バルブ

【バルブ】ボールバルブとグローブバルブの使い分けについて

物体の流れを止めるバルブには様々な種類があります。どのバルブも「流れを止める」という目的は同じですが、場合によってどのバルブを選択すればいいか迷うことってありませんか?

今回は、そんなバルブの中でも代表的なボールバルブとグローブバルブの使い分けについて解説したいと思います。

こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもご覧ください。

ボールバルブとグローブバルブ

ボールバルブとグローブバルブの特徴を比較すると以下のような違いがあります。

 ボールバルブグローブバルブ
全開、全閉90°回すだけ何度も回して全開、閉する
流量調整難しい適している
圧力損失

ボールバルブとグローブバルブでは弁内部の構造が違います。

ボールバルブは中に穴の開いた球が入っており、その球を90°回転させることによって開閉を行います。中の構造については下のメーカーのホームページのバルブの基礎という項目を参照にしてください。

KITS HP(外部リンク)

一方、グローブバルブはバルブ内がS字状になっており、弁体をSのくびれの箇所に押し付けることで開閉を行います。このような内部構造から、同じ量の流体が流れたとき、ボールバルブに比べ、グローブバルブのほうが圧力損失が大きくなります。

圧力損失が大きくなると、流速が大きくなった際に欲しい圧力が得られなくなり、機器の性能を発揮できないなどの問題が発生します。グローブバルブを選定する際はバルブの圧力損失も考慮しながら流体の圧力を決めてやる必要があります。

ボールバルブとグローブバルブの使い分け

このような構造の違いから、ボールバルブとグローブバルブの使い分けは次のようになります。

ボールバルブが適している場合

  1. 頻繁に全開、全閉の操作をする。
  2. 流体を完全に遮断したい。
  3. 圧力損失を少なくしたい。

ボールバルブは基本的に全開または全閉で使用します。そのため開度調整を目的とした用途には向いていません。一方「全開→全閉」または「全閉→全開」までハンドルを90°回すだけなので、瞬時に流体を止めることができます。

また、構造状圧力損失が少ないことから、常に全開で使用する場合はボールバルブが適しています。具体的には次のような場所でのボールバルブの使用が適しています。

  • 常時運転を行う機器の入出口
  • 緊急時に瞬時に流体を止める必要がある場所

似た用途で全開、全閉で使用するバルブにゲートバルブがあります。こちらは「全開⇔全閉」までハンドルを何度も回転させる必要があります。 一方、大口径の場合はボールバルブでは開閉に必要な力(トルク)が大きくなるためゲートバルブの方が適しています。

グローブバルブが適している場合

  1. 流量を調整したい。
  2. 微開状態で使用することがある。
  3. 多少の圧職損失が問題にならない。

グローブバルブは主に流量調整を行いたい場合に使用します。

また、一見グローブバルブと構造が似ているゲートバルブですが全開以外で使用した場合、弁体が徐々に削られ、全閉時のシール性が悪化するため流量調整には不向きです。

よって流量を調整したり、微開運転させる可能性がある場合はボールバルブやゲートバルブではなくグローブバルブを設置するほうが良いと言えます。

具体的には、次のような場所でグローブバルブの使用が適しています。

  • 減圧弁、熱交換器など主要な機器のバイパス
  • 水道の蛇口、エアの止め弁など

機器へバイパスラインを設ける場合、バイパスラインにグローブバルブを設置し、機器の前後にはボールバルブやゲートバルブを使用する場合が多いです。

ゲートバルブと似た構造のものでバタフライバルブもあります。バタフライバルブの場合は流量調整はできますが、調整感度はグローブバルブより悪く、150A以上の大口径の配管などに使用することが多いです。

バタフライバルブについては次の記事にまとめてあるので合わせてご覧ください。

【バルブ】バタフライバルブのメリット・デメリットは?

バタフライバルブという型式を聞かれたことはありますか?現場では「バタ弁」と呼ばれることもあります。 ...

続きを見る

まとめ

  • ボールバルブは全開、全閉のみの用途で主に装置の入口、出口に使用する。
  • グローブバルブは開度調整が必要な個所に使用する。
  • グローブバルブはフルポートではなく圧力損失が大きいので注意する。

バルブなんてどれでもいいと考えがちですが、色々な種類があるということは、それぞれに使い分けが必要という意味があります。

安易に選択せずに、実際に使用するときを思い浮かべながら、より最適なバルブを選ぶように心がけてはいかがでしょうか?

バルブ

2021/8/30

【バルブ】バタフライバルブのメリット・デメリットは?

バタフライバルブという型式を聞かれたことはありますか?現場では「バタ弁」と呼ばれることもあります。 バルブの選定で、「どの方式を選ぶのがいいのだろう」と迷われた経験のある方向けに、今回はバタフライバルブのメリット・デメリットについて解説をしたいと思います。 目次バタフライバルブとはバタフライバルブのメリット流路が大きく、圧力損失が小さい設置スペースが小さい開閉トルクが小さいバタフライバルブのデメリット高いシール性が求められる場所には不向き温度制限がある流量制御には向かないバタフライバルブを利用した方がいい ...

ReadMore

バルブ

2021/9/2

【バルブ】バルブに保温は必要?年間放熱ロス金額と保温カバーの投資採算性について

高温流体を送る配管には、火傷防止、省エネの観点で保温は必須です。保温をするかしないかで年間数百万円もコストに差が出てきてしまいます。 では、バルブの放熱はどの程度あるのでしょうか? 今回はバルブの放熱量や保温した場合のメリットについて記事を書いてみたいと思います。 目次1. バルブを保温しなかった場合の放熱ロス金額1-1. 50A グローブバルブの場合1-2. 100A グローブバルブの場合2. バルブの保温をした場合の放熱ロス金額3. バルブ保温の投資採算性は?4. まとめ 1. バルブを保温しなかった ...

ReadMore

バルブ

2021/9/3

【バルブ】Cv値から流量を計算する方法は?

バルブの回転数からそこに流れている流量を知りたい!という事はありませんか?制御弁やバルブにはCv値という値が決められており、Cv値が分かれば前後の圧力差から流量を計算することができます。 今回はバルブのCv値と前後の圧力差から流量を計算する方法について書いてみたいと思います。 目次1. Cv値とは?2. Cv値と差圧から流量を計算する方法3. 実際の微開状態のバルブのCv値は?4. まとめ 1. Cv値とは? まずは、Cv値とはなんぞや?というところから見てみようと思います。 Cv値とは「バルブの入出の圧 ...

ReadMore

バルブ

2022/1/21

【バルブ】ボールバルブとグローブバルブの使い分けについて

物体の流れを止めるバルブには様々な種類があります。どのバルブも「流れを止める」という目的は同じですが、場合によってどのバルブを選択すればいいか迷うことってありませんか? 今回は、そんなバルブの中でも代表的なボールバルブとグローブバルブの使い分けについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもご覧ください。 目次ボールバルブとグローブバルブボールバルブとグローブバルブの使い分けボールバルブが適している場合グローブバルブが適している場合まとめ ボールバル ...

ReadMore







公式スポンサー

生産工程の見える化なら

【Proceedクラウド】

・現場の写真が整理出来ていない
・外注先の状況が分からない
・技能伝承を効率的に行いたい

そんな悩みを全て解消できます!


詳しくはこちら

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。工業系エンジニアの副業に関してnoteも書いています。是非、Twitterのフォローお願いします。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

近年、人手不足や国際競争力維持のためにクラウドやAI技術などのIT技術を製造業などのレガシー産業に導 ...

2

エンジニアとして働くなら専門分野に関する日々の勉強は必須です。 ただ、通常の業務が忙しく勉強の時間が ...

3

プラント業界で働いている自分が転職するとしたらどんな転職先があるのか気になることはないでしょうか。 ...

-バルブ

© 2022 エネ管.com Powered by AFFINGER5