蒸気

【蒸気】蒸気の圧力を下げると省エネになるのはなぜ?デメリットは?

先日読者の方から「蒸気の圧力を下げると省エネになるのはなぜか教えてほしい」という質問をいただきました。

そこで、今回はその回答を記事にしてみたいと思います。

【蒸気】直接加熱をした場合の計算方法は?

前回、蒸気の圧力を下げると省エネになるのか?という記事で間接加熱の場合の計算を記載したので、今回は直 ...

続きを見る

蒸気の圧力を下げると省エネになるといわれる理由

熱交換器に供給する蒸気の圧力を下げると省エネになるといわれる理由は「圧力を下げた方が潜熱が増加するから」です。

熱交換器を用いた間接加熱では、被加熱物を加熱するのに使用するのは蒸気の潜熱です。交換熱量を加熱している蒸気の潜熱で割ると蒸気使用量が計算できますが、分子の潜熱が大きくなることにより使用量が小さくなるというわけです。

但し、これはあくまで熱交換器単体での話なので発生する復水の熱量を全量回収出来ている場合にはあまり効果がありません。また、余程圧力の下げ幅が小さくない限りは省エネ効果は小さいので、有効な策かどうかは微妙なところです。

加えて、蒸気圧力制御の場合は効果がありますが、被加熱物の出口温度制御の場合は蒸気の温度は成り行きになるので効果はありません。

圧力が下がれば潜熱が上がるというのは蒸気表で確認することが出来ます。

蒸気の圧力を下げることによるデメリット

一方、蒸気の圧力を下げることによるデメリットもあります。

比体積が大きくなり流速が大きくなる

蒸気は圧力が下がると比体積が大きくなるので、同じ配管径で同じ量を流そうとすると流速が大きくなります。これにより配管の摩耗が進んだり、圧力損失が大きくなり、欲しい圧力が末端で得られなくなります。

熱交換器選定時の仕様より蒸気の圧力を下げる場合は、下げても問題ないか確認が必要です。

【配管】流速が速いと何が問題?配管設計で流速が重要な理由

水、ガス、蒸気などの配管を設計する際には、配管内の流体の流速が重要です。 流速が遅い分には問題ありま ...

続きを見る

熱交換器、制御機器の能力が小さくなる

熱交換器の伝熱能力は伝熱面積A[m2]、熱貫流値K[kJ/m2h℃]、加熱物と被加熱物の温度差Δt[℃]で決まります。蒸気圧を下げると、加熱物の温度を下げることになるため、熱交換器の伝熱能力が低下することになります。

また、制御弁などの機器の選定は一次側圧力、二次側圧力、必要蒸気量によってされるので、一次側圧力が低下することにより供給できる能力が低下します。現状、能力に余裕があるかなど事前に確認が必要です。

【伝熱工学】熱伝導率と熱伝達率の違いは!?2つを合わせたU値の求め方

熱伝導率と熱伝達率の違いは何でしょう? どちらも熱の伝わりやすさを表しているので勘違いすることもあり ...

続きを見る

【熱交換器】熱交換器の伝熱面積計算方法

プラントや工場などで廃棄されている熱を熱交換器で回収したいときその熱交換器がどの程度のサイズになるの ...

続きを見る

蒸気の圧力を下げるとどの程度省エネになるのか

実際に計算してみたいと思います。10℃の水10トンを60℃まで加熱するのに必要な蒸気量を0.3MPaGと0.6MPaGで比較します。

必要な交換熱量は水の比熱を4.186kJ/kgKとすると0.3MPaGの蒸気の潜熱は2133kJ/kg、0.6MPaGの蒸気の潜熱は2065kJ/kgなのでそれぞれ必要な蒸気量を計算すると次のようになります。

  • 0.3MPaGの場合:981kg
  • 0.6MPaGの場合:1014kg

よって0.3MPaGにした方が3.2%蒸気消費量が減るということになります。減圧幅が大きくなればなるほど、効果も大きいので一度条件を変えて計算してみてください。

まとめ

  • 蒸気の圧力を下げると省エネになる理由は潜熱が上がるから。
  • 流速が上がる、伝熱能力が低下するなどのデメリットもある。
  • 効果は数%程度だが、熱を全て回収している場合は効果が薄い。

圧力が高い方が温度が高く熱量も大きいですが、復水として排出される熱量も大きくなるので、その分のエネルギーが無駄になるということです。

1つの考え方として参考にしていただけると嬉しいです。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

その他の講座一覧はこちら

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-蒸気

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5