制御弁

【制御弁】ポジショナーって何?原理は?

更新日:

空気動式の制御弁を選ぶときには、必ずポジショナーのタイプも選ばなければいけません。

しかし、制御弁についてあまり詳しくないうちは、ポジショナーが何のために必要なのか分からず何を選べばいいのかわからないという方も多いと思います。ネットで調べてみてもポジショナーがなぜ必要なのかを説明する分かりやすいサイトがなかったので、ここで簡単に解説してみたいと思います。

【制御弁】制御弁が動く仕組みとは?

生産ラインの自動化には欠かすことの出来ない制御弁。今も多くの工場で、温度や圧力を一定にするために動い ...

1. ポジショナーとは?

ポジショナーは、調節計から送られてきた信号を機械的に制御弁に伝える役割を担っています。

調節計からの信号でバルブの開度を調整する場合、次のような流れでバルブを動かしています。(ここでは分かりやすいように空気動式制御弁について考えています。)

  • 調節計から4-20mAの電流が送られてくる。
  • 電流の大きさによってポジショナー内のコイルに磁界が発生する。
  • 磁界の強さによってポジショナー内のモーターに回転トルクがかかる。
  • トルクの大きさによってダイアフラムにかかる空気の圧力を調整する。
  • ダイアフラムにかかる空気の圧力によってバルブの位置を調整する。
  • 実際のバルブの位置を機械的にフィードバックをもらい微調整する。

少し分かりにくいですが簡単に言うと「4-20mAの電流信号をもらってバルブに送る空気圧を調整する」というのがポジショナーの役割です。

電流信号から圧力調整というところで分かりにくいという事も多いですが、電流からモーターを動かして圧力を調整すると考えるとわかっていただけるのではないでしょうか?

 

電流信号を空気圧に変換してバルブ開度を調整するタイプを「電空ポジショナー」電流信号ではなく空気圧の信号をもらってバルブ開度を調整するタイプを「空空ポジショナー」といいます。

空気式の制御弁には圧縮空気の配管をつないでいるので、ポジショナー自体が空気の圧力を制御する制御弁になっているという考え方もできます。

ダイアフラムは、圧力の作用に応じ、変位を生じる薄い膜のことを言います。

2. 電空ポジショナーと空空ポジショナーの使い分け

電空ポジショナーは電流を使うので、可燃性のガスが雰囲気中に発生する可能性があるエリアでは防爆タイプを選ぶ必要があります。ポジショナを取り外して遠い位置に設置する場合もあります。

空空ポジショナの場合は電流を使わないので、防爆エリアでも使用することが可能です。場合によって電空タイプを選ぶのか空空タイプを選ぶのかは注意が必要です。

3. まとめ

  • ポジショナーは調節計からの信号でバルブ操作を行うために利用される。
  • ポジショナーは制御弁に送る二次側の空気圧を調整する制御弁の役割をする。
  • 電空ポジショナーと空空ポジショナーがある。

ポジショナーは外から見るとただの箱で、何をしている機器なのかが非常に分かりにくいですが、内部の構造を理解すると必要性がよくわかります。

分解する機会があれば、是非どのような原理で動いているのか考えてみてはいかがでしょうか?

ポジショナーの原理についてはこちらの取り扱い説明書にも図付きで記載されているので読んでみてください。

2020/3/16

【制御弁】Cv値の選定方法は?基準をまとめてみた

現場で制御弁の選定を行うとき、必ず出てくるCv値。詳しい原理はよく分からなくても、仕事で使っていると慣れてくるものだと思います。ですが、Cv値の選び方はいつも迷ってしまう方が多いのではないでしょうか? 今回はCv値の選定基準と、選定間違いをしてしまった際に生じる問題をまとめました。 目次Cv値とはCv値の選定方法流量・圧力差を確認するバルブCv値を選定するCv値の選定を間違えた場合選定したCv値が小さすぎた場合選定したCv値が大きすぎた場合まとめ Cv値とは バルブは配管サイズによって内径が当然変化します ...

ReadMore

2020/3/16

【制御弁】イコールパーセント特性とリニア特性の使い分けは?

制御弁には、バルブの固有特性としてイコールパーセント特性とリニア特性、クイックオープン特性があります。 一般的には、イコールパーセント特性が使用されることが多いですが、流量特性のグラフを見るとリニアの方が分かりやすくていいように見えます。では、なぜイコールパーセント特性が使用されるのでしょうか? 今回は、イコールパーセント特性とリニア特性の違いや使い分けについて解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次イコールパーセント特性とリニア特性とは?イコールパーセント特性が利用される理由イコールパーセン ...

ReadMore

2020/3/16

【制御弁】ポジショナーって何?原理は?

空気動式の制御弁を選ぶときには、必ずポジショナーのタイプも選ばなければいけません。 しかし、制御弁についてあまり詳しくないうちは、ポジショナーが何のために必要なのか分からず何を選べばいいのかわからないという方も多いと思います。ネットで調べてみてもポジショナーがなぜ必要なのかを説明する分かりやすいサイトがなかったので、ここで簡単に解説してみたいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次1. ポジショナーとは?2. 電空ポジショナーと空空ポジショナーの使い分け3. まとめ 1. ポジショナーとは? ポジショナ ...

ReadMore

2020/3/16

【制御弁】制御弁が動く仕組みとは?

生産ラインの自動化には欠かすことの出来ない制御弁。今も多くの工場で、温度や圧力を一定にするために動いています。 工場の自動化が進む昨今では、手動でバルブを切り替えていたものに制御弁を導入して自動化するという事も多いのではないでしょうか? 今回は、制御弁がどのようにして動くのか。制御弁の仕組みについて解説してみたいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次1. 制御弁とは?2. 空動式の制御弁が動く仕組み3. 電動式の制御弁が動く仕組み4. まとめ 1. 制御弁とは? 制御弁は空気や電気の力でバルブの弁開度 ...

ReadMore

2020/3/16

【制御弁】正動作と逆動作の違い、使い分けは?

制御弁を選定する際には、正動作か逆動作かを決めなければいけません。では、正動作と逆動作は一体何が違うのでしょうか? 今回の記事では正動作と逆動作の違いとその使い分けについて書いてみたいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次1. 正動作と逆動作の違いとは?2. 正動作と逆動作の使い分け3. まとめ 1. 正動作と逆動作の違いとは? 正動作と逆動作の違いは次のようになります。 PID制御の場合 正動作・・・調節計からの出力が増加すると閉弁の方向に動く 逆動作・・・調節計からの出力が増加すると開弁の方向に動 ...

ReadMore

↓ 関連書籍



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

SAT『エネルギー管理士講座 熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗「JTEX」

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。「エネ管.com」というブログで工業系の技術に関する情報を発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援よろしくお願いします。

おすすめ記事!

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

3

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-制御弁

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.