冷凍機

【冷凍機】吸収式冷凍機のCOPはどうやって計算するの?

更新日:

冷凍機やヒートポンプの能力を表す指標に成績係数COPという考え方があります。

COPは一般的に熱量を仕事で割った値で表されます。

$$COP=\frac{Q}{W}$$

Q:熱量 W:仕事

これが加熱用途であれば加熱できる熱量、冷却用とであれば冷却できる熱量が分子に来ます。

ヒートポンプでは供給電力に対して、空気から熱を奪う分だけ多く加熱できるのでCOPは3を超えるようなものもあります。

ターボ式冷凍機の場合も同様に、COPが大きくなるのはわかります。

ここで一つ疑問に思ったのです。

 

吸収式冷凍機のCOPってどうやって計算するんだろう?

 

と。

なぜなら吸収式冷凍機の場合は、電力はポンプで冷媒を循環させる程度にしか使用せず、圧縮機がないからです。

動力としては、電力による圧縮を使わず、熱源として薄まった液を蒸気やガスで加熱して再生するからです。

そこで、少し調べてみると・・・

 

結論としては、吸収式冷凍機の場合は、分母が蒸気(ガス)の供給熱量に変わるようです。

吸収式冷凍機の場合は次のような式になります。

$$COP=\frac{Q(冷却能力)}{Q(再生熱源)}$$

吸収式冷凍機の場合はCOPは性能のいいもので1.5程度でターボ冷凍機よりは悪くなるようです。

ちなみに、どちらも大型タイプから小型タイプまでラインナップがあります。

 

ここでふと疑問に思いました。

 

じゃあ吸収式冷凍機いらない?

 

ターボ式冷凍機は電力と冷媒を使って冷却します。大型から小型まであります。

吸収式冷凍機は蒸気やガスなどの熱源を使って冷却します。大型から小型まであります。

 

ターボ式冷凍機のほうがCOPは高いです。

 

やっぱり吸収式冷凍機いらない??

 

少し調べてみると、どうやらそういうわけでもないようです。

例えば吸収式冷凍機では熱源を使用して、冷却できるのでプラントに大量の廃熱がある場合は、それを利用して冷却ができます。

つまり、使いようのない熱を冷却に利用できるという利点があります。

また、ターボ式冷凍機では、使いようのない熱で高温になった冷媒を冷やす必要があります。

 

大きく分けるとこの違いのようです。

 

単体で見るとターボ式冷凍機のほうが優秀ですが、使い方によっては吸収式冷凍機が有効な場合もあるということです。

【冷凍機】吸収式冷凍機になぜ蒸気が使われるの?

工場やビルの設備導入・更新時に、吸収式冷凍機という言葉を初めて耳にしたという人もいるのではないでしょ ...

続きを見る

ヒートポンプの動画を載せておきますので、もしよろしければどうぞ。

2020/5/18

【冷凍機】吸収式冷凍機になぜ蒸気が使われるの?

工場やビルの設備導入・更新時に、吸収式冷凍機という言葉を初めて耳にしたという人もいるのではないでしょうか。 使用するユーティリティを確認すると、「え、蒸気!?」と驚かれるかもしれません。 なぜ冷やす機器に熱い蒸気が必要なのか、解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次吸収式冷凍機の原理吸収式冷凍機に蒸気を使う理由まとめ 吸収式冷凍機の原理 エアコン(冷房)や冷蔵庫は、ものの温度を下げるのに使用されますが、これらには ...

ReadMore

2020/5/17

【冷凍機】チラーとブラインの違いとは?

熱交換器で冷却したいとき「近くにチラー水があるから利用できる」とか「ブラインは製品に混じると大変なのでやめましょう」とか言われることってありませんか? チラーとかブラインとか、専門用語を使われると何がちうのか分からなくなりますよね。今回は、チラーとブラインの違いについて調べたのでまとめてみたいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次1. チラーとブラインの違いとは?1-1. チラー1-2. ブライン2. まとめ 1. チラ ...

ReadMore

2020/2/27

【冷凍機】吸収式冷凍機のCOPはどうやって計算するの?

冷凍機やヒートポンプの能力を表す指標に成績係数COPという考え方があります。 COPは一般的に熱量を仕事で割った値で表されます。 $$COP=\frac{Q}{W}$$ Q:熱量 W:仕事 これが加熱用途であれば加熱できる熱量、冷却用とであれば冷却できる熱量が分子に来ます。 ヒートポンプでは供給電力に対して、空気から熱を奪う分だけ多く加熱できるのでCOPは3を超えるようなものもあります。 ターボ式冷凍機の場合も同様に、COPが大きくなるのはわかります。 ここで一つ疑問に思ったのです。   吸収式 ...

ReadMore

お勧め専門誌

   

   

SNSアカウント

エネ管.com

更新情報が届いたりチャット機能が利用出来ます。
是非、登録をお願いします!

Youtubeチャンネル登録

Twitterでフォロー

LINEで登録



おすすめ通信講座

エネルギー管理士熱分野講座

・効率よく短期間で確実に合格したい
・スマホを使ってすき間時間に勉強したい
・独学だけでは分かりにくい

そんな方にお勧めの通信講座です。

現場技術の資格を取るなら!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。現場技術系の資格取得をサポートするおすすめの通信講座を紹介します。

シンプルで分かりやすいテキスト『SAT』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

現場系通信講座の老舗『JTEX』

40年の実績がある現場系通信講座の老舗です。動画はなく、レポート提出形式の通信講座になります。価格もお手頃でテキストが分かりやすいと評判です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラント系エンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

おすすめ記事

1

あなたエネルギー管理士の資格を最短で取得したい。でも、熱力学や流体工学を学んだことがないので、独学だ ...

2

これからエネルギー管理士試験を受けるあなたのために、最短時間でエネルギー管理士に合格する方法を紹介し ...

-冷凍機
-,

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.