冷凍機

【冷凍機】吸収式冷凍機になぜ蒸気が使われるの?

更新日:

工場やビルの設備導入・更新時に、吸収式冷凍機という言葉を初めて耳にしたという人もいるのではないでしょうか。

使用するユーティリティを確認すると、「え、蒸気!?」と驚かれるかもしれません。

なぜ冷やす機器に熱い蒸気が必要なのか、解説したいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

吸収式冷凍機の原理

エアコン(冷房)や冷蔵庫は、ものの温度を下げるのに使用されますが、これらにはヒートポンプという技術が使われています。

この原理は、圧縮された液体が減圧時に気化する際に吸熱する反応を利用しています。

ヒートポンプについては以前の記事で詳細をまとめていますので、こちらもご覧ください。

【ヒートポンプ】省エネ機器といわれるのはなぜ?原理や用途を徹底解説

近年、省エネルギー機器の代表としてヒートポンプが良く出てきます。製品名としてはエコキュートやエコジョ ...

続きを見る

さて吸収式冷凍機は、ヒートポンプとは原理が異なります。

冷却の原理としては、塩濃度の薄い水蒸気を塩濃度の濃い水に吸収させることで減圧空間を作り出すことにより、水蒸気が発生する時の気化熱で熱を奪うという原理です。

ここでいう濃度は、溶媒に溶けた物質のことでよく、実際には塩ではなく臭化リチウムが用いられます。

順序としては、蒸発→吸収→再生→凝縮という4つのプロセスを機械の中で繰り返します。

吸収式冷凍機のサイクル

  1. 蒸発は、水が負圧空間にて気化して周囲の温度を下げるプロセスです。この空間(蒸発器)に水配管を通しておけば、中に流れる水が冷やされて出て行きます(吸熱)。
  2. 吸収とは上記のように、塩の濃い水に薄い水蒸気が溶けやすいという性質を利用したものです。濃度が高いものが液体を吸収するというのは、塩が湿気を吸うのと同じ原理です。水蒸気が液体の水になる(吸収される)とき、体積が数百倍小さくなるため空間(吸収器と蒸発器)の圧力が下がります。
  3. 濃度の上がった水を再び水蒸気に戻すのが再生と呼ばれるプロセスです。水を沸騰させても塩は液体側に残ったままなので、濃度の低い水蒸気だけが発生します。この空間を再生器と呼びます。
  4. 発生した水蒸気を⑴に戻して使うために、冷やして液体にします。冷たい水(実際には常温やそれ以上の温度)が流れる配管を通すことで、水蒸気が熱を奪われ水になります(凝縮器)。

動画がありましたのでこちらもご覧ください(2:47から吸収式冷凍機の説明が聞けます)

見てもらったように、ヒートポンプにあった高温高圧用の圧縮機がなく、吸収式冷凍機には水を循環させるポンプしか電気を使うものがないということがわかります。ヒートポンプタイプのターボ式冷凍機よりも電気代が安い所以です。

なお⑷のために用いられるクーリングタワー(水を熱交換器のコイル外部に流し、表面積を稼いで外気に晒し熱を下げる機器)は、吸収式・ターボ式冷凍機どちらにも使われます。

吸収式冷凍機に蒸気を使う理由

上記のプロセス⑶では溶媒である水を加熱し、水蒸気が次の工程へ移動します。ここで加熱が必要というわけです。

加熱方法にはバーナーでの加熱(つまり燃料が必要)、もしくは蒸気加熱を選択ができます。

一般的には(発電の原理的には)、電気は燃料よりも価格が高くなるため、燃料もしくは単価の低い蒸気で加熱を行った方が省エネルギーということになります。

使用先の現場において、

  • 燃料タンクと離れた場所に吸収式冷凍機を置く必要がある
  • 排熱ボイラの使用などで余剰な蒸気が工場にある、
  • 工場で使用できる電力の余分が少ない

という場合には蒸気加熱の吸収式冷凍機のメリットを十分活用できると言えるでしょう。

まとめ

  • 吸収式冷凍機の溶媒再生プロセスにて加熱が必要なので蒸気が使われる
  • 電気使用量はターボ式より抑えられるが、その分熱源が必要

吸収式冷凍機に熱が必要なんて直感的にはわかりにくいですが、イラストを見ながら原理を確認してみてください。

2020/5/18

【冷凍機】吸収式冷凍機になぜ蒸気が使われるの?

工場やビルの設備導入・更新時に、吸収式冷凍機という言葉を初めて耳にしたという人もいるのではないでしょうか。 使用するユーティリティを確認すると、「え、蒸気!?」と驚かれるかもしれません。 なぜ冷やす機器に熱い蒸気が必要なのか、解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次吸収式冷凍機の原理吸収式冷凍機に蒸気を使う理由まとめ 吸収式冷凍機の原理 エアコン(冷房)や冷蔵庫は、ものの温度を下げるのに使用されますが、これらには ...

ReadMore

2020/5/17

【冷凍機】チラーとブラインの違いとは?

熱交換器で冷却したいとき「近くにチラー水があるから利用できる」とか「ブラインは製品に混じると大変なのでやめましょう」とか言われることってありませんか? チラーとかブラインとか、専門用語を使われると何がちうのか分からなくなりますよね。今回は、チラーとブラインの違いについて調べたのでまとめてみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. チラーとブラインの違いとは?1-1. チラー1-2. ブライン2. まとめ 1. チラ ...

ReadMore

2020/2/27

【冷凍機】吸収式冷凍機のCOPはどうやって計算するの?

冷凍機やヒートポンプの能力を表す指標に成績係数COPという考え方があります。 COPは一般的に熱量を仕事で割った値で表されます。 $$COP=\frac{Q}{W}$$ Q:熱量 W:仕事 これが加熱用途であれば加熱できる熱量、冷却用とであれば冷却できる熱量が分子に来ます。 ヒートポンプでは供給電力に対して、空気から熱を奪う分だけ多く加熱できるのでCOPは3を超えるようなものもあります。 ターボ式冷凍機の場合も同様に、COPが大きくなるのはわかります。 ここで一つ疑問に思ったのです。   吸収式 ...

ReadMore

お勧め専門誌

   

   

SNSアカウント

エネ管.com

更新情報が届いたりチャット機能が利用出来ます。
是非、登録をお願いします!

Youtubeチャンネル登録

Twitterでフォロー

LINEで登録



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-冷凍機

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.