プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

電気機器

【電気機器】サーマルがトリップしたってどういうこと?詳しく解説してみた

更新日:

電動機などを扱っていると「サーマルがトリップして動かなくなった」なんて言葉を聞くことはありませんか?

電気についてある程度慣れている人にとっては当たり前のように扱う言葉ですが、始めて聞いた人にとっては何のことを言っているのかわからないということもあるかと思います。

今回は「サーマルがトリップする」とはどういうことかについて詳しく解説してみたいと思います。

1. サーマルがトリップするとは?

サーマルがトリップするというのは、機器を保護するためのサーマルリレーに過電流が流れ、強制的に回路が遮断されることを言います。過電流の原因としては、漏電、短絡、ゴミ噛み、過負荷などが挙げられます。

サーマル(Thermal)は熱という意味で、サーマルリレーは熱によって開閉するリレーのことを言います。また、トリップ(Trip)は外れる、切れるという意味を表します。

つまり「サーマルがトリップする」とは言い換えると「サーマルリレーの接続が切れる」という事を表します。

サーマルリレーは中に過電流によって熱を発生するヒーターと温度を感知するバイメタルが入っています。サーマルリレーに過電流が流れるとヒーターが熱を発し、バイメタルが湾曲する事で強制的に回路を遮断する機器です。

2. サーマルがトリップするとどうなる?

三相誘導電動機の一般的な回路を書きました。

通常、電源から配線用遮断器(MCCB)を通ってサーマルリレーにつながります。間に入っている電磁リレー(MC)は遠隔により安全に運転・停止が行えるようになっています。

サーマルリレーの接続が切れると、モーターへの回路が途切れるため運転ボタンを押しても電動機が動かなくなります。

サーマルリレーについているスイッチを押すと復帰させることができますが、過電流の原因が解消していない場合は、再びトリップするので注意が必要です。

【電気機器】NFBとELBの違い、使い分けは?

制御機器に電源から電気を供給する際には、安全機能としてブレーカーが必要です。ブレーカーを選ぶ際には配 ...

3. まとめ

  • サーマルがトリップするとは、過電流により回路が遮断されること。
  • トリップすると電動機が動かなくなる。
  • 復帰させるためには過電流の原因を特定する必要がある。

電気を扱う現場では聞きなれない言葉も多いですが一つずつ意味を理解していけば単純なものが多いです。

リレーやシーケンスについて知りたい方はこちらの書籍もおすすめです。



SNSアカウント

エネ管.com

過去問で実際に出題された暗記問題を定期的につぶやきます。
すき間時間での復習に役立ちます。

ブログの更新情報や最新ニュースをお届けします。

プラント業界専門の転職サイト

・プラント業界でのスキルを活かしたい
・プラント業界で働いてみたい
・効率よく転職活動がしたい

そんな方にお勧めの転職サービスです。

プラント特区はコチラ

おすすめ通信講座

技術講座専門の『JTEX』

① 効率よく勉強して一発で合格したい。
② 試験勉強の仕方が分からない。
③ 順番に体系的に勉強したい。

という方は通信講座の『JTEX』がおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事!

1

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

2

エネルギー管理士の資格を取ろうとしていたり、すでに資格を持っている方にとって、エネルギー管理士の資格 ...

-電気機器

Copyright© エネ管.com , 2019 All Rights Reserved.