ボイラー

【ボイラー】小型貫流ボイラーの5つのメリットとは?

最近では、多くの工場で保有水量の多い炉筒煙管ではなく、小型貫流ボイラーが採用されています。

その理由は小型貫流ボイラーには多くのメリットがあるからです。今回は小型貫流ボイラーの5つのメリットについて解説していきたいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。

1. 小型貫流ボイラーとは?

小型貫流ボイラーは水管ボイラーの一種で、管の一方から水を送り込み、もう一方から蒸気を取り出す構造になっているものです。

大体、0.5~2.5t/h程度の蒸気を発生させるものを小型貫流ボイラーと呼んでいます。近年では、自動制御技術の進歩と共に非常に多くの工場で採用が進んでいます。

定価は公表されていませんが、一般的には1基2000万円程度で、メンテナンス契約と合わせて販売されていることが多いです。

小型貫流ボイラーについてプレゼン動画があったので載せておきます。

2. 小型貫流ボイラーのメリット

小型貫流ボイラーのメリットは次の5つです。

2-1. エネルギー効率がいい

小型貫流ボイラーは保有水量が少なくコンパクトなため、エネルギー効率が高いです。

最近では給水と排ガスを熱交換させるエコノマイザ(節炭器)がユニットとして設置されていることも多くエネルギー効率は97%程度です。

また、燃料をガスにすれば酸露点を気にせず水蒸気の凝縮潜熱も回収できるためボイラー効率が100%をこえることもあります。

【ボイラー】排ガスの熱回収をするときに考慮するべき酸露点とは?

ボイラーやガスエンジン、ガスタービンなどから発生する排ガスは多くの熱エネルギーを含んでおり、それらの ...

【ボイラー】ボイラー効率って何?100%を超えるのはなぜ?

ボイラー効率とは、燃料の持つエネルギーの何%が蒸気に変換されたかという指標です。 ボイラー効率を計算 ...

2-2. 負荷に合わせて台数制御が出来る

小型貫流ボイラーは1ユニットが小型なため、複数台を組み合わせることで負荷に合わせた運転を行うことが出来ます。

ボイラーに限らずですが、機器には最もエネルギー効率がよい状態で運転できるポイントが決まっています。

そのため、大は小を兼ねるという考えで機器を選定するとエネルギー効率が低下してしまいます。

小型貫流ボイラーの場合、負荷が小さい時は少ない台数で運転、負荷が大きい時は複数台で運転というように負荷に合わせた制御を行うことが出来ます。

かつて、自動制御技術が進んでいなかった時代は最大負荷に合わせた大型ボイラーを設置するというのが一般的でしたが、近年の制御技術の向上に伴い小型貫流ボイラーの代数制御が一般的になっています。

2-3. 保有水量が少なく起動が短時間

ボイラーを立ち上げるためには、蒸気を発生させるために内部の保有水を加熱しなければいけません。

炉筒煙管ボイラーの場合は、保有水量が何百Lもあり、それを加熱するのに時間がかかるため立ち上げ時間が長くなります。

小型貫流ボイラーの場合、パイプを通りながら液相から気相に変化するという構造なので保有水量が比較的少なくなります。

これにより、スイッチを入れてから蒸気が発生し始めるまでの立ち上げ時間を抑えることが出来ます。

イメージで言うと、大きな鍋で水を沸かすのと小さな鍋で水を沸かすのはどっちが早いかという違いです。

2-4. 取り扱うのに資格が不要

一般的にボイラーを扱うのはボイラー技士の資格が必要ですが、蒸発圧力1MPaG以下の小型貫流ボイラーの場合は資格が不要になります。

工場としては、常にボイラー技士を確保する必要がなくなり、人件費を削減することが出来ます。

資格が不要というのも、小さな工場で小型貫流ボイラーが普及している大きな要因です。

2-5. 設置スペースがコンパクト

小型貫流ボイラーは炉筒煙管ボイラーなどに比べ、設置スペースがコンパクトになります。

ボイラー室には給水タンク、給水ポンプ、軟水装置、脱酸素装置、蒸気ヘッダーなど様々な機器を設置する必要がある為、設置スペースの問題は重要です。

特に都市部の工場の場合、設置スペースにシビアなことが多いため小型貫流ボイラーが良く採用されています。

3. まとめ

小型貫流ボイラーの5つのメリットは

  • エネルギー効率がいい
  • 負荷に合わせて台数制御が出来る
  • 保有水量が少なく起動が短時間
  • 取り扱うのに資格が不要
  • 設置スペースがコンパクト

小型貫流ボイラーは非常に普及が進んでいますが、何十トンもの蒸気を連続的に発生させたい場合は大型のボイラーが採用されます。

それぞれ利点がありますが、一定規模までの工場では、小型貫流ボイラーを選んでおけば間違いないと言えるかもしれません。

ボイラー

2021/8/29

【ボイラー】空気予熱器とは。目的や方式について解説

ボイラー効率を向上させる機器の一つに空気予熱器があります。 今回は空気予熱器とは何かについて解説したいと思います。こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 目次空気予熱器とは空気予熱器の目的ボイラー効率の向上二次側空気予熱器の腐食防止排熱の回収空気予熱器の方式フィンチューブ型ベアチューブ型まとめ 空気予熱器とは 空気予熱器はボイラーに送る燃焼用の空気を加熱する熱交換器のことを言います。 似たような役割をする機器にエコノマイザがありますが、エコノマイザはボイラー給水と ...

ReadMore

ボイラー

2021/8/29

【ボイラー】連続ブローはなぜ必要?缶底ブローとは何が違う?

ボイラーの運転動作の一つに連続ブローというものがあります。普段、ボイラーを扱う方にとっては当たり前のことですが、初めて見た方は何のために連続ブローをしているのか分からないこともあるかと思います。 今回は、ボイラーの連続ブローとは何か、また缶底ブローとの違いについて解説したいと思います。 目次連続ブローとは連続ブローの必要量連続ブローと缶底ブローの違いまとめ 連続ブローとは 連続ブローとは、ボイラー缶水で不純物が濃縮するのを防止するために缶水の一部を連続的に外部に排出することを言います。一般的には電磁弁や電 ...

ReadMore

ボイラー

2021/9/3

【ボイラー】脱気器はなぜ必要?原理や設置上の注意点について

高圧の蒸気を発生させるボイラーを使用する場合、必ずと言っていいほど脱気器がついています。 今回は、脱気器とは何か?について解説したいと思います。 目次脱気器とは脱気器の原理脱気器のポイント設定圧力設置位置容量選定条件まとめ 脱気器とは 脱気器はデアレーター(Dearator)とも呼ばれ、給水中に存在する酸素や二酸化炭素などの気体を除去するための装置です。 薬品を添加して脱気を行う機器も脱気器と呼びますが、大型の場合は蒸気で加熱を行うことで脱気を行う場合が多いです。脱気を行わずにボイラーに給水を行うと、水中 ...

ReadMore

ボイラー

2021/8/30

【ボイラー】スートブロワって何?その役割は?

ボイラーの運転ではしばしば、スートブロワと呼ばれる作業を行います。スートブロワが上手く作動しないとボイラーの寿命に大きな悪影響を与えます。 今回はスートブロワとは何なのか、スートブロワの目的や注意点について解説したいと思います。 目次スートブロワとは?スートブロワの方式長抜差型定置回転型往復動型定置固定型スートブロワの注意点まとめ スートブロワとは? スートブロワはすす吹きとも呼ばれ、ボイラーに定期的に行うメンテナンスの一つです。 ボイラーの蒸発管や過熱器、エコノマイザー(節炭器)などの燃料や排ガスを使う ...

ReadMore

ボイラー

2021/8/30

【ボイラー】廃熱ボイラーとは?熱源は何を使う?

工場や事業所の省エネを考えるとき、熱源の変更はテーマの一つとして上がります。 条件が合えば、廃熱ボイラーを検討に入れるのがよいかもしれません。今回は廃熱ボイラーとは何かについて解説していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 目次廃熱ボイラーとは廃熱ボイラーの熱源コークス石油化学製品硫黄ゴミバイオマスまとめ 廃熱ボイラーとは 大型プラントでは製鉄、石油化学品精製などで非常に高い温度(例えば製鉄なら炉内の温度が2000℃を超えます)が必要とされます。 燃焼 ...

ReadMore

公式スポンサー

生産工程の見える化なら

【Proceedクラウド】

・現場の写真が整理出来ていない
・外注先の状況が分からない
・技能伝承を効率的に行いたい

そんな悩みを全て解消できます!


Webマガジン

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。工業系エンジニアの副業に関してnoteも書いています。是非、Twitterのフォローお願いします。

note書いてます

技術ブログのマネタイズ方法や毎月の収益レポートをnoteにまとめています。
工業系エンジニアの副業に興味のある方はおすすめの内容です。

詳しくはコチラ

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士資格はもちろん独学でも取得できますが、ある程度の前知識がないと分厚い参考書を前に挫折 ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

4

電験三種は毎年受験者が4万人以上の資格で出題範囲が広く、合格率も10%以下と低いので色々な会社が通信 ...

-ボイラー
-

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5