蒸気

【蒸気】減圧すると乾き度が上がる?過熱になる?

更新日:

蒸気の流量を減圧弁やバルブなどによって絞ると、蒸気の乾き度が上昇したり、過熱蒸気になったりします。

その理由は、流量を絞ることで出口側の圧力は下がりますが、通過するエンタルピー(熱量)が一定だからです。

エネルギー管理士試験では、蒸気の絞り特性として出題されることがありますが、今回の記事では、蒸気を減圧することで乾き度が上昇したり、過熱蒸気になったりする理由を解説してみたいと思います。

減圧する蒸気が湿り蒸気の場合は乾き度が上がり、乾き蒸気の場合は過熱蒸気になります。

1. 蒸気を減圧するとどうなる?

前提として、蒸気が絞り膨張する場合は、バルブの入口と出口でエンタルピーは変化しません。

この特性によって、乾き度が向上したり過熱蒸気になったりします。

今回は0.6MPa(絶対圧力)⇒0.2MPaに減圧する場合を例にとって説明していきたいと思います。

次の飽和蒸気表を見ながら見ていきます。

1-1. 減圧する蒸気が湿り蒸気の場合

仮に入口の蒸気が乾き度80%の湿り蒸気の場合を想定してみます。

この時、減圧弁入口の0.6MPa蒸気の比エンタルピーは次の式で表せます。

湿り蒸気の比エンタルピーをh1、0.6MPaの飽和蒸気の比エンタルピーをh1''、飽和水の比エンタルピーをh1'、乾き度をxとすると

$$h1=h1''・x+h1'・(1-x)$$

これに、飽和蒸気表の値:h1''=2755、h1'=670、x=0.8を代入すると

$$h1=2755×0.8+670×0.2=2338[kJ/kg]$$

このようになります。

入口と減圧後の出口のエンタルピーは一定なので、減圧後の比エンタルピーも2338[kJ/kg]になります。

では次に、0.2MPaに減圧した後の蒸気の乾き度を求めてみましょう。

減圧後の蒸気の比エンタルピーをh2、0.2MPaの飽和蒸気の比エンタルピーをh2''、飽和水のエンタルピーをh2'、乾き度をx2とすると

$$h2=h2''・x2+h2'・(1-x2)$$

この式を乾き度を求める式に変換すると

$$x2=\frac{h2-h2'}{h2''-h2'}$$

等エンタルピー変化のため、h2=h3=2338とすると、これに飽和蒸気表の値:h2''=2706、h2'=504を代入すると

$$x2=\frac{2338-504}{2707-504}=0.83$$

減圧後の乾き度は83%になり、80%から乾き度が3%上昇していることになります。

1-2. 減圧する蒸気が乾き蒸気の場合

次に、減圧する蒸気が乾き度100%の飽和蒸気の場合を考えます。

乾き度100%の時の0.6MPaの蒸気の比エンタルピーは、蒸気表から2755[kJ/kg]だとわかります。等エンタルピー変化するので、減圧後の0.2MPaの蒸気も2755[kJ/kg]の熱量を保有することになります。

蒸気表を見てみると、0.2MPaの飽和蒸気の全熱は2706[kJ/kg]になっています。

 

では、この差49kJはどのようにエネルギーとして保有されるのでしょうか?

 

この場合、飽和蒸気として保有できないので、温度上昇のエネルギーとして使用され、過熱蒸気になります。

飽和蒸気より何℃高くなるのかを調べるためには、「過熱蒸気表」(外部リンク)を用います。これによると、0.2MPaで200℃の過熱蒸気の比エンタルピーは2870[kJ/kg]となっています。

この情報から簡易的に、0.2MPaの過熱蒸気の比熱を2.1kJ/kg℃と仮定すると、上昇する温度は

$$\frac{49}{2.1}=23.3[℃]$$

となります。

よって減圧後の0.2MPaの過熱蒸気の温度は飽和温度を足した値の143.5℃になります。この時の過熱度は23.3℃ということになります。

過熱蒸気についてはこちらの動画がわかりやすいので載せておきます。

2. まとめ

この記事のポイント

蒸気を減圧するときは等エントロピー変化する。

それにより次のような変化を起こす。

  1. 湿り蒸気の場合⇒乾き度が向上する
  2. 乾き蒸気の場合⇒過熱蒸気になる

今回はいろいろと仮定を置いて計算しましたが、実際には乾き度を測定することは難しいので、センサーなどで取得した温度から逆算するなどの検討が必要です。

2020/5/16

【蒸気】スチームアキュムレータは何のために使われているの?

現場のボイラー室にアキュムレータと呼ばれる大きな装置を見たことはありませんか? 初めて見る方は、何のためにあるのだろうと思った方も少なくないはず。また省エネ検討時には名前が上がる装置でもあります。今回はスチームアキュムレータについて解説します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次スチームアキュムレータとはスチームアキュムレータのメリット負荷変動を吸収できる省エネになるスチームアキュムレータのデメリット蒸気使用量が少ない時でも熱を消 ...

ReadMore

2020/6/8

【蒸気】めちゃくちゃ単純!過熱蒸気の過熱度とは?

蒸気には飽和蒸気よりも温度の高い過熱蒸気というものがあります。過熱蒸気は飽和蒸気と違い圧力によって温度が決まっているわけではありません。 大規模なプラントなどでは過熱蒸気の状態で輸送されることが多いです。今回は過熱蒸気の温度を表す過熱度について書いてみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. 過熱度とは?2. 過熱蒸気は何に使う?3. まとめ 1. 過熱度とは? 過熱度とは、過熱蒸気が飽和温度より何℃高いかを表す指 ...

ReadMore

2020/2/29

【蒸気】減圧すると乾き度が上がる?過熱になる?

蒸気の流量を減圧弁やバルブなどによって絞ると、蒸気の乾き度が上昇したり、過熱蒸気になったりします。 その理由は、流量を絞ることで出口側の圧力は下がりますが、通過するエンタルピー(熱量)が一定だからです。 エネルギー管理士試験では、蒸気の絞り特性として出題されることがありますが、今回の記事では、蒸気を減圧することで乾き度が上昇したり、過熱蒸気になったりする理由を解説してみたいと思います。 減圧する蒸気が湿り蒸気の場合は乾き度が上がり、乾き蒸気の場合は過熱蒸気になります。 目次1. 蒸気を減圧するとどうなる? ...

ReadMore

お勧め専門誌

   

   

SNSアカウント

エネ管.com

更新情報が届いたりチャット機能が利用出来ます。
是非、登録をお願いします!

Youtubeチャンネル登録

Twitterでフォロー

LINEで登録



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-蒸気
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.