エネルギー管理士に関する情報を発信します。

エネ管.com

【告知】毎週土曜日18:00~
環境やエネルギーをテーマにしたゆっくり解説動画を投稿していきます。
更新情報が届くので、ご興味ある方はチャンネル登録をお願いします!
過去のアップロード動画一覧はこちら

自動制御

【自動制御】プログラム制御って何?どんな時に使う?

更新日:

製品の温度を制御する仕組みの一つに「プログラム制御」というものがあります。

フィードバック制御やフィードフォワード制御に比べ、少し複雑なイメージがありますが、実際には非常によく使われる制御方式の1つです。

ここでは、プログラム制御とは何か?どんな時に利用されるかについて解説していきたいと思います。こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

プログラム制御とは?

プログラム制御はコトバンクによると「時間的に変化する量に対して、コンピューターにあらかじめ記憶させたプログラムに従って制御を行う方式。」となっています。

例えば、20℃の物質を90℃まで昇温させてから25℃まで冷却するという場合、プログラム制御では次のように細かく時間を設定することができます。

 

上図の制御では

  1. 20℃の物質を5分で50℃に昇温させる。
  2. 50℃で5分間維持する。
  3. 2分で90℃に昇温させる。
  4. 90℃で8分間維持する。
  5. 2分で60℃に冷却する。
  6. 5分間60℃を維持する。
  7. 3分間で30℃に冷却する。

という複雑な流れになり、昇温速度や冷却速度を細かく設定することができます。

実際に制御をかけた場合、多少のオーバーシュートやアンダーシュートが発生するため、上の図の赤字の様な制御になります。

設定値が徐々に変化していく事で、昇温スピードや冷却スピードが制御できているということが分かります。

これを、プログラム制御を用いなかった場合は次のような制御になります。

  1. 90℃に設定して成り行きで昇温させる。
  2. 20分後に設定温度を30℃に手動で変更して成り行きで冷却する。

この場合も一度90℃に昇温させてから、30℃に冷却させるという流れは同じですが、それまでの温度の上がり方が全く違うということが分かります。

このように、設定値と時間を入力しながら制御を行うことをプログラム制御といいます。

プログラム制御を使う理由

プログラム制御をする場合は、少し価格の高い高機能な調節計シーケンサなどの機器が必要であったり、そもそものプログラムを組む時間もかかります。

それでもプログラム制御を利用する理由は、温度を制御したい対象が、急激に温度を上げると内部の性質が変わってしまったり、昇温速度に反応速度が追いつかず上手く反応が進まなかったりすることがあるからです。

実際の工程では、高付加価値な製品であればあるほど、プログラム制御が用いられることが多いです。

まとめ

  • プログラム制御は設定値を時間と共に変化させながら行う制御。
  • プログラム制御は昇温速度や冷却速度を微細にコントロールできる。
  • 化学反応などが発生する生産物で利用されることが多い。

プログラム制御と聞くと、複雑なものを思い浮かべるかもしれませんが、実際には設定値と時間が任意に決められる制御というだけです。

非常に良く利用される制御方式なので、是非通常の制御との違いを理解しておきましょう。

自動制御についてはこちらもおすすめです。



サービス一覧

  • Twitter:日常で感じたことや更新情報をつぶやきます。
  • Youtubeチャンネル:環境やエネルギーをテーマに動画を投稿しています。
  • LINE公式アカウント:Youtubeの更新情報などを発信します。
  • Facebook:製造業ブロガーのクローズドコミュニティやってます。
  • 楽天ROOM:勉強になったおすすめの書籍を紹介しています。
  • note:思ったことを好き勝手に書いています。
  • ココナラ:計算エクセル、広告枠などを販売しています。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

その他の講座一覧はこちら

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

2

あなたエネルギー管理士の通信教育の中ではSATが一番よさそうだけど、実際のところどうなの?高い買い物 ...

-自動制御

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.