工事

【工事】タッププレートとは何か?目的、機器の据付に必要な理由は?

機器の据付について記載のある仕様書などに「タッププレート、ボルト、ナットを付属する」などという文言を見たことはないでしょうか?

普段あまり目にすることのない言葉なので、初めて見る人にとっては何に使用するのか分かりにくいかと思います。そこで今回は、機器の据付になぜタッププレートが必要なのかについて解説したいと思います。

タッププレートとは

(出典:Yahooショッピング「リテーニングプレート タップタイプ」

タッププレートは一般的にタップ(ねじ穴)加工された金属のプレートの事を言います。工事の現場では主に鉄骨上に機器を設置する場合に使用します。

タッププレート自体は様々な機器の部品として使用されますが、今回は機器を据え付ける際に使用するタッププレートについて解説します。

タッププレートの目的

機器の据え付けでタッププレートを使用する場合の目的は、鉄骨と機器をボルトで接続することです。

タッププレートを使用して鉄骨に機器を据付した場合の流れを解説します。

コンクリート基礎の場合

まず、一般的なコンクリート基礎の場合でケミカルアンカーを使用した場合は次のような手順になります。

まずドリルで穴を開け、粉などを取り除いた後にケミカルアンカーを投入します。そこにアンカーボルトを差し込み樹脂が固着した後に機器を据え付けます。

最終的には下のような形で機器が設置されることになります。

鉄骨の場合

これが鉄骨に据え付ける場合は次のような流れになります。

まず鉄骨の上にタッププレートを置き、溶接で接続します。そこにボルトを立てて機器を設置しナットで止めれば据え付けることが出来ます。直接機器と鉄骨を溶接することもできますが、メンテナンスの事も考えるとタッププレートを使用することで取り外せるようになるので便利です。

最終的には次のような形で鉄骨上に機器が設置されます。

エコおじい
もちろん機器の大きさなどによって工事の手順は変わりますが、概略のイメージはこんな感じです。

まとめ

  • タッププレートはタップ(ねじ穴)加工された金属のプレート
  • 鉄骨と機器を接続する際に使用する
  • 溶接する場合に比べ、機器の取り外しが容易なのでメンテナンス性が上がる

始めて仕様書を作成したりするときには、分からない言葉が多く混乱していきますが、意味を理解すれば意外と簡単に感じるかもしれません。

一つ一つ着実に理解していきましょう。

技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

目次1. エネルギー管理士試験の合格体験談1-1. ほぼ無勉強で受験~1年目~1-2. 過去問を中心 ...

2

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

3

目次SATとはSATの通信講座の特徴WebやDVDで講義動画が見られるシンプルで分かりやすいテキスト ...

-工事

© 2021 エネ管.com Powered by AFFINGER5