エネルギー管理士に関する情報を発信します。

エネ管.com

【告知】毎週土曜日18:00~
環境やエネルギーをテーマにしたゆっくり解説動画を投稿していきます。
更新情報が届くので、ご興味ある方はチャンネル登録をお願いします!
過去のアップロード動画一覧はこちら

制御盤

【制御盤】制御盤電気配線における、内線と外線の違いとは?

更新日:

現場で使う機器のコントロールを担う制御盤。

よく見ると外から接続される配線群があり、制御盤内を開けると無数の配線があるのが確認できます。これらの配線にはどんな役割や基準があるのでしょうか。

今回は、制御盤の内線と外線の違いについて詳しく解説してみたいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

制御盤の内線とは

制御盤の中にはスイッチ、リレー、マグネットコンダクターなどの電気機器の他、調節計やシーケンサなどの制御用精密機器などが設置されています。

これらの機器を電気的につなげるために使用される電線を「内線」と呼びます。単に「電線」という呼び方、書き方をすることもあります。

内線の構造は、電気を通す金属部分の導線と、その周りに絶縁体の被服によって成り立っています。制御盤の中を見ると、赤・黄・青・黒など様々な色の電線が見られます。

種類としてはビニル絶縁電線、ポリエチレン絶縁電線などいくつかあります。

制御盤の制作者は、シーケンス図と呼ばれる制御内容と配線内容を規定した図をもとに、ここの機器を制御板状に設置したのち、間違えないように配線をしています。

電気設備の安全確保を目的として、「内線規程」と呼ばれる民間自主規格(日本電気協会による)が定められています。

この規定には、導線・被服の素材や、電圧電流ごとの太さ、施工方法などが細かく規定されています。

また実際の配線時には、可視性やメンテナンス性を考慮した配線をする必要があります。

適切な長さで配線する、両端に線番号をつける他、線の材質や色にも統一感を持たせるなど工夫がされています。複雑な改造をしすぎて、担当者が変わったら誰も中身がわからないなんてことがないように気をつけましょう。

制御盤の外線とは

制御盤と現場のセンサや制御機器とをつなげる役割をするものを「外線」と呼びます。単に「ケーブル」とも呼ばれるようです。

制御盤の中身は、大抵は締め切った環境で、雨風や粉塵に晒されにくいと考えられますが、外線の場合は異なりますよね。

屋外であれば風雨や直射日光に当たりますし、屋内であっても高温環境下にあったり、場合によっては物理的な衝撃を受けたりすることも考えられます。

こうした外的要因から守るために、外線には導線・絶縁被服の外側にシース(外皮、保護被覆)が用いられています。

携帯の充電ケーブルも、絶縁体の外側に私たちが手を触れる部分であるゴムやポリ塩化ビニルの被覆があるため、文字通り「ケーブル」に該当します。

制御盤とセンサや制御機器へつながる配線は、端子台を通して中継されることが多いです。1箇所からまとめて外に接続した方が、可視性が良いこと、実際に配線する際の効率が良いことが理由に挙げられます。

また外線は1本1本配線すると工事に手間がかかったり、スペースを取ったりするため、多芯ケーブルにまとめられることが多いです。

1本の太いケーブルの中に、複数の電線が入っているため、効率的に配線することができます。

内線・外線を分ける理由

上に書いた内容とかぶる部分がありますが、目的の違いによって分けられます。

内線は制御の根幹を担う制御盤内部の配線をするのに用いられるため、1箇所から何本も複数機器に配線したり、改造の際には配線しなおしたりする必要があります。

そのため、細く柔らかい方がよく、個々の電線が分かれていた方が作業しやすいと言えます。

外線は離れた距離のものをつなぐ役割があります。センサや制御機器は現場でも近い場所にあることが多いため、まとめて1本で配線した方が工事の手間が省けます。

また外的影響から内部の導線を守るために、分厚い保護がされているというわけです。

まとめ

  • 内線は、制御用の電気機器同士をつなぐもので、見やすさ・修理しやすさが重要。
  • 外線は、制御盤と現場の機器をつなぐもので、作業効率と丈夫さが重要。

普段見かける制御盤に関わる配線の意味・役割について理解いただけたでしょうか。

電気工事士として仕事をする方だけでなく、製造担当・機械担当の方、機器メーカーの方も頭に入れておけば、役に立つ時がくるかと思います。

制御盤に関する記事はほかにもあるので、良ければどうぞ。

2020/4/23

【制御盤】UPSって何?無停電電源装置の役割とは?

生産用の制御システムを考えるときに、「停電が起きたらどうしよう?」という懸念がある装置があります。 突発的に止まることで、重要データを維持したい、製品や装置に対して安全な状態で停止したいなどの場合、UPSの導入を検討してください。 今回は、制御盤内に設置するUPSとは何かについて解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次UPSとはUPSの役割突発的な電圧低下による装置停止対策生産データの保守 UPSの種類常時インバータ給電方式ラインインタラクティブ方式常時商用給電方式まとめ UPSとは UPSは ...

ReadMore

2020/4/11

【制御盤】制御盤電気配線における、内線と外線の違いとは?

現場で使う機器のコントロールを担う制御盤。 よく見ると外から接続される配線群があり、制御盤内を開けると無数の配線があるのが確認できます。これらの配線にはどんな役割や基準があるのでしょうか。 今回は、制御盤の内線と外線の違いについて詳しく解説してみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次制御盤の内線とは制御盤の外線とは内線・外線を分ける理由まとめ 制御盤の内線とは 制御盤の中にはスイッチ、リレー、マグネットコンダクターな ...

ReadMore

2020/5/17

【制御盤】アイソレータって何?役割、用途を解説

電気、制御系の業務をしていると「アイソレータ」という言葉を聞くことがないでしょうか。 今回はアイソレータとは何かについて、基礎的な部分の解説をしていきます。 チャンネル登録はこちら 目次アイソレータの役割アイソレータの原理アイソレータの用途絶縁ノイズ除去回り込み防止まとめ アイソレータの役割 英語でisolateというと「分離する、絶縁する」といった意味があります。 計装関係におけるアイソレータは信号線間の直流を遮断し、絶縁する部品のことを指します。 アイソレータは単一方向の信号を伝送しますが、逆向きの信 ...

ReadMore

2020/2/27

【制御盤】今さら聞けないリニアライザの目的とは?

制御盤を開けると中に入っている「リニアライザ」。他の配線スペースを広く取るために多くの場合、縦長の物が多いかと思います。 これがどんな役割を果たしているかご存知ですか?あまり基礎的な部分に触れたサイトがなかったので、リニアライザについてまとめてみました。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次リニアライザとはリニアライザの使用例まとめ リニアライザとは リニアとは直線という意味の言葉です。(リニアモーターカーは、モーターを帯状に並べ、 ...

ReadMore

2020/7/30

【制御盤】リレーシーケンスとPLCの違い、使い分けは?

制御盤を使って工場の設備を運転する場合の制御方式として、大きく分けてリレーシーケンスとPLC制御があります。 最近では制御機構も複雑化してきたことからPLCが使用される場合が多いですが、場合によってはリレーシーケンスの方がコストが安く抑えられる場合もあります。 今回は、リレーシーケンスとPLC制御の使い分けについてメリットデメリットをまとめてみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次リレーシーケンスとはPLC制御とはリ ...

ReadMore



サービス一覧

  • Twitter:日常で感じたことや更新情報をつぶやきます。
  • Youtubeチャンネル:環境やエネルギーをテーマに動画を投稿しています。
  • LINE公式アカウント:Youtubeの更新情報などを発信します。
  • Facebook:製造業ブロガーのクローズドコミュニティやってます。
  • 楽天ROOM:勉強になったおすすめの書籍を紹介しています。
  • note:思ったことを好き勝手に書いています。
  • ココナラ:計算エクセル、広告枠などを販売しています。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

その他の講座一覧はこちら

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

2

あなたエネルギー管理士の通信教育の中ではSATが一番よさそうだけど、実際のところどうなの?高い買い物 ...

-制御盤

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.