ボイラー

【ボイラー】排ガスの熱回収をするときに考慮するべき酸露点とは?

更新日:

ボイラーやガスエンジン、ガスタービンなどから発生する排ガスは多くの熱エネルギーを含んでおり、それらの回収を検討することは省エネルギーを実施していくうえで非常に重要です。

排ガスの熱回収として、ボイラー給水を予熱するエコノマイザ(節炭器)や燃焼用の空気を温める空気予熱器などを設置しますが、この時検討しなければいけない重要項目として、排ガスの「酸露点」というものがあります。

今回は、排ガスの熱回収を検討する際に重要な「酸露点」やその対策について解説してみたいと思います。

1. 酸露点とは?

酸露点とは排ガス中から硫酸や塩酸などの酸性物質が発生しはじめる温度のことを言います。発生する物質によって「硫酸露点」や「塩酸露点」などといいます。

排ガスの熱回収をする際に、排ガスの温度が酸露点以下になると熱交換器や煙道で水蒸気が凝縮することで、硫酸や塩酸が発生し、機器や配管を著しく腐食します。よって、排ガスからの熱回収を検討する際には排ガス温度が酸露点温度を下回らないようにする必要があります。

燃料中の硫黄から煙道やエコノマイザ(節炭器)で硫酸になるまでは次のような工程があります。

重油燃料中に含まれた硫黄が燃焼するときに酸化されます。

$$S+O2⇒SO2$$

空気中に含まれる酸素と反応して、SO2はさらに参加されます。

$$2SO2+O2⇒2SO3$$

水蒸気が凝縮して発生した水の中にSO3が溶解し、硫酸が発生します。

$$SO3+H2O⇒H2SO4$$

硫酸は鉄やステンレスを溶解させるため、配管に穴あきを発生させることになります。

酸露点温度は、成分によって変わってくるため具体的なものは決まっていませんが、一般的には120℃~150℃あたりが多いのではないかと思います。

2. 酸露点腐食の対策は?

排ガス中から酸性物質が発生するのを防止するには排ガス温度が重要ですが、それ以外にもいくつかの対策があります。ここにあげているもの以外もあるかと思いますが、代表的なものをあげてみました。

2-1. 排ガス出口温度を管理する

熱回収後のエコノマイザや空気予熱器から排出される排ガスの温度を管理し、酸露点を下回らないように調整します。これによって、後工程の煙道での腐食を防止することができます。

【燃料】低温腐食と高温腐食の違いとは?

ボイラーの燃焼室、過熱器などの燃焼装置では、燃料に含まれる物質が原因で配管や熱交換器を腐食させること ...

2-2. 低硫黄燃料を使用する

酸が発生する要因は燃料中の硫黄成分のため、硫黄分の少ない燃料を使用することで、排ガス中から硫酸が発生するのを防止します。

【燃料】気体燃料の種類や特徴について

工場やプラントで燃料として使用するためにはいくつかの条件を満たす必要があります。 それらを満たした燃 ...

2-3. 過剰空気量を減らす

燃料を燃焼させるには空気が必要です。この空気を過剰に供給するとSO2の酸化を促進させることになるため、理論空気量に対して過剰な空気を減らすと、硫酸の発生を抑えることができます。

【ボイラー】空気比って何?空気比の計算方法と基準値について

ボイラーや加熱炉など、バーナで燃料を燃焼させることで熱を発生させる装置で省エネルギーを考える場合、バ ...

2-4. 耐酸腐食性金属を利用する

最近では、材料科学の進歩により、酸性物質に対して耐腐食性をもつ金属も開発されています。煙道の材質を耐腐食性のものにすることで、酸性物質が発生した時に穴あきを防止することができます。

2-5. 熱交換器供給するに空気、給水の温度を上げる

排ガス中の水蒸気が凝縮しないようにするためには、排ガスの熱交換機の出口温度を管理するだけではいけません。熱交換先である空気や水が低温で入ってくると、局所的に低温になり、酸性物質が発生する可能性があります。

排ガスを空気予熱や給水予熱に使用する際も、何度までなら問題ないのか調査する必要があります。

3. まとめ

この記事のポイント

排ガス温度が酸露点を下回ると配管などを腐食させる

酸露点対策はさまざまである

低温腐食以外にも高温腐食もある

酸露点について簡単に解説しました。

もし、排ガスの熱回収を検討する場合は、現場ごとに酸露点温度の基準が決められていると思うので一度確認してみてはいかがでしょうか?

2020/9/6

【ボイラー】脱気器はなぜ必要?原理や設置上の注意点について

高圧の蒸気を発生させるボイラーを使用する場合、必ずと言っていいほど脱気器がついています。 今回は、脱気器とは何か?について解説したいと思います。 目次脱気器とは脱気器の原理脱気器のポイント設定圧力設置位置容量まとめ 脱気器とは 脱気器はデアレーター(Dearator)とも呼ばれ、給水中に存在する酸素や二酸化炭素などの気体を除去するための装置です。 薬品を添加して脱気を行う機器も脱気器と呼びますが、大型の場合は蒸気で加熱を行うことで脱気を行う場合が多いです。脱気を行わずにボイラーに給水を行うと、水中の溶存酸 ...

ReadMore

2020/5/22

【ボイラー】スートブロワって何?その役割は?

ボイラーの運転ではしばしば、スートブロワと呼ばれる作業を行います。 今回はスートブロワとは何なのか、スートブロワの目的や注意点について解説したいと思います。 チャンネル登録はこちら 目次スートブロワとは?スートブロワの方式長抜差型定置回転型スートブロワの注意点まとめ スートブロワとは? スートブロワはすす吹きとも呼ばれ、ボイラーに定期的に行うメンテナンスの一つです。 ボイラーやエコノマイザーなどの燃料や排ガスを使う熱交換器では伝熱面に煤や塵が付着します。通常はこれらを蒸気や圧縮空気を吹き付けることで吹き飛 ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】廃熱ボイラーとは?熱源は何を使う?

工場や事業所の省エネを考えるとき、熱源の変更はテーマの一つとして上がります。 条件が合えば、廃熱ボイラーを検討に入れるのがよいかもしれません。今回は廃熱ボイラーとは何かについて解説していきます。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次廃熱ボイラーとは廃熱ボイラーの熱源コークス石油化学製品硫黄ゴミバイオマスまとめ 廃熱ボイラーとは 大型プラントでは製鉄、石油化学品精製などで非常に高い温度(例えば製鉄なら炉内の温度が2000℃を超えます) ...

ReadMore

2020/6/21

【ボイラー】水管ボイラーについて詳しく解説!小型貫流ボイラーとの関係は?

エネルギー管理士の勉強をしていると、「丸ボイラー」と「水管ボイラー」という言葉が出てきますが、「仕事でいつも聞く名称と違うな?」と思った方はいませんか? 今回は水管ボイラーの特徴と種類について解説します。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次水管ボイラーとは水管ボイラーの特徴水管ボイラーの種類自然循環ボイラー強制循環ボイラー貫流ボイラーまとめ 水管ボイラーとは 最初にタイトルについてお答えしておくと、多くの現場で使われている小型貫流 ...

ReadMore

2020/4/16

【ボイラー】電気ボイラーとは?メリット・デメリットについて解説!

ボイラーについて調べていると、「電気ボイラー」なるものが出てきます。 「これ燃料使わないの?」とびっくりされるかもしれませんね。今回は国内でもいくつか取り扱いのある、電気ボイラーについて解説したいと思います。 こちらの記事は動画でも解説しているので、動画の方がいいという方はこちらもどうぞ。 チャンネル登録はこちら 目次電気ボイラーとは電気ボイラーのメリットコンパクト低燃費低騒音工事費削減電気ボイラーのデメリット容量が小さい電気代が高いまとめ 電気ボイラーとは 電気ボイラーとは、燃料を使わず電気による加熱を ...

ReadMore

プラント業界に転職するなら

\プロフィールを登録すると企業からオファーが届きます!/

■ プラント業界に特化した転職サイト。
■ プラントエンジニア600名、企業300社が登録。
■ 企業担当者とチャットでやり取り。

という全く新しいサービスです。



技術系資格取得を目指す方必見!おすすめ通信講座

最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。

シンプルで分かりやすいテキストSAT『エネルギー管理士熱分野』

現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。

価格もお手頃で、特に熱力学などを学んだことのない初学者におすすめの通信講座です。

エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。

電験取得を目指すならSAT『第三種電気主任技術者講座』

イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。

電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。

製造業向け通信講座の老舗 JTEX『エネルギー管理士講座』

テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エコおじい

プラントエンジニアです。2017年から工業技術に関する情報をまとめて発信しています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。

-ボイラー
-

Copyright© エネ管.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.