ボイラー

【ボイラー】プライミングとフォーミングの違い

ボイラーからボイラー水が持ち出されることをキャリーオーバーといいます。

キャリーオーバーには発生する要因によってプライミングとフォーミングという2つ分けることができます。

この2つの現象は似ているようで発生要因が全然違います。今回はプライミングとフォーミングについて、発生要因やその対策を解説してみたいと思います。

1. プライミングとフォーミングの違い

1-1. プライミング

プライミングはボイラ負荷変動、ドラム水位の上昇によってボイラー水と蒸気が気液分離されないまま送り出される現象 のことです。

これは、炭酸水を振ってから蓋を開けると中の液体があふれ出すことに似ています。

  1. 炭酸水を振ると、溶けていた二酸化炭素が気化して内圧が上がる
  2. 蓋を開けることで一気に内圧が下がる
  3. 液体が泡立ち、あふれ出す

これがボイラーで発生するのがプライミング現象です。

1-2. フォーミング

フォーミングはボイラ水中の油脂類,溶解固形物,浮遊物などによってドラム水面 に多量のあわを生ずる現象です。

フォーミングでイメージするのは、石鹸や洗剤を溶かした水に空気を入れると泡立つというイメージが近いです。

  1. 水は空気が入っても表面張力によって泡がすぐ消える
  2. 石鹸水や洗剤が混ざると界面活性によって水の表面張力が下がる
  3. 空気が入ると泡立つ

ボイラー水中に不純物が混じることによって泡立ちが発生するのがフォーミングです。

石鹸の原料は油脂なので、感覚的にも理解できるかと思います。

2. ボイラー水が持ち出されると?

プライミングやフォーミングによってボイラー水が持ち出されると工場の生産に影響を与えます。

蒸気で加熱を行っていた装置では伝熱能力の低い水が混入することで加熱効率が低下する、また蒸気配管内に大量の水が混入することで蒸気ハンマーが発生するなどの弊害が発生します。

他にもいくつか考えられますが、とにかく蒸気配管中にはできる限り水分を取り除くことが重要です。

3. それぞれの対策は?

もし、プライミングやフォーミングが発生するときは、ボイラーメーカーの推奨する使い方になっていない可能性が高いです。

取り扱い説明書などで対策を見ながら、メーカーに問い合わせてみるのもいいと思います。

3-1. プライミング対策

プライミングの対策としては次のようなものが挙げられます。

ボイラーの負荷を急変させない

水位を適正に保つ

具体的には、立ち上げの際は蒸気のバルブをゆっくり開けたり、水位が高くなりすぎないように制御を加えるという対策が必要になってきます。

3-2. フォーミング対策

ボイラー水を入れ替える

水質を監視する

フォーミングはボイラーに供給する水に不純物が多いか、ブローが不足することでボイラー内で不純物の濃度が上昇することが問題です。

なので、ボイラー水を適正量ブローしたり、供給する水の水質を監視したりという対策が必要になります。

4. まとめ

この記事のポイント

ボイラ水を持ち出す現象にはプライミングとフォーミングがある

プライミング、フォーミングは発生要因が違う

発生要因を理解したうえで対策をすることが重要

プライミングとフォーミングの違いについて感覚的に理解できたでしょうか?

どっちがどっちか忘れやすいので、注意が必要です。

ボイラー

2022/10/20

【ボイラー】主灰と飛灰の違いとは?

ボイラーや焼却炉などで投入物が燃えた後に出てくる灰は、大きく分けて主灰(しゅばい)と飛灰(ひばい)があります。 この記事では主灰と飛灰の違いについて解説します。 主灰と飛灰の違い 主灰:焼却炉の炉底に落下した灰でボトムアッシュ(bottom ash)とも呼ばれる。 飛灰:風に飛ばされて集塵機などで採取される灰でフライアッシュ(fly ash)とも呼ばれる。 主灰と飛灰の違いを図で表すと次のようになります。 ごみ焼却施設のボイラーを例にとると、主灰はゴミが燃え切った後に最後に底から出てくる灰で、ごみ中に含ま ...

ReadMore

ボイラー

2022/9/2

【ボイラー】空気予熱器とは。目的や方式について解説

ボイラー効率を向上させる機器の一つに空気予熱器があります。 今回は空気予熱器とは何かについて解説したいと思います。こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらも合わせてご覧ください。 目次空気予熱器とは空気予熱器の目的ボイラー効率の向上二次側空気予熱器の腐食防止排熱の回収失火の防止空気予熱器の方式フィンチューブ型ベアチューブ型まとめ 空気予熱器とは 空気予熱器はボイラーに送る燃焼用の空気を加熱する熱交換器のことを言います。 似たような役割をする機器にエコノマイザがありますが、エコ ...

ReadMore

ボイラー

2022/9/2

【ボイラー】連続ブローはなぜ必要?缶底ブローとは何が違う?

ボイラーの運転動作の一つに連続ブローというものがあります。普段、ボイラーを扱う方にとっては当たり前のことですが、初めて見た方は何のために連続ブローを行っているのか分からないこともあるかと思います。 今回は、ボイラーの連続ブローとは何か、また缶底ブローとの違いについて解説したいと思います。 目次連続ブローとは連続ブローの必要量連続ブローと缶底ブローの違いまとめ 連続ブローとは 連続ブローとは、ボイラー缶水で不純物が濃縮するのを防止するために缶水の一部を連続的に外部に排出することを言います。一般的には電磁弁や ...

ReadMore

ボイラー

2022/9/3

【ボイラー】脱気器とは何か?原理や設置上の注意点について

高圧の蒸気を発生させるボイラーを使用する場合、必ずと言っていいほど脱気器がついています。 今回は、脱気器とは何か?について解説したいと思います。 目次脱気器とは脱気器の原理脱気器のポイント設定圧力設置位置容量選定条件まとめ 脱気器とは 脱気器はデアレーター(Dearator)とも呼ばれ、給水中に存在する酸素や二酸化炭素などの気体を除去するための装置です。 薬品を添加して脱気を行う機器も脱気器と呼びますが、大型の場合は蒸気で加熱することで脱気を行う場合が多いです。脱気を行わずにボイラーに給水を行うと、水中の ...

ReadMore

ボイラー

2022/9/3

【ボイラー】スートブロワって何?その役割は?

ボイラーの運転ではしばしば、スートブロワによって灰を除去する煤吹き作業を行います。スートブロワが上手く作動しないとボイラーの水管や過熱管の寿命に大きな悪影響を与えます。 今回はスートブロワとは何なのか、スートブロワの目的や注意点について解説したいと思います。 目次スートブロワとは?スートブロワの方式長抜差型定置回転型往復動型定置固定型圧力波式スートブロワの注意点まとめ スートブロワとは? スートブロワは煤吹きというボイラーに定期的に行うメンテナンスを行う装置です。 ボイラーの蒸発管や過熱器、エコノマイザー ...

ReadMore







  • この記事を書いた人

エコおじい

プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年からブログ、Youtubeで情報発信をしています。現在、5つのブログを運営中。毎月収益レポートを公開しています。是非、Twitterのフォローお願いします。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

超シンプルで分かりやすいSAT『エネルギー管理士』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

最短で電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。※無料サンプルあります!

技術系資格の最高峰SAT『技術士合格講座』

論文添削やZOOMマンツーマン指導が付いており、面接対策もWeb上で行うことが出来ます。また、テキストは毎年改定されているので常に最新の教材で勉強することが出来ます。

おすすめ講座

1

エネルギー管理士資格はもちろん独学でも取得できますが、ある程度の前知識がないと分厚い参考書を前に挫折 ...

2

2022年8月にSATのエネルギー管理士電気分野が公開されました。 早速教材内容や講義内容についてレ ...

3

電験三種は合格率が10%未満の大変難しい資格です。また、範囲が非常に広いので普段の業務で電気を扱わな ...

-ボイラー
-

© 2023 エネ管.com Powered by AFFINGER5