プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

熱利用設備

【熱利用設備】ボイラーのスケールとスラッジの違いとは?

投稿日:

ボイラーなどの機器効率を低下させる要因としてスケールやスラッジがあります。

今回はスケールとスラッジの違いについて書いていきたいと思います。

1. スケールとは

スケールは 水中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの鉱物が化合物となって機器の側面等に析出したものを言います。

スケールが発生すると、次のような問題がおきます。

  • 伝熱効率が低下する。
  • バルブなどが固着する。
  • 過加熱となり伝熱面に穴が開く。

スケールは鉄錆とは異なりますが、発生する問題が似ているため、要因の特定が難しいです。スケールと断定するためには、 配管の解放点検や成分分析が必要です。

スケールの画像検索はこちら(外部リンク)

スケールについてはこちらの動画が分かりやすいのでご覧ください。

2. スラッジとは

スラッジとは、配管の錆や有機的な化合物、機会油などが底部に集まった汚泥の総称を言います。スケールは、表面に張り付くものでスラッジは液体中に存在するものいうイメージになります。

スラッジと一言にいっても、業界ごとにそれが表す意味は様々で一概には決まっていません。産業廃棄物の業界では、排水の底にたまる様々な化合物の汚泥処理が大きな課題になっています。

ボイラーの場合は、給水中に含まれる不純物が蒸発によって濃縮され、缶内底部にたまる汚泥のことを言います。

スラッジが発生するとスケール同様、機器の故障や寿命低下につながります。

スラッジの画像検索はこちら(外部リンク)

スラッジに関する動画はこちらです。

3. スケールやスラッジを低減する方法

ボイラーなどの重要機器の場合、スケールやスラッジは連続運転を阻害する大きな要因となります。

スケールやスラッジが発生するリスクを下げる方法としては次のようなものがあります。

3-1. ブローを行う

定期的にブローを行うことで不純物を排出することができます。

ブローには、底部から行う缶底ブローと少量を水面付近から排出し続ける連続ブローがあります。

3-2. 水処理をする

スケールの原因となる鉱物を取り除く軟水処理や腐食を防止するアルカリ処理などを行うことで不純物の発生そのものを減らすことができます。

水処理に関してはこちらの記事に書いてますので参考にしてください。

【熱利用設備】ボイラー水の水処理とは?しないとどうなる?

ボイラーは水を加熱して蒸気を発生させる機器ですが、何も水処理をしていない工業用水をそのまま加熱すると ...

3-3. 定期メンテナンスをする

一度発生したスケールやスラッジは排出するのが難しいので、定期的な開放点検などのメンテナンスが必要です。

いまではボイラーの販売と合わせてメンテナンス契約を結ぶことが多くなっています。

4. まとめ

  • スケールは鉱物が化合物となって析出したもの
  • スラッジは不純物や錆びなどが集まった汚泥
  • 低減する方法は、ブロー、水処理、メンテナンスなどがある

スケールやスラッジはボイラーを管理する方にとっては頭の痛い問題です。

是非、普段からメンテナンスを適切に行い、トラブルの無いようにしていきましょう。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

おすすめ通信講座

技術講座専門の『JTEX』

① 効率よく勉強して一発で合格したい。
② 試験勉強の仕方が分からない。
③ 順番に体系的に勉強したい。

という方は通信講座の『JTEX』がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-熱利用設備

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.