制御盤

【制御盤】サーマルがトリップしたってどういうこと?詳しく解説してみた

電動機などを扱っていると「サーマルがトリップして動かなくなった」なんて言葉を聞くことはありませんか?

電気についてある程度慣れている人にとっては当たり前のように扱う言葉ですが、始めて聞いた人にとっては何のことを言っているのかわからないということもあるかと思います。

今回は「サーマルがトリップする」とはどういうことかについて詳しく解説してみたいと思います。動画でも解説しているので、良ければこちらもどうぞ。

サーマルがトリップするとは?

サーマルがトリップするというのは、機器を保護するためのサーマルリレーに過電流が流れ、強制的に回路が遮断されることを言います。過電流の原因としては、漏電、短絡、ゴミ噛み、過負荷などが挙げられます。

サーマル(Thermal)は熱という意味で、サーマルリレーは熱によって開閉するリレーのことを言います。また、トリップ(Trip)は外れる、切れるという意味を表します。

つまり「サーマルがトリップする」とは言い換えると「サーマルリレーの接続が切れる」という事を表します。

サーマルリレーは中に過電流によって熱を発生するヒーターと温度を感知するバイメタルが入っています。サーマルリレーに過電流が流れるとヒーターが熱を発し、バイメタルが湾曲する事で強制的に回路を遮断する機器です。

アニメーションを作成したのでこちらをご覧ください。

ヒューズやサーキットプレテクタも同様の目的で使用されます。

※ このようなアニメーション動画の作成に興味があるという方はこちらのページをご覧ください。

アニメーション動画作成サービスについて

当サイトではアニメーション動画作成サービスを販売しております。アニメーション動画に興味があるという方 ...

続きを見る

サーマルがトリップするとどうなる?

三相誘導電動機の一般的な回路を書きました。

通常、電源から配線用遮断器(MCCB)を通ってサーマルリレーにつながります。間に入っている電磁リレー(MC)は遠隔により安全に運転・停止が行えるようになっています。

サーマルリレーの接続が切れると、モーターへの回路が途切れるため運転ボタンを押しても電動機が動かなくなります。

サーマルリレーについているスイッチを押すと復帰させることができますが、過電流の原因が解消していない場合は、再びトリップするので注意が必要です。

【制御盤】NFBとELBの違い、使い分けは?

制御機器に電源から電気を供給する際には、安全機能としてブレーカーが必要です。ブレーカーを選ぶ際には配 ...

続きを見る

まとめ

  • サーマルがトリップするとは、過電流により回路が遮断されること。
  • トリップすると電動機が動かなくなる。
  • 復帰させるためには過電流の原因を特定する必要がある。

電気を扱う現場では聞きなれない言葉も多いですが一つずつ意味を理解していけば単純なものが多いです。







公式スポンサー

生産工程の見える化なら

【Proceedクラウド】

・現場の写真が整理出来ていない
・外注先の状況が分からない
・技能伝承を効率的に行いたい

そんな悩みを全て解消できます!


詳しくはこちら

  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。現在、5つのブログを運営中。毎月収益レポートを公開しています。是非、Twitterのフォローお願いします。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ記事

1

近年、人手不足や国際競争力維持のためにクラウドやAI技術などのIT技術を製造業などのレガシー産業に導 ...

2

エンジニアとして働くなら専門分野に関する日々の勉強は必須です。 ただ、通常の業務が忙しく勉強の時間が ...

-制御盤

© 2022 エネ管.com Powered by AFFINGER5