのミニマムフローがいくらかを確認し、その量に最適な配管サイズを選定します。

一般的にはメイン配管よりも数サイズ小さい配管が設けられることが多いです。

【配管】配管流速の計算方法

配管を設計するときには、中を流れる流体の流速が非常に重要です。流速が速くなりすぎると摩擦によってエネ ...

4. まとめ

  • ミニマムフローはポンプの最低吐出量を確保するために設ける。
  • ポンプ二次側と一次側を繋いで流量調整バルブを設ける。
  • ミニマムフローがないとポンプの突発故障のリスクが上がる。

ミニマムフローは、細い配管が多いですが忘れると高価なポンプを故障させる危険性があります。

是非ミニマムフローの意味を理解して忘れないようにしましょう。

2020/3/31

【ポンプ】性能曲線、HQ曲線って何?どうやって見るの?

ポンプのカタログを見ると必ず性能曲線が掲載されています。 実際に現場に適したポンプを選びたい時、この曲線をどのように活用すればいいのでしょうか?今回は性能曲線やH-Q曲線とは何かについて解説したいと思います。 目次性能曲線とは性能曲線の見方まとめ 性能曲線とは ポンプは羽が回ることにより流体にエネルギーを与える機器ですが、その作用は1点で固定されるわけではなく、ある程度の幅を持っています。 全揚程、軸動力、電流、効率などは吐出される流量によって変化します。それぞれの値を縦軸にとり、横軸を吐出量で表したグラ ...

ReadMore

2020/3/29

【ポンプ】静圧と動圧の違いって何?

今回は、ポンプや空調について勉強していると出てくる静圧と動圧についてです。 圧力を考える時に出てくるこの2つの言葉は何が違うのかについて、解説していきたいと思います。 目次動圧とは静圧とは動圧と静圧はどんな時に必要?まとめ 動圧とは うちわで扇ぐと風を感じますよね。これは空気に流速が与えられて、圧力が上がったから、と捉えることができます。この時の圧力を動圧と呼びます。 動圧とは流速や運動エネルギーに関係した圧力です。流体に動きがある時に発生する圧力のことを指します。定義は以下の式で表されます。 $$q = ...

ReadMore

2020/4/4

【ポンプ】騒音値ってなに?基準や測定方法は?

今回のテーマはポンプの騒音についてです。小型ポンプでも結構音がしますし、大型の装置になれば、より騒音が大きくなります。 管理面を考えた時に、法律上の基準や正しい測定方法を知っておいた方がいいです。今回はポンプの騒音と測定方法について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次騒音値とは騒音値の適正な値は?騒音値の測定方法は?まとめ 騒音値とは ポンプをはじめとする産業機器は、稼働する過程で動作部から音が発生します。騒音を定量化するために用いられるのが、音の強さを示す単位dB(デシベル)です(物理量 ...

ReadMore

2020/3/13

【ポンプ】渦巻ポンプを並列運転するときの注意点は?

設備を新規導入する際に、ポンプの選定を任された経験がある方は多いと思います。型式や能力など気にすることが多く、慣れていないと大変ですよね。 また電池と同じように、直列・並列という接続方法があり、これも液体の使用状況を考慮して組む必要があります。 今回は、ポンプを並列に設置する際の注意点についてまとめました。 目次なぜポンプの並列運転を選択するのか?ポンプの並列運転の注意点は?合流後の配管サイズを太くする必要があるポンプの性能が違うと締め切り運転になるケースがある1台運転の場合、NPSHAが下がるポンプの吐 ...

ReadMore

2020/2/27

【ポンプ】真空ポンプは何種類?産業分野に使われるタイプをまとめて解説

現場で使用される真空ポンプは、文字通り真空(大気圧よりも低い状態)を作り出すために活用されています。 原理なんて知らなくても・・・と思われるかもしれませんが、いざ突発的に不調になった時、対処方法がわからないと困りますよね。原理を知っていれば、不調の予測や対処法の考案にもつながるかもしれません。 真空ポンプは原理ごとに分けると大きく3種類あり、かつそれぞれ数種類のタイプがあるため、構造は多岐に渡ります。 今回は、真空ポンプの3つの種類について解説してみたいと思います。 目次機械式真空ポンプ運動量移送式真空ポ ...

ReadMore



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-ポンプ

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.